実家の兄嫁と秘密のSEX体験【エッチな体験】

親父の3回忌を兼ねて俺一人で帰省してきた

子供二人が部活があったので妻子は家に残したまま。
兄貴は上海万博で仕事しているので中国に長期出張中。
母と俺と兄嫁だけの寂しい法要となってしまったが無事終える事が出来た。
 
 
法要を終えると母は翌日から友人たちと旅行に出かけてしまい実家には俺と兄嫁だけ。
妙な雰囲気になるのは嫌だなと思い、俺も家に帰ろうかと思案していたが
兄嫁から「ちょっと相談したいことがある、お義母さんがいない時しか話せないから・・」
と言われ話を聞くことに・・・
まあ予想はしていたが兄夫婦の仲はあまり芳しくなく、兄は仕事ばかりで家にいることも少なく、子供もできずにに15年経ってしまった。
私がこの家に住み続けることに意味があるのか・・・と少々重い話。

夜遅くまで話し込んだが答えなど出るわけもなく、また明日話しましょうということで
その日も俺は実家に泊まった。

朝方、まだ夜も明けきらぬ頃トイレに立つと兄嫁はもう朝食の準備をしようとしていた
「早いですね」と声をかけると「お義母さんはいつも早いから、癖になっちゃって」
とエプロンをつけようとしていたが、「俺は朝なんてなんでもいいし、あ、何だったら近所のファミレスで食べましょう、それなら準備も後片付けもいらないし」
すると兄嫁は嬉しそうな顔して「そうしましょうか」と言い俺も早速着替えて近所のファミレスへ。

朝食中から兄嫁は非常にご機嫌で、「外食なんて久しぶり、隆さん(俺)ありがとう」
こんなファミレスくらいで喜ぶ義姉をみて少し不憫で
「じゃあどうせ暇だしどこかドライブでも行きますか?」
と言うともう泣きそうなくらい嬉しそうな顔で頷く義姉を見てなんだか申し訳なく
思えてきた。兄貴とお袋はこの人の気持ちなんて考えてないのだろうなあ。

若いころによく行ったきれいな砂浜がある海まで車を走らせ、海を見ながら
義姉と話しをしていると、「私、隆さんと結婚していたら・・・・」
なんて話をしだした。
俺は戸惑ったが義姉に憧れていた時期もあっただけに、この人にこれ以上
恥をかかせては・・と思い、全てを言わせず手をつかみ体を抱きよせ思い切り抱きしめた
「義姉さん、ごめんよ」と言いキスで義姉の口をふさぎ長いキスをしたのち
車を近くのラブホテルに入れた。
義姉は無言ながら俺の後についてきて部屋に入り
「こんなところにくるのは初めて」と少し震えているような声でしかし笑顔で
俺の顔をじっと見つめた。

俺は堪らなくこの人を愛しく思い強く抱きしめベッドに押し倒した。
少女のような恥じらいを見せるところも俺の心を強く揺さぶり、丁寧に義姉の服を脱がせると
「恥ずかしい」と言いながら顔を真っ赤にし俺の体を直視できないでいた。
俺は義姉の体全体をキスしながら手をつなぐと義姉も力いっぱい俺の手を握り返し
だんだんと快感の中に没頭していくようだった。

声を出すのを我慢していたようだがクリの周りを刺激すると
「あっ、あっ」と声を出し始め、
すでに愛液で溢れているそこに口をつけ強く吸ってやると「あ~~~っ、い~~、はぁ~~~ん、うっ、いい~」
と大きな声で喘ぎだし俺の頭を強くつかんでなでまわしてきた。
69の体勢に入ると義姉は俺のモノをしゃぶりだしたがとてもぎこちなく
それが俺の心にさらに火を付けた。

正常位の姿勢でモノをあそこにあてがい亀頭でクリをこすりつけたり穴をこすったりを
何度か繰り返すと義姉は最初の絶頂を迎えたようで膣がひくひくと痙攣しだした。
ここぞとばかりに俺は一気に挿し込むと「あ~~~~~~~~っ」
と絶叫に近い声で義姉はさらに絶頂を迎え、俺の首に手をきつく廻し全身を震わせながら
激しく痙攣し叫び声とも呻き声ともいえぬ声で悦びを表現していた。
深く浅く速く遅くと挿し入れするたび義姉は見たこともない笑顔で俺を見、キスし、何度も何度もオーガズムを味わっていた

事が済み二人で風呂に浸かりながらいちゃついていると
「SEXするのはもう5年ぶりくらい、私ほとんどフェラの経験がないの、あの人はただ入れて出してそれで終わりだから」
兄貴の性格からまあ想像はできたが、5年もレスだったとは少々驚いた。

帰りの道中義姉はなにか吹っ切れたように明るく話をし、「もう少し頑張ってみよう」
「あの人にほかの女がいるのは判っているけど、隆さんが時々話相手してくれるならいいかぁ」
なんて言いながらこちらを伺うので
「ええ勿論、大事なお義姉様ですからいつでもお話は伺いますよ~」
と言っておっぱいを指でツンとしてやるとにっこり微笑んで窓の外を眺めた。
その顔がとても可愛く、俺は毎週でも帰省したくなってしまった。


PAGE TOP