女子大生の顔にケツの穴を押し付けオナラしてやったwww【エッチな体験談】

俺は仕事で一年に四、五回のペースで関西に出張に行くのだが、

数年前にナンパしたバカ女子大生をセフレにしてオマンコしてやっている。

女は俺のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボの虜になっているので、

呼び出すとマンコを濡らして飛んで来る。

かなり性格の歪んだバカ女で、

十三の駅の近くで待ち合わせした時に、

仕事帰りで「ふう~っ、疲れた!」とか言ってるオッサンを見て

[adrotate group=”1″]

「ふう~っ、ダッサ!」などと言うクソアマなんで、

オマンコする時はいつも顔面シャワーして

鼻の穴を両方ともチンボ汁でふさいで懲らしめてやっている。

ケツの穴を舐めさせて女の目の前で屁をこいて、

ハメ撮りもしてやっている。

女は俺の「関西妻」気取りだが、

俺にとっては「関西の性処理女」に過ぎない存在だ。

関西への出張が無くなったとしても、

こんな取るに足らないバカ女には何の未練も無い。

この前の出張の時も、宿泊先のホテルに呼び出してオマンコしてやった。
部屋に来ると、女は「雑誌に出たよ~」と言って、

或る週刊誌を俺に渡した。

女は女子大生が数人集まって

セックス体験を告白するというくだらない企画の座談会に、

「T命館大学文学部四回生・Dさん」として出席していた。

女はインタビュアーの「顔射された経験は有るか?」

というアホな質問に対し、

「関西の女はしょーもない男にバカにされるのが一番イヤやねん」

などと答えていた。

「おまえ、俺には何べんも顔射されてるだろ」

と突っ込んでやると、

「○○さんはしょーも無い男とちゃうやん」だとさ。

そう言われて悪い気はしない。

そんでハメ撮り用のビデオをセットしてから、

白い靴下を履いたまま素っ裸になって、

女の鼻の穴にチンボを押し付けてやった。

俺は「チンボの匂い嗅げや」と命令して、

汗とションベンでムレムレになった真夏のチンボの匂いをしこたま嗅がせてやった。

女は目をつむって恍惚とした表情で、

「スウ~…ハア~…」と大きく息をして、

ションベン臭いチンボの匂いを嗅ぎまくっていた。

そんで女にチンボを咥えさせて、

チンボビンビンになるまでしゃぶらせてやった。

あっという間に俺のチンボは、

チン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボに成長していた。

女は物欲しそうな目付きでフルボッキしたデカマラを見つめながら、

チンボの先をしゃぶり続けていた。

それから女をベッドに仰向けで寝かせて、

ケツの穴が女の唇に当たるようにウンコ座りで腰を下ろしてやった。

シャワーも浴びていなかったんで、

その日のケツの穴はとびきりウンコ臭かったようだ。

「おぶっ!わっ!やっ!くさっ!」

と女は暴れたが、構わずにブチャッ!と

ケツを顔に押し付けて顔面騎乗してやった。

「ん…ぶはっ!うう~…お願い…もう少しお尻上げてぇ…」

女は「尻を上に上げて」

と言ったつもりだったろうが、

すっとぼけて鼻の穴へケツの穴をスライドさせてやった。

「んんっ!ちがっ…!やだぁ!くさい~っ!」

俺は構わずに、

ケツの穴がピッタリ鼻の穴を塞ぐようにフィットさせてやった。

すると女はとりあえずチンボをしごいていかせようと思ったようで、

そそり立ったチンボを手探りでいじり始めた。

その手の動きに合わせて、

唇と鼻の穴を往復させるようにケツの穴をプリプリとスライドさせてやった。

女は「ううう~ん!うう~…くっさぁ~い!うぇぇ…」

と呻いていたが、容赦無くプリケツスライドを続けてやった。

真夏のムレたウンコ臭いケツの穴をバカ女に舐めさせるのは、

なかなか背徳的な気分でかなり興奮した。

そのうちに屁意を催してきて、

女が肛門にディープキスしている最中に

「ブバブリブビスゥーッ!」って轟音を立てて屁をこいてやった。

女は「ヴワァァァーッ!グザイィィィーッ!」などと絶叫していた。

しかし鬼のように臭い屁の匂いを吸い込んでからは、

頭のネジが外れてしまったようで、

ハアハア言いながらツバをベチョベチョ出して、

クソの染み付いたケツの穴に舌をズボズボ挿し込んできた。

そんで一発目からいきなりバックからチンボをマンコにぶち込んで、

女のケツをかかえこむようにして

「バホッ!バホッ!」と卑猥な音を立ててマッハピストンしてやった。

そんで30分位ハメ続けて、

五回も女をいかせてメロメロにしてやった。

女は「オメコ!オメコがエエ!」だの

「チンボォォォーッ!チンボエエ!チンボエエ!オメコイグゥゥゥーッ!」」だの、

耳をふさぎたくなるような淫語をわめき散らして、

快楽をむさぼって身悶えしていた。

ピストンしながら「おまえはそんなにチンボが好きなんか?」

と女に聞くと、

「大好きぃぃぃーっ!チンボ好き!チンボ好き!チンボチンボチンボチンボ!チンボ好き!チンボ好き!」

などとナイスな返事が返ってきた。

俺もムチャクチャ興奮してきて、

口元を吊り上げて悪魔のような笑みを浮かべながら、

「よっしゃ!くらえチンボを!おらおらぁーっ!チンボチンボチンボォォォーッ!」

とか言って激ピスしてやった。

女は「ヴアアアーッ!もうダベェェェーッ!」

とケダモノじみたすげえバカでけえ声を上げて、

涙とよだれと鼻水を垂らして、

頭を上下左右にブンブン振り回して、

「チンボチンボチンボチンボ!」

と吼えまくって絶頂に達した。

それから正常位にチェンジして、

女の鼻の下をベロベロ舐め回して鼻の穴にズボズボ舌を突っ込んで、

「フンフンフンフン!」と唸らせてやった。

そんで女の鼻の穴に両方とも指をヅボッと突っ込んで、

チンボでマンコを犯しながら

鼻の穴を指でほじくり回してフガフガ言わせてやった。

フィニッシュは更に激しくピスッてから、

マンコからチンボを抜いてチンボしごいて、

「くらえメスブタ!」

と叫んで女の鼻の穴にめがけて顔面シャワー!

メスブタの鼻の穴を両方ともチンボの汁でふさいで、

バカ女にふさわしいバカヅラに変えてやった。

俺がチンボの汁を出し尽くすと、

バカは両方の鼻の穴から太いうどんのようなチンボの汁をダラダラ垂らして、

白目をむいてキチガイのようになって、

「アアアア!ハハァ~ッ!」などと呻いて悶え苦しんでいた。

俺は仁王立ちになって、

バカ女のクソマヌケなアホヅラ見下ろしながら、

「なに鼻からチンボの汁垂らしとんだ、このカス」

と言ってせせら笑ってやった。

そんでニヤニヤ笑いながら、

カス女の無様なハナタレヅラをデジカメで何枚も撮影してやった。

それから仰向けになって、女に全身奉仕させてやった。

女は男の体をしゃぶりたくてたまらないといった様子で、

俺の全身を舐め回した。

腋臭プンプンの腋の下も、手の指や足の指も一本一本丁寧にしゃぶり尽くした。

そんでクソ穴ねぶりを命じると、

女は気が狂ったように頭を上下に激しく振って、

グチュグチュと汚い音を立ててケツの穴の奥まで舌をねじ込んできた。

そんで二人とも汗まみれになって、

狂ったようにオマンコしまくって、

たっぷりチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボで可愛がって、

女をヒイヒイ言わせて何べんもいかせてやった。

もちろん全発鼻の穴にチンボの汁をひっかけて、

関西のバカ女子大生をザーメン漬けにしてやった。

五発目になると女は完全にケダモノになって、

嵐の大野のように白目をむいたアホヅラで、

涙とよだれと鼻水をダラダラ垂らして、

「オメコオメコオメコォォォ~ッ!」

などと叫んで悶えまくっていた。

俺は女のキチガイじみたハナタレヅラを見下ろしながら、

無我夢中で腰を振ってピストンし続けた。

トドメの顔射を決めた後、

汁まみれの鼻の穴に両方ともタバコを挿し込んでやった。

そんで「ふふふふ!バカな女~!トロい女~!」などと鼻で笑いながら、

「関西の性処理女」の最高に無様な鼻タバコヅラを激写してやった。

女は死ぬほどの快楽をしこたま味合わされて、

満足そうに笑って帰って行った。

俺は女を見送った後、

「人間のクズだな、あのクソアマ」としみじみ思った。



PAGE TOP