兄嫁に中出しして子供ができました・・ 【エッチな体験】

私が高3の時、兄が結婚した・・・相手の女性は、兄が勤めている会社で
知り合った同期入社の女性でした。
両親が自宅を増改築したので、新婚夫婦は両親や私との同居となった、1階
に両親たちが住み、2階に兄夫婦と私が住むことになった、てっきり兄が私
と同じ階に住むことを反対するかと思いましたが、兄夫婦は「気にすること
はない」とのコメントがあり、2階に上がって最初の部屋が私の部屋、奥は
2LDKに増改築された兄夫婦の部屋となりました。

受験生の私、夜遅くまで勉強をしており、夜中に何度かトイレで部屋を出る
と奥の兄夫婦の部屋から僅かに聞こえてくる、あの声、私は高2の夏休みに
SEXの初体験を済ませており、既に2人の経験あり、あの声は兄嫁(義姉)の
喘ぎ声、つまり兄夫婦が夜の営みをしている・・・ここ数ヶ月、SEXする機会
にも恵まれず、受験生と言う立場にてストレスや性欲が溜まりつつある状態
でした、トイレに向かう前に・・・兄夫婦たちの住む部屋のドアまで、足音
を忍ばせて接近、ドア越しに聞き耳を立て、兄夫婦たちが行っている夜の営
みを盗み聞きすることもありました、1階に住む両親に気を使っているのか
音を潜めて夜の営みを行っている感じでした、完全に喘ぎ声や荒い息遣いを
消すことは出来ず、ドアの向こうでは兄夫婦たちの激しいSEXが行われている
のかと勝手に妄想してしまい、自分の部屋に戻ってオナニーする時も、実際
にありました。

現役での大学受験に失敗、1浪を経て志望大学に合格、浪人していたときは
予備校に通学していましたが、有名進学高を卒業して有名国立大に現役合格
した、義姉(兄嫁)が家事の都合でヒマになった時、私に勉強を教えてくれる
時がありました、後で聞いたのですが・・・兄が義姉に、ヒマなときにでも

私の勉強を見て欲しいと言っていました、よく義姉から
「本当に仲の良い兄弟ね」と言われていました。
義姉は長女にて、下に弟がおり、そんな環境で
育った関係か、私を実の弟のように接してくれました、模試の結果を見せて
苦手な科目の点数が上がった時は、手を握って喜んでくれました♪

勉強を見るために私の部屋に来たり、逆に教えて欲しいところがありまして
兄夫婦の部屋に行ったりなどしていました、分からないところがあって質問
すると義姉が「どこが分からないの??」と近づいた時、とても良い香りがし
ました、私が集中して問題集に取り組んでいる時、背後から「どれどれ??」
と、私の両肩に手を当てて来た時、私が驚いてしまい動いたら、義姉の胸が
私の背中に当りました・・・予備校で知り合った数人の女子と受験勉強で
溜まったストレスと性欲の捌け口として、何度かSEXしたこともあります。
それは単なる性欲解消がメインのSEXだったりします、兄の嫁で、私の義姉
です、最も信頼する兄が見初めた女性、これからの長い人生を、共に歩んで
行くパートナーとして、兄がプロポーズして結ばれた女性、プロポーズして
「OK」の返事を貰った時の兄、両親への報告を適当に済ませたら、真っ先に
私の部屋に飛び込んで来ました、「お前に~姉ちゃんが出来たぞ!!」と物凄
く嬉しそうに言いました、その日の晩は、兄が「祝い酒」と称して飲む酒に
付き合わされ朝まで飲む羽目となりました・・・無論、私は二日酔いとなり
酒臭い息で学校に行けないので、風邪と称して学校を休みました(汗)

あの時、義姉の胸が・・・私の背中に当った感触は、憧れのアイドルの体に
私の手が触れたような電撃を感じさせるようなものでした・・・夫婦円満で
本当に仲の良い兄夫婦でした。
私が合格した志望大学、自宅から通える場所ではなく、アパートなどを借り
ての一人住まいとなりました、そんな時でも兄夫婦は色々と相談に乗って
くれました、義姉も大学に進学してから一人住まいを始めたそうで、親身に
なって相談に乗ってくれました、それから数年・・・大学4年生への進級を
控えた春休み、就職するか??大学院へ更に進学するか??の悩みを抱えつつ
久しぶり帰省した実家、両親は毎度の調子でも、兄夫婦たちの様子が少し変
だと気付きました・・・・。

兄夫婦たちの様子が少し変な理由ですが、義姉の両親が遊びに来て、客間で
双方の両親が飲んでいる時の会話を盗み聞きして分かりました。

結婚して、既に3年が過ぎているのに子供ができる様子が、全く無いと言う
双方の両親が飲みながら愚痴を溢していたのです、そして兄夫婦は、病院に
行き検査した結果、義姉は「不妊症」と診断されていたのでした。

恐らく兄夫婦、これが原因で様子が少し変だったのでは??と思いました。
数日後、怒られるのを承知の上、母に聞いてみたら・・・同じ答えが帰って
きました、「早く孫の顔を見てみたい」と愚痴まで溢す始末、これでは妊娠
しない義姉の立場、かなりツライものと感じました。
以前と比べ、普段は外で飲まない兄が良く外で飲んで帰宅するようになった
事も知りました、軽く飲んで帰宅するのでは無く、かなり飲んで酔っ払って
の帰宅が多いと聞かされました・・・声を潜めて行っていた兄夫婦たちの
“夜の営み”も周囲を気にしないで激しくなったとも聞かされ、まるで”私ら
夫婦はちゃんと子作りをしています”とアピールしている感じに受け取れる
と母は言っていました。

夫婦間の問題でも何か話しを聞いて上げれば義姉の少しは楽になるのでは??
と勝手に考え、兄夫婦の部屋を訪ねてみました、家に住んでいた頃のノリで
兄夫婦の部屋にはノック無しで入りました、リビングにもキッチンにも義姉
の姿は無く、出掛けていないのを確認済みでした・・・奥の寝室から、何か
押し殺した声が聞こえて来る、忍足で近づいてみたところ、ベットの上では
下半身を丸出しにした義姉が・・・バイブを陰部に挿入して身悶え、恍惚の
表情を浮かべている姿、つまりオナニーの真っ最中だった、いつも聡明で真
面目な主婦の義姉が別人物に見えた・・・私は、ある意味でショックを受け
再び足音を忍ばせて義姉に気付かれないよう兄夫婦の部屋から出た。

それから数日後、一人住まい先に戻る日が迫ってきた頃、私は義姉から飲み
に誘われた、ちょうど兄は3日間の出張に出掛けており不在だった、断る理
由もありませんので義姉と飲みに出掛けました、駅前の居酒屋で飲めばよい
ものを、わざわざ義姉は隣町の料亭に私を連れて行きました、義姉は「今年
は就職の年でしょ、前祝して上げる」と言いました、私がちよっと困った顔
をしていましたら・・・「お金のことでしょ、ちゃんと○○さん(兄の名前)
から貰っている心配しない」と義姉が、私の懐具合を察したのか??そう言っ
てきた、私は内心(社会勉強の一つとして、兄がセッティングしたのだと)と
考えました、離れの座敷に通され義姉と乾杯して飲み始めました、最初は
出される懐石料理を初めて見る私を、義姉は笑って見ておりました。

段々、酒が進んで行き・・・最終的には、あの「話題」となりました、そう
兄夫婦に子供ができない話、些か酒に酔って口が軽くなった義姉の口から
出た言葉・・・「貴方のお兄さん、本当は種無しだったのよ」、義姉から告
げられた言葉、私は耳を疑いました・・・確か?母の話では、義姉が不妊症で
子供が出来ないと聞いていたのですが、まったく正反対の事実、私が義姉に
何か言おうとした時、義姉から制止され言葉を続けました「あれでは、私ら
夫婦が浮かばれないもの、孫を期待する両方の両親に絶望感を与えたくない
だから、敢えて私が不妊症ということにした」・・・・その言葉に驚きの色
を私は隠せませんでした、あの兄に重大な秘密があったとは!?

更に義姉は「このままだと、不妊症と偽っていても、両方の両親から人工
受精でもして子供を作れと言われかねない、旦那(私の兄)から精液を採取し
ても卵子に受精させる精子が殆ど含まれていないの」と、絶望感に打ちひし
がれた表情を浮かべ義姉は涙を溢した、私が慌ててハンカチを差し出すと義
姉は「ありがとうね、貴方は優しい義弟、きっと大学の同級生の女子たちが
放っておかないと思うわ」と言われた、確かに、私は同じゼミで知り合った
子と付き合っている、彼氏・彼女の関係で折を見ては私の一人暮らし先にて
肌を合わせて愛し合っている、私は義姉に「同級生の子と付き合っている」
とだけ話した、義姉は「かつての私らと同じね」と笑っていた。

そんな時、ふと高校の同級生で、医科大学に進学している、出来の良い友人
がいます、とても仲が良くて、お互いのヒマを見ては居酒屋で飲んでいる感
じです、ある日「授業で習ったんだけど、39度近い高熱になって何日も熱が
下がらないと、金玉(睾丸)で精子を作る機能が無くなってしまうんだとよ~
つまり種無しになるって、射精は出来るけど精液の中に精子が殆ど無いわけ
SEXして中出しやっても、相手の女性は妊娠しない・・・何とも言えないよ」
その友人は中生のビールを飲みながら言っていたことを思い出した・・・。

兄が中学生の頃、風邪を引き高熱を出して寝込んだ、医者はただの風邪と診
断して風邪薬を出した、それでも兄の高熱は下がらない・・・結局、両親が
慌てて救急車を呼んで救急病院に運び検査した結果、風邪では無く「風疹」
でした、あと少し発見が遅ければ兄は風疹の高熱で死んでいたかも知れませ
んでした、入院して数日後に高熱から開放されました。
友人から聞いた話から見て、恐らく兄は・・・あの風疹の高熱で精子を作る
機能が失われたと考えました、その事を義姉に隠さずに話しました、それを
聞いた義姉、ある種の落胆と諦めた表情を浮かべ、ワインを数杯も飲み干し
て暫くの間は何も言いませんでした。

重苦しい空気が漂う中、それを破るかのように料亭の仲居さんから宴会時間
の終了を告げる声でした、義姉「ごめんなさい、ちょっと気持ちの整理を
していただけ、本当に話してくれて、ありがとう」暗い表情から明るい表情
になり言ってくれました。

料亭を出てから、義姉と私の2人・・・駅に向かう道で、急に義姉が「ねぇ
今夜は徹底的に飲み明かさない??」と言われました、私も少し酔っており飲
みが足りない感じでした、通りかかったコンビニの片隅にある公衆電話から
自宅の母に「あと何軒かの、飲み屋で飲んでから帰る」と告げると、母から
「あの子(義姉)にとって、私ら舅・姑との関係で溜まった、ストレスのガス
抜きに良い機会だから、お前が大丈夫なら付き合って上げて」と言われ、私
は母が義姉がツライ立場に置かれているのを知っていたのだと思いました。

それから、私と義姉の2人・・・駅前の居酒屋にて2次会となりました、私
は義姉に「悪いけど、合コンで鍛えているから、○○さん(義姉の名前)ヤバ
くなったら切り上げて帰るよ」と告げましたら・・・義姉は「何、言ってん
のよ、あたしだって~大学の頃は合コンで鍛えたわよ! 貴方が浪人の頃~
ちゃんと勉強しているかな?と心配して部屋を覗いてみたら、チンチンを勃起
してオナニーしているシーンを何度も見たわよ・・・ウフ」~予期もしない
義姉からの反撃で、私は「御奉行さま~あっしが悪うござんした!!」と悪役
風に言いましたら、義姉は腹を抱えて爆笑してくれました、あの時の明るく
聡明な義姉に戻っていました・・・。

駅前のチェーン系の居酒屋にて2次会となりました、最初は「終電が来る前
に終わりましょう」と言って飲み始めましたが、義姉がトイレに行った際に
私が腕時計を見ましたら・・・終電が発車した時間を過ぎていました・・・
トイレから戻った義姉に、終電が出たことを話しますと、義姉は「タクシー
に乗って帰れば良いのでしょう」と言いました、私も「そうでね、その方法
があるね」と返答して、2人とも追加注文して飲みました、それから1時間
程が過ぎまして、私が「そろそろ帰らないと・・・」と溢しましたら、義姉
も「そうだね、そろそろ帰ろうっか!」と言われ、割り勘で支払いを済ませて
駅前のタクシー乗り場に行きました、しかし、客待ちのタクシーは1台も無
い状態、田舎町ですから(汗) タクシーの需要は低いのでした、酔い覚まし
を兼ねて飲んでいました缶コーヒー、3月と言いましても私の出身地は寒い
です、酔い覚ましから体を温める方針転換となり何本もの缶コーヒーを飲み
タクシーを待ちました、しかし、30分を過ぎてもタクシーは来ません。

義姉は、何度もクシャミをして、鼻水をティッシュでかむ状態となりました
このまま、タクシーを待っていましたら2人とも風邪を引いてしまう事態を
迎えてしまい、何処か暖かい場所に移動せねばと思いましても、先程まで~
飲んでいた居酒屋は閉店時間となり、深夜営業の喫茶店も無く・・・ふと!?
2人の目の前に飛び込んだのは・・・一軒のラブホテルでした、深夜からの
冷え込みで、すっかり酔いが醒めてしまった義姉、あまり寒いのは苦手な方
にて、体も冷え切った感じにて体を震わせている状態、私は「○○さん(義姉
の名前)、あのラブホテルに入り、交代で風呂に入って体を温めて始発電車で
帰りましょう」と提案しました・・・義姉も、私からの提案に同意して・・
ラブホテルに入りました、部屋のサイズも大きくて風呂は、2人で入っても
余るほどの大きさでした・・・湯船にお湯を流して入浴できる水位まで待っ
ている間、寒さの震えが止まらない義姉の姿を見て・・・私は義姉を抱きか
かえて毛布を被り、義姉の体を温めました・・・その私の行動に、義姉は
抵抗しませんでした、ふと義姉が「人間の体温って暖かいね」と溢しました

私は「雪国では、吹雪で凍死寸前の遭難者を助けた時、遭難者の衣服を脱がせて
何枚の布団や毛布を掛け、その遭難者を寝かせている布団に、衣服を
脱いだ人が一緒に寝て、人間の体温で温めるのが一番の救助方法」と聞いた
話をしました・・・義姉、「映画「八甲田山」で、そんなシーンを見た記憶
がある」と言いました、私が抱きかかえ2人して毛布を被り、温めた義姉の
体は芯から冷え切っていました。

湯船に流していましたお湯が入浴できる水位となり、私は義姉に「どうぞ~
先に入って暖まってください」と告げました、その時、義姉から予期もしな
い返答が返って来ました、「どうせだから2人して一緒に、お風呂に入って
暖まろう」との言葉でした・・・私は「この寒さは子供の頃から慣れている
から大丈夫」と言っても、義姉は「もう、こんな時間だから、2人で一緒に
お風呂に入って、さっさと寝ましょう・・・」との力強い言葉に押され・・
2人して衣服を脱ぎ始めました、何も気にせずに衣服を脱ぎ下着姿になった
義姉の姿、私が・・・つい、見惚れてしまうと、義姉は「もう、童貞じゃ~
ないんでしょ! 女の下着姿を見惚れるのは止めなさい!」と叱られてしまう
始末でした、義姉はブラもパンツも脱ぎ全裸となりました、私もパンツを脱
ぎ全裸となり2人して、バスルームに向かいました・・・20代後半の義姉
の体、初めて見る義姉の生まれたままの姿、スレンダーな体形、Cカップと
思える胸の大きさ、陰毛は割りと濃い感じ・・・受験浪人だった頃、深夜の
兄夫婦の部屋から聞こえる・・・”夜の営み”で義姉が押し殺すように漏らし
た喘ぎ声を思い出し・・・不覚にも、私のペニスは勃起してしまいました。

それを見た義姉・・・「女性の裸を見て、勃起することは健康で正常な男子
の証拠よ、あたしみたいな・・・三十路が近いオバさんの裸を見て、ペニス
が勃起する何て、義姉としてより女として嬉しいわ」と言われてしまい・・
一緒に入ったお風呂では、義姉の後ろから抱きしめて、Cカップ?と思える
胸を揉んだり、乳首を愛撫してしまいました・・・義姉は、それに応える
かのように・・・私のペニスを握りしめていました。

お風呂から上がり、2人して~ベットに倒れ込み、私は、求めるかのように
義姉の胸を揉み、乳首を吸い・・・首筋に舌を這わせて、下半身の陰部へと
手を伸ばし、陰部を愛撫しました・・・義姉は、私からの行為を受け入れて
喘ぎ声を上げ始めました、乳首を吸ったり、舌で舐めたりしながら、陰部へ
指を這わせて義姉の感じる部分を探しました、義姉は~クリトリスで感じる
より膣部で感じると分かり、乳首を吸い舐めながら、陰部に2本の指を挿入
しました・・・義姉のGスポットと思える部分を中心に攻めましたら、義姉
は何とも言えない感じの大声で喘ぎ声を出しました、その部分を指で攻めて
クリトリスを舐めたり、大量の唾液を垂らしてからクリトリスを吸ったり
しました・・・義姉「もう、いい!!1 あっ!!あうあうあう」と言う感じの
動物的な喘ぎ声を出す感じです。

義姉に、ビンビンに勃起した私のペニスを見せましたら、その口に咥えて~
フェラを始めました、私は・・・義姉の陰部に指を差し込んで愛撫を続けて
おりました・・・義姉のフェラテク、バキュームのように~吸い込む感じの
絶妙なフェラテクでした、義姉が・・・「お願い、チンチンを、あたしに~
入れて欲しいの!」と言い始めました、私は性的興奮が高まり・・・義姉の
エクスタシーな姿を見て、とても興奮しておりました・・・その義姉から
ペニスを挿入して欲しいとの言葉・・・・。

ここで止めれば、夫たる兄に対して、私が~酔っていたからの行為で済まさ
れるかも知れない、そして・・・怒張したとも言える勃起したペニスを義姉
に挿入したら「禁断の関係」となってしまう、その悩みを吹き飛ばす言葉が
義姉から来た・・・「もう~我慢が出来ないの、私を目茶目茶にして~~!!
貴方に犯されたいの~~」と大声で言う義姉の言葉、それを聞いた私・・・
あの興奮からゴムを付けずに生挿入、荒れ狂うように腰を振り続け、体位も
正常位、バック、騎乗位と各種の体位にて、義姉とのSEXをしました・・・
生挿入にて・・・そのまま射精すれば・・・「中出し」となります、それを
避ける意味ても膣外射精しようと思いましたら、SEXで興奮した義姉と私・・
最後に義姉から・・・「中に出して~中に出して~」泣くように叫ぶ声から
私は、彼女とSEXする時より・・・義姉とのSEXに興奮、激しく腰を振り続け
義姉の中に何度も射精して果てました・・・。

翌朝、目が覚めたら・・・ベットの上に残された一枚のメモ、義姉からの
メッセージでした、「昨晩は、色々とありがとう、貴方が私のこと、一人の
女性として、ずっと見ていたこと、貴方の兄の妻として悩んでいました・・
昨晩、貴方と結ばれてしまう結果となりましたが、私も貴方の存在が、気に
なっていた事実は否定しません、あの晩に貴方と不義ながらも結ばれたこと
私は後悔しておりません、これで妊娠しても・・・夫婦間の営みで妊娠した
子供として、私は出産するつもりです、貴方は何も気にしないでくださいね
このような結果でも、私ら夫婦に子宝が恵まれたら、貴方を一番に信頼する
お兄さんは喜ぶと思います、その場合・・・いずれ時期を考え、いつかは
その真実を話したいと思います」

そして、義姉は「妊娠」しました・・・無論、あの日・・・私との行きずり
の関係となり、酒を飲み・・・義姉との許されない関係で興奮した余り、私
はゴムを付けず、義姉の同意を得たとしても、生挿入してのSEX、最後は・・
義姉の中に何度も射精してしまい、義姉は妊娠しました・・・。

あの晩の出来事から、私は予定を切り上げて、一人住まい先に帰りました。
久しぶりに会う私の彼女・・・あの日の事を忘れたい為、電話して一人住ま
い先に呼んだ彼女、「何なのよ~田舎に帰ってSEXが出来なかったから~~
あたしを抱きたいの??」と言われましたが、私は「そうじゃない!! 物凄く
お前に会いたくて、お前無しでは~私は生きられないのよ」と溢したら~
彼女が泣き出して・・・「あたしを抱いて、それから一生、あたしから離れ
て欲しく無いから結婚して、ずっと傍にいて!!」と、彼女から逆プロポーズ
がありました、私と彼女は・・・大学卒業前の学生、それを聞いた私の両親
は結婚に反対の姿勢を示し、その両親を説得してくれて両家とも、円満に~
結婚式へと導いた功労者・・・あの日、私と禁断の関係を破り、一夜の契り
を結んだ義姉でした、大学を卒業・・・この不景気でも何とか~就職が出来
まして、月給が安くても福利厚生が充実している企業の正社となり、正式の
結婚式と披露宴を開催した時、数年ぶりに兄夫婦と再開しました、その傍ら
には・・・無邪気に走り回る女児がおりました、兄は「かつて、色々と心配
を掛けたようだが、見ての通り~~元気な子供に恵まれたよ♪ お前も早く
子供に恵まれて幸せな家庭を築けよ」と激励されました、その脇で和服姿で
畏まっていた義姉の表情・・・ニヤリと私に見せてくれました。


PAGE TOP