美人教師が住み込み作業員とセックス 【エロ体験談】

10年も前の話だけど。 ある金曜日。仕事が終わって職場の古株2人と汚い居酒屋で飲んでいると、隣の席に女性が二人が入ってきた。その二人があまりにも美しくて、眩しくて。
「あれ芸能人だろ?」「モデルじゃないか?」

後輩の俺が、若いし警戒されにくいということで、女性にビールをついでくるよう言われた。こんなキレイで堅そうな女性に、うまくいくわけない。

どうせ無視されるだろう・・・でも意外と「あ、いいんですか?ありがとうございますっ!」と明るく答えてくれた。あ~よかった。いい感触だとわかると古株どもがすぐ女性に話しかけた。

俺は当時23歳で就職先が見つからず、作業員のバイトで食いつないでいた。古株の中島は47歳で禿げメガネ。稲垣は51歳のメタボ。

女性は二人ともOL。奈緒は松下奈緒似。美人だが好みが分かれる。24歳で背が高い。かおりは鈴木あみ似。25歳でかわいくてスレンダー。5人全員独身。

OL二人は服装からして堅いお仕事らしく、言葉づかいや会話もおしとやか、というか丁寧だった。

でもそれは初めだけで、お酒が進むと「酔うと変わっちゃうんです」とだんだん下ネタとかエッチな話題になってきて、かなり盛り上がった。

奈緒はあまり酔っていなかったが、かおりが泥酔する様子を見て「これはいける!」と古株二人が悪いことを考えた。

中島が警戒されないよう「次の店に行こう。知り合いがやってる店があるから」と言って、俺のアパートの部屋に連れてきてしまった。

さすがに奈緒は引いていたが「かおりちゃんが気分悪そうだから」と言い訳をすると、とりあえず部屋に入ってくれた。

かおりが「吐きそう・・・」と言うので、俺と奈緒が彼女を寝かせた。しばらく「心配だねえ」と話をしていると奈緒は隣の部屋の古株に呼ばれて、二人とまた飲み始めた。

俺はかおりが吐いているので、ずっとそばにいたが、隣の部屋では奈緒が真剣に相談していた。

奈緒は実は中学校の教師で、職場や生徒との人間関係で悩んでいて、辞めようかと思ってる。でもまだ教師になったばかりでなかなか辞めると言い出せない。付き合ってる彼氏と結婚して寿なら円満だけど、まだそんな段階でもない。

先日軽いうつと診断されて、もう学校行きたくない、と泣き出した。
教師?先生だったの?こんな美人の先生いるんだな・・・

女教師と聞いて中島と稲垣の目の色が変わった。本気になったか? しかし二人は親身になって長時間アドバイスを続けていた。

お酒に強い奈緒もさすがにつぶれてきたのか、中島に寄り掛かってきた。
奴はそのまま奈緒を抱きしめると、キスをしてしまった!

二人が激しく舌を絡めている間、稲垣は居心地が悪くなったのかこちらの部屋に来た。「先生、OKだってよ!」
性交がはじまったようで、ふすまの隙間から覗いた。

中島はイメクラ好きの脚フェチ。さっきからずっと脚を触っていた。
奈緒はストッキングを脱ぐと、中島は白く艶のある生脚を舐め回した。

「たまんねえなあ」とおいしそうに太ももにしゃぶりつく中島。
奈緒の膝の裏を攻めたり、足の指を1本ずつしゃぶる姿はまさに変態。

ブラジャーをとると、Gカップはあろうかという見事な巨乳。職業柄、あまり胸が目立たないような服装にしているらしく、隠れ巨乳という思わぬ収穫だった。

「稲垣さん、見てよこの乳!」
中島が奈緒の身体をこちらに向けて、たわわに実った乳房を指さした。

少し乱暴に揉みしだくと、桃色の乳首にしゃぶりついた。
中島の顔を奈緒のおっぱいで何度もビンタ。

中島は奈緒の顔を竿で何度もビンタ。奈緒は竿を根元まで深く咥えるもんだから、何度もむせていた。

実家がセレブな国立大学卒の美人教師が、高校中退の住み込み作業員に両ひざをついて奉仕している様は壮観だった。

中島が「先生、コンドームないから、なしでええな?」と言うと、奈緒はあっさり同意してしまった。酒ってほんと怖いな・・・

中島は爽快な表情で生本番を始めた。キスが多くて愛のあるSEXだった。
「先生、ええやろ?中に出しても?・・・で、出るっっ!!」
(えっまじで?中出しはやばいでしょ)

「最高に気持ちよかった・・・」
中島のこんな晴々した表情は初めてだった。

奈緒も快感で気を失ったのか、寝てしまったようだ。
中島は精液が流出しないように奈緒のアソコを手で押さえた。

「俺の精液、粘着性が高いから。」とニヤニヤ。
稲垣は怒っていた。「いくら早漏でも中に出すなんて非常識だ」

奈緒をお風呂に連れて行き、シャワーを浴びさせてきた。
彼は風俗通いでAVばかりみている変態。

奈緒は目隠しをされ両手首を縛られると、カラダを隅々まで舐められた。
「先生、ほんまええ乳してるなあ。」

奈緒は中島のケツは嫌がって舐めなかったが、今回は目隠しをしているのでなんだかわからずに、稲垣のきったないケツの穴をじっくり舐めさせられていた。ケツ毛ボーボーなのに。

奈緒が仰向けに寝て、その顔面の上でしゃがむ稲垣。
用を足しているようにも見えた。

前戯が終わると目隠しを取り手首を解放。
中島とのプレイと違って、奈緒は積極的になっていた。

奈緒は自ら騎乗位の体勢になり、コンドームをつけていない竿を手で掴んで、自分のアソコに挿入してしまった。

「先生、ナマが好きなんだな・・・ 清楚な顔して、こんな変態ボインだと思わなかった」稲垣は風俗で2回も病気をもらったことがあって、ゴムを準備していたのだ。

「稲垣さん、あんた生はまずいでしょ?」中島が苦言。
「先生、僕ら初対面ですよ?子供はまだ早いんじゃない?」

奈緒は理性を失っていたので、そんなことおかまいなしだった。
根元まで挿入したまま、前後左右にいやらしく腰を動かしていた。

稲垣は気持ち良すぎて耐えきれず「ごめん」と言って外すと、奈緒は言われるがまま、後ろを向いて壁に手をつき、お尻を突きだした。

稲垣は自分よりずっと背の高い奈緒を、立ちバックで激しく攻める。
振り乱れる巨乳を押さえるように両手で乱暴に揉みながら。

「先生、そんなに子供欲しいの?」「どこに出してほしいの?」
「できちゃった結婚しようか?」「子供は何人欲しい?」

言葉攻めもむなしく、奈緒から返答はなかった。奈緒が濡れすぎて結合部分はつゆだく状態。声は押さえてくれたので、いやらしい音がよく聞こえた。

「先生!も、もうだめ・・・うっ!!・・・」
稲垣は結局膣内で射精してしまった。

射精が終わっても腰を奈緒に打ち付けるのをやめず、しばらく竿を抜かなかった。それから奈緒は二人に口内射精をされた後、精液を残さず吸って飲み込んてだ。

奈緒は朝起きると「えっ?えっ?」と周りを見渡した。すぐ昨晩のことを思い出したようで、泣き出してしまった。

酔って知らないおっさんと生でやっちゃったことに気づいたら普通はそうなるだろう。 このままでは修羅場になってしまう・・・

重苦しい雰囲気の中、奈緒が口を開いた。「ごめんなさい。あの、私酔っていたので、すいません、軽い気持ちで。」 え?怒ってない!よかった~みんな胸をなでおろした。

職業柄こういうお酒の失敗は非常にまずいので、絶対口外しないで欲しいと頼まれた。かおりはまだ寝てたので、知らない。

この成功体験が元で、中島と稲垣はお金のかかる風俗通いをやめ、素人女性を酔わせて遊ぶようになった。たまにしか成功しなかったが。

ちなみに俺はかおりを狙っていたにもかかわらず、ヘタレ過ぎて何もできなかった・・・ でも逆にスケベおやじどもから守ってくれたと思われて、後日かおりと付き合うことになった。

奈緒はその後、落ち込むどころか吹っ切れたように仕事してたって。欲求不満が解消されたか。


PAGE TOP