オフ会で仲良くなった男女12人との箱根旅行先でした下着チェック 【エロ体験談】

今年、男5人・女7人の大所帯で箱根に旅行に行った。

このグループは趣味が高じてオフ会で知り合ったもので、特に仲良くなった12人で旅行にでも行こうという事になったのだ。

しかも、女の子のうち3人はめちゃくちゃ可愛い。

だけど変に関係を持つと今後の関係が面倒だし、オレはこの機会に何とか可愛い子のパンツだけでも手に入れたいと考えた。

2泊3日で最初の日は、大人しく皆と楽しんだ。

お楽しみは2日目の夜だ。

部屋は3部屋取ってあったのだが仲が良いという事もあって1部屋で皆で遊び、残りの2部屋は寝るようになった。

しかし、一応は1部屋は女の子専用という名目上、荷物を固めて置く事になった。

当然その事も簡単に予測出来た。

オレには好都合だ。

そして勝負の2日目、21時頃に皆でカードゲームをしてる時に、仕事から電話が掛かってきた振りをして、静かにゆっくり話したい事だからと言って鍵を持ってる子に振ると、すんなり女子部屋の鍵をゲット。

すぐに女子部屋に行きました。

バッグが誰のかを判別するために、あらかじめデジカメはポケットの中に忍ばせておいた。

全員で写した記念写真から、バッグの持ち主が一目瞭然。

さっそく気になる子からパンツチェックを始める。

最初はケイコだ。

ケイコは28歳になるが、外見は20歳くらいにしか見えない。

バッグを探ると、底の方にそのままブラとパンツが2組丸めて置いてあった。

1つはベージュ、もう1つはピンク。

どっちもナイロンのフルバック。

ブラは興味ないのでパンツだけ取り出して撮影開始。

開いてクロッチを見ると、トイレに行ったらちゃんと拭かないのか、2枚とも黄色の染みがベットリ残っていた。

念入りに撮影し、ベージュでしごきながらピンクを嗅ぎ、夢中で抜いた。

次はカナだ。

カナは22歳で、普通にアイドルやモデルをやれるくらいに長い黒髪の可愛い子で、オレと1番仲良くしてる子だ。

カナのパンツは青と白のストライプ柄の透け透けパンツと、黒のTバックだった。

パンツを広げると、ほんのり白いオリモノがストライプの方に付いていた。

黒の方は前日のものなのか、カピカピになってるものがあった。

オレはTバックを穿いてストライプを嗅ぎながら、ケイコのピンクのパンツのクロッチに出した。

次はメグミの番だ。

メグミは35歳でノリが良く、気の強いショートカットの美人。

バッグを開けると底の方にビニール袋に入った下着を発見。

ナイロンの白の紐パンとピンクのフリフリの可愛いパンツが出てきた。

イメージと違い、可愛いパンツを穿いてる事に余計に興奮した。

白のパンツは、広げなくても分かるくらいに、黄色の染みが表から見える。

広げるとそれだけで鼻をつくアンモニア臭がした。

しっかり鼻に押し付けながらピンクを広げると、これまたしっかりと白いカピカピがこびりついていた。

左手に2枚持ち交互に嗅ぎながら、カナの黒のTバッグのクロッチ目掛けて出す。

スッキリしたとこで、しっかり撮影。

他の子も後々のオナネタにはなるので、取り出し撮影。

適度に嗅いだり抜いたりを繰り返し、久しぶりに1時間くらいで5回抜いた。

その後は元に戻し、戦利品としてカナのストライプを頂いた。

そして何食わぬ顔で部屋に戻り、その後を楽しんだ。

寝る時は雑魚寝だったのだが、カナと同じ布団でくっついて寝た。

酒も入ってふざけてイチャついてたら、その流れで胸を触ると特に拒まれもしなかったので、周りに気づかれないよう静かにやってしまった。

カナと出来るわパンツは戦利品ゲットしたわオナネタ写真大量ゲットしたわの最高の箱根旅行でした。


PAGE TOP