旦那が出かけた後に人妻とやりまくってますwww【エッチな体験】

最近の体験です。
彼女は休日の朝は、早くからスポーツジムで水泳をするというので、
彼女の旦那が出張の日を狙って同行しました。
水着姿を見たかったというのが主な動機ですがね。
彼女は色白なので濃い色の水着に肌が映えてきれいでした。
水泳なんてまともにするのは高校生の時以来でしたが、彼女は私が慣れるまで
ゆっくり付き合ってくれたので、休憩しながら二時間くらい楽しんでいました。

ジムから引き上げて私のアパートで朝食を取りました。食器を片付けて二人で
ソファに座ると、彼女が言いました。
「これから寝ちゃおっか、運動してから寝ると気持ちいいんだよね」
二人とも動き回って疲れたため、すぐ眠りに落ちてしまいました。
2時間くらい経って、目が覚めたので、隣で寝ている彼女にいたづらをしました。
剥いてやろう、とw
シャツの前ボタンを外して前をはだけさせたはいいのですが、ブラジャーをどうしようかな
と思っていると、彼女がいつも、寝るときにはブラのホックを外していることに
気がつきました。しかもストラップが外れるタイプのブラだったので、
前二つのカギを外してカップ部分を体の横にはねのけ、ブラジャーがほぼ取れている
ブラジャーがほぼ取れている状態にして、彼女の乳首をつついていました。
元々乳首がすごく敏感なせいか、剥いているうちに起きてしまったのか、
すぐに彼女は薄目を開けて「ん、ん、だめ…」と言いました。

いやいや、という感じで、私から背を向けるので、「だめだよ、こっち向いて」と言って
仰向けに直し、彼女の上に乗ってまた乳首をつまみました。
すると「もー!」と怒ったように言って上体を起こすので、強く抱いて
「おはよう」と言いました。「気持ちよくねてたのに」と言って身体を私から
離そうとするので、予想通り、と思いながら抱きしめなおして、「乳首触られる方が
気持ちいいくせに」といじめると、彼女はごにょごにょ言ったり。
で、やっぱり、「もっと気持ちよくしてあげるよ」と言って、エッチに突入しました。
最初は、寝起きだから喉渇いたね、と言って笑いながらキスをしていますが、
乳首に指が触れると途端に彼女は細く「あ、あ…」と言って溺れてしまうので、
「ちょっと触られただけでそんなに感じるんだ」と煽っても、
「…いじわる言わないで…」とか弱い口調で返ってくるだけです。
首筋から胸、みぞおちまで唇を這わせているうちに無抵抗になり、目が虚ろになるので
またいじめたくなります。で、下に指を這わせました。
「あっ」と彼女は大きい声を出します。
「なんで濡れてるの」「知らないよ」「やらしいな」とか、皆さんご想像通りの
やりとりをして、69を経て挿入、という感じでした。
彼女は小梨の専業主婦で、近所に年の近い友達がいなくて寂しい
と言っていたので、私と彼女の年が近いのをこれ幸い、と
会えば話しかけ、彼女の家におみやげ持っていくこともありました。
結婚すると女性は容姿を褒められる機会が減る、とみて、
ずっと容姿中心に褒めていました。
細々とアプローチして、出会いから半年後から時間の合うときに会う仲です。
いきなり私の家に彼女をあげて、上記のような状況になったのではないですw
20代後半、色白でどちらかと言えばやせている方です。
背は160センチ前後と本人が言っていたように記憶しています。
おしりの形がきれい(ムッチリ系ではない)なので、パンツをよく
はいています。持っているブラはBとCがあるようですが、贔屓目に
見てCということにしましょう。
顔は地味かもしれません。強いて言うと山口もえ似です。
髪型が山口もえに似ているのでそう思うのかもしれません。
彼女はエッチのとき、じわじわと快感を得てボーっとするのが好きなようです。
だからひととおり性感帯を攻めたあとは、ゆっくりクリを舐めます。
舌の平面全体で舐め上げながらわき腹や下腹、ふとももをなでていると、
彼女の気分が乗ってきて、それまでの押し殺すような細いあえぎ声から、
「あー、あー」とのどの奥から出る大きいあえぎ声に変わっていきました。
襞の間に舌を入れ、ねっとりと舐めているうちに、クリもおまんこも充血して
かたく膨れてきました。
この辺りで彼女は限界になるので、休憩として彼女を股間で
うずくまらせて、フェラをしてもらいました。全身が敏感になっているせいで、
虚ろな目のまま口の中にも刺激を求めるように、口腔を密着させてきました。
ゆっくりと上下させ、今度は亀頭に舌を絡ませ…彼女の腰を私の顔に持ていき、
ふたりでお互いを刺激しあいました。
彼女がいきそうになって「もうだめ、もうだめ」と言い出すので、元のクンニ
しているときの体勢に戻り、おまんこに中指をさし入れて、指の腹で中を
こすりました。中は充血し、狭く感じます。どんどん彼女の息が荒くなる
ので、とどめにクリを数回舐め上げると、彼女は「あっ」と苦しそうな声を
あげていってしまいました。指がぐっ、ぐっ、と締められました。
ぼんやりと目を開けて、力なくベッドに彼女が横たわっている横で
私はコンドームをつけ、笑って「まだ終わってないよ」と言いました。
「待って…」と彼女が細い声で言っていましたが、すぐに正常位で私のものを突き刺しました。
細かく彼女の奥へ振動を伝えると、彼女は背中に強くしがみつき、大きくあえぎました。
「いい?」「んっ、んっ…いいよ」最後に早く突くと、さっきよりも
強く彼女が締め付けて、吸い取られるような強い快感を味わいました。
彼女は、行為の直後はしばらく横になって眠ったようにしていましたが、
起き上がると、いつも外で見るような、穏やかな彼女に戻っていました。


PAGE TOP