お寺の坊さんにナンパされてアナルで失神した私のエロ体験【エッチな体験談】

叔父さんの葬式で富山まで行き、

お通夜の晩にそこのお寺の坊さんにナンパされて、

性交の快感をたっぷりと味わいました。

彼の陰茎は弓削道鏡並みで、

物凄いすりこぎみたいな男根でした。

弓削道鏡とは大阪の八尾市の生まれで、

その時の女帝である孝兼天皇に取り入って、

その馬並みの男根を使って誑かしたといわれていますが、

いまだに真相は解らないとか。

またロシヤでもラスプーチンという怪僧が、

その時の女帝に取りいって、物凄い男根で狂わせたそうです。

その話は知ってはいましたが、彼がそれだったのです。

弓削道鏡みたいなかなりのデカマラで、

それを振り回して私の膣の中に挿入するのです。

昔の私なら、簡単に拒否するところですが、

大人のオモチャで鍛えられると、

そんなものは訳もなく、マンコに入ります。

一度アダルトショップで、

その男のオモチャ性器をご覧なさい。

普通の男性であんなのがいたら、

ほとんどの人は性交拒否をすることでしょう。

所が男性が欲しくなると、

このデカマラが平気で挿入可能になり、

オモチャみたいな子供の人間のペニスじゃ物足りなくなるのです。

その夜は午前2時ころまで、

本当に数十回もイカサレテしまい、

旅館で寝たのは3時ころでした。

翌日の告別式は午前11時からですので、

午前9時に朝食を終えて喪服の着物を、

旅館の着付け師にお願いしてありました。

9時半に電話が入りました。

まだ寝ぼけていて、

昨夜のお坊さんとの性交で疲れがドッと出て、

起きれなかったのです。

幸いなことに遅い食事をしていたので、

着付けだけを頼んで11時前に、

お寺に駆けつけました。

お坊さんが笑顔で出迎えてくれました。

昨夜の丸い頭をなでながら、

腰を揺すった物凄いセックスはなんだったのでしょうか。

簡単なお経をあげて、親族だけで火葬場に参列しました。

お坊さんが「僕の車でご一緒しましょう」と、

みんなを差し置いて誘ってくれました。

火葬場は山の中で車でも30分ぐらいは掛かります。

「昨夜の貴女の乱れようは物凄かったですね」

と言います。

「本当にあんなに乱れるとは信じられません。

普段は全く性行為をしていないのと、

貴方の見事なテクニックで何回も極楽浄土を見させて貰いました」

と、彼の前を触りながらお礼を言いました。

「今日お帰りですか」

と聞かれて

「どうしようか。一日泊まって明日観光でもして帰ろうかと考えています」

と返事しました。

「それじゃ昨夜の続きを今夜もしましょうよ」

と言われて、私の旅館に夜の6時に来ることにしました。

告別式の間中彼とのことを考えて、

アソコがジュンと濡れて、

幸いなことには着物姿で、

ショーツをつけていないので、

濡れた愛液で借りた着物が汚れそうで心配でした。

葬式のすべてが終わり、

皆さんは午後4時ころの飛行機かJRでお帰りになりました。

親族の方から「満子さんはどうなさいますか」

と聞かれて

「久し振りの富山なんで、明日は観光をして帰京します」

と返事しました。

その夕方は6時にお坊さんが、旅館まで迎えに来てくれました。

富山市の繁華街の有名な寿司屋さんに連れていかれて、

日本海の海の幸をたっぷりと戴きました。

日本酒の大吟醸が有名な「立山」を頂きました。

二人で1.2㍑を3本も開けました。

私はあまり酔わないのですが、冷や酒だけはかなりご機嫌になるのです。

その店を出て、富山一番といわれるクラブ「××ール」に行きました。

「あらぁお久しぶりね~、旦那様はお元気だったのかしら?」

と愛想のよいママが出迎えてくれました。

昔は日劇ミュジックホ−ルのダンサーだったというママは、

60歳ぐらいですがいまだに美人ですらりとしています。

昔からどうも性的な関係がありそうな感じでした。

1時間ぐらい飲み、

すぐに抱いて貰いたくなり、旅館に帰りました。

部屋に入り内風呂にお湯をためて、すぐに抱きつきます。

燃えたぎった巨大なヒップの奥がドロドロに溶けて、

喜悦の雫が豊な大腿の内側に噴きこぼれていました。

秘口から流れ出した銀色の蜜は、

会陰をつっと伝い落ちていきます。

その蜜を味わうために、

彼は会陰から花びらに向かって舐めあげていきます。

膣を左右に開くと、

黒みがかったセピア色の肉弁が、

コメのとぎ汁みたいな愛液を吐き出して膣口から漏れ出します。

じゅるじゅると尖った舌先で小陰唇の根元を擦り、

尿口をほじり、膣を穿ちます。

粘りの強いサワーの膣汁を掬い取り、

舌先で転がしながら胃袋に送り込みました。

いきなり彼はアヌスに指を入れ出しました。

全く開発されて居ない後ろの腔は、

押しだす様に挿入を拒みます。

薄紫色の藤壺に舌を宛がい、

ペロペロと舐め出しました。

菊皺の一筋一筋を舌先でほじくる様に、

入れ出します。

「お願いそこは処女なのよ~~、

貴方の様な金梃子マラは無理だよ~、

裂けちゃうでしょう~」

と哀願します。

でもかなりの快感が後ろから、

いじめてほしいという気持ちになりました。

尻を腰高に突き出すと、

さながら岩の狭間につぼまっている、

イソギンチャクみたいに、

喘ぎ息づく様に蠢きだしました。

「ああっ」のしかかられて身体が二つにつぶれて、

邪道を穿たれ、喉まで詰まったような苦しさに声も出ません。

段々と弛緩したアヌスは彼の剛刀を、

亀頭から受け入れます。

血管を浮き出した肉径が、

軟体動物の様な肉穴にぎっちりと軋んで挿入されました。

「アアッ嫌だよ~~」

汗でヌメッた尻タブがきゅっと締まります。

薄い粘膜を隔てて、膣の中に彼の指が入ります。

指と粘膜を隔ててこすれ合うと、

段々と性交の快感で狂いそうに感じだしました。

無数に広がった粒壁が太い陰茎にざわめき、

蠢動するように擽ります。

「ああっ、死んじゃうよ~~、はあ~っ、イクよ~~。凄い波が来るよ~~、来るよ~~っ、わたしもうダメみたい~、だめ~っ、ごめんなさ~~い」

一気にクライマックスに達して、

尿道口から潮をたっぷりと吐きだしていました。

失神してしまい、

視線もどこか彼方に飛んでいき、

何も覚えていませんでした。

「大丈夫ですか~~、僕もあなたのアナルに出してしまいましたよ~~」

生臭い男の精液がいつまでも吐き出されていました。





PAGE TOP