チンコを入れないSEX?もいいもんだと思った夜の話【エロ体験談】

いっしょに寝るのは2回目だった。

前は家に泊まった時に一緒に寝たいと布団に入ったが、

キスは拒否、乳ももませてくれない

ただ、抱き合っているだけ。

耳元へのキスはOK。

細身のスレンダー体形だが、

その細さが気持ちいい。

強く抱きしめたら、壊れちゃいそうだ。

そうしているうちに感じてきたようで、

足を彼女の股に入れると拒否しない。

逆に 『あっ・・・・』と甘い声を出す。

いとしい・・・

ぐっと足に股を押し付ける。

『あっ・・あっ』完全に感じてる。

何とかしようとするが、まだガードが固く。

結局そのまま朝になった。

前に一度抱き合って寝たせいか

今回は二人ですぐに布団に入る。

彼女がうつぶせになり、

マッサージの真似事をしているすきに体を持ち上げ、乳をもんだ。

怒ったが抵抗は強くない。

今日はいけそうだ。

抱きしめTシャツの上から乳首にキスする。

『ダメッダメ!』と抵抗するが、

唇がノーブラのTシャツの上から乳首に吸い付くと

『ダメッーーーー』とあきらめたような甘えた声になった。

Tシャツの上から乳首を攻めまくる。

右の乳首をすいつつ、左の胸をもむ。

彼女は乳は大きくないが形がいい。

彼女のTシャツを脱がせ、

自分もパジャマを脱ぎ、生の乳首にキスをする。

もう強い抵抗はしない。

乳首は大きめだ。

硬くとがってきている。

しばらくじっくりと両乳首と胸をもんだ。

『アッーーーーダメッー』

と消えそうな声であえいでいる。

しばらくするとあえぎ声に変わった。

彼女はもちろん処女ではなかったが、

あまり回数をしていないようだ。

初夏だったので、ベランダの窓を開けていた。

彼女はそれに気づき、『声が聞こえちゃう』と窓を閉めるようにお願いする。

本気モードになったようだ。

派遣社員でうちの会社に来ていたころから、

妙に人懐っこいとこと、

気位の高いところが入り混じり、

興味を引く娘ではあった。

ずうずうしいとこがあり、

よく食事やカラオケをおごらさせられたが、

変な関係になる気配はまったく無く、

もしかしたら、処女かもとも思っていた。

それが変わったのが、ある事がきっかけだった。

その娘と男の友人の3人で飲みに行った時、

彼女ががらにもなく、いつもおごってもらって申し訳ない。

というような事を言ったので、

冗談で、いいよ、体で返してもらうから。

と言ったら、彼女が ショックを受けたような顔になり、

ガクッとテーブルに倒れこんだので、

まずいと思い、冗談だよ。

とフォローすると、言っていいことと悪いことがある。と怒った。

だけど どうも真剣に怒っているようでもなく、

照れ隠しのような雰囲気があった。

その日、はじめて彼女は、遅くなったので、家に泊めてくれと言った。

そんなことは初めてだったし、友人もいたので、あせってしまい。

(嫁さんは実家に帰っていた。彼女はそれを知っていた)

その日は、友人もいっしょに3人で自分の家(マンション)に泊まった。

その日は何もなかった。

(当たり前か)

しばらくして、家に遊びに来たいと連絡があり、

あせったが、別の友人を呼んで 鍋をやることにした。

この夜が 1回目に寝ることになった。

鍋の後、カラオケに3人で行った。

もう一人が歌っている時に彼女が 家に泊めてくれと言ってきた。

酒も入っていたので、ついOKしてしまい、

友人と分かれて2人で家に帰った。

嫁さんは実家に帰っていたので留守なのは、彼女は当然知っていた。

風呂に入り(別々で)、寝ようということになり、

別の部屋に布団を敷いていた。

なにげに いっしょに寝ていいか 聞くと、

意外にいいとの返事。

エーッと思いつつ 同じ布団に入り、

キスしようとすると手で顔を覆い、こばんでくる。

何でだめなのと聞くと、私と付き合いたいんじゃなく、

今エッチしたいだけなんでしょう。

と言う。そのとおりなので、それ以上つっこめなくなったが、

彼女は こうしているだけでいいと

布団の中で抱きついてきた。

前回はこのような形で朝を迎えたが、

今回はすでに乳首を吸っている。

胸を揉みつつパンティの中に指を入れた。

抵抗は無く、されるままだ。茂みを下がってゆくと、

アソコに辿り着いた。

すでにかなり濡れている。

『濡れてるよ』と耳元でささやくと『濡れてないよ』と答えた。

『ほら・・・・』指で割れ目にそって撫で上げると、

『アッ・・・・・・アッ』もう声にならない。

クリを探りあて、円を書くように攻めてみた。

さらに濡れ具合が激しくなった。

パンティを下ろす。股を広げててアソコにキスをした。

臭いはなく。

清潔なマ○コだ。

舌を使い、ビラビラを舐め回す。

彼女は恥ずかしいらしく、声も出さない。

じっくり攻めたあと、抱きしめてキスをした。

あそこに指を入れると感じているようだ、抵抗しない。

彼女のあそこは締りが良く、人差し指を締め付けてくる。

指を動かし始める。

『アッアッアッ・・・上手、気持ちいい・・・』

『アッ・・・ゆっくり・・・』

『後ろからが好きなの、入れて...』

次々と注文が出てくる。

本当はかなりの好き者のようだ。

指の動きを速くするとたまらなくなり、

『ゆっくりー!アッアッ・・・・』

と絶頂に向かい始めた。

一気にスピードアップするともう声も出ない。

『うっーーーーー』とうなり、ふーと体の力が抜けた。

アクメに達したようだ。

初めの約束どおり、挿入はしなかったが、

朝起きると、『やったも同然よ』とのたまった。

それならやっちゃえば良かったと思ったが、

入れないSEX?もいいもんだと思った一夜だった。





PAGE TOP