生徒のお母さんにアナル舐めてもらった塾講師のエロ話【エッチな体験】

ボクは大学卒業後に、

地元では有名な塾に講師として就職しました。

規模としては小さな塾なのですが、大変合格率がよく、

特にある大学への合格率がすごく高いんです。

それで裏口入学のコネやルートがあると、

勘違いしてる保護者が結構いるんです。

ボクらのような下っ端はよくわかりませんが、

いまどき、そんなのまだあるんでしょうか?

[adrotate group=”1″]

仮にあったとしても、

田舎の小さな塾に正直そんな力があるとは思えません。

それに頼むなら社長とか、塾長とかだと思うのですが、

なぜか講師のボクにお願いしてきます。

もちろん、ほとんど丁寧に断るのですが、

中には断らない時もあるんです。

それも毎年、1人か2人。

断るか、断らないかの判断は、

頼みにきた人と子供の成績です。

そう、ボク好みの母親で、合格しそうな子供の時だけです。

しかも「なんでもしますから」なんて言われたら、

本当に断れません。

「じゃあ、詳しい話を」なんて言いながらホテルに行くんだけど、

受験に関する話なんかほとんどしません。

だって、裏工作なんかありませんし、

ホテルに向かう途中で「私にすべて任せてください」なんて言えば、

もうそれ以上、何もありません。

その中で一番良かった保護者のママさんは、

40歳くらいの美熟女という感じの優子さん。

ホテルに入るなり、ボクに抱きついてきて、

ムチっとした唇を押し付けて激しいディープキスしてきたんです。

同時にチンコも一緒に触ってきて、

さすがのボクでも即ボッキしてしまいました。

大学受験しているような若い娘たちとはぜんぜん違います。

さらに目の前にひざまずくと、

ビンビンのチンコにしゃぶりついてきたんです。

唾液まみれにしながらすごい勢いで舌を動かして、

吸い付くんです。

「おいひい、ひんぽおいひい」

ってうわ言のように言いながら。

優子さんには以前から何度か会っていましたが、

普段の清楚な主婦という印象からは、

考えられないような変貌ぶりでした。

ホテルで二人っきりになった時の優子さんは完全に痴女です。

ボクはその変貌振りにも興奮して、

思わず優子さんの口の中に発射してしまいました。

「あー、濃くておいしいわ。もっと、もっとちょうだい」と、

吸い付いたり、玉袋を舐めたり、

そして極めつけは、ズボンを脱がすとアナルまで舐めてきました。

アナルに舌先が入ってきて、中をツングリされて、

すぐに復活してきてしまいました。

いまどきの若い子はエッチに積極的で、

いろいろしたり、させたりしますが、

アナルの中にまで積極的に舌を入れてくる子はさすがにいません。

ボクも優子さんの大きくて柔らかいおっぱいにむしゃぶりついて、

激しく揉みまくりました。

久しぶりのパイズリも堪能させてもらいました。

でも、さすがにおっぱいだけは、

発育途上のプリンプリンのおっぱいのほうがいいですね。

もう、ここまでくるとただ体を求め合うだけです。

濃厚なディープキスと貪り合う全身リップの嵐。

ガマンできなくなってきた優子さんは

「もうダメ!入れて、早くおちんぽ入れて」と懇願してきました。

優子さんはボクを押し倒すと騎乗位で入れてきました。

ぐにょぐにょした熱い粘膜のおまんこに、

生で包まれたボクは危うくイッてしましそうになりました。

若くてきついマンコも最高ですが、

熟れた熟マンも格別です。

優子さんは自分の欲望を満たすかのように激しく腰を振って、

チンコを締め付けてきました。

ボクも負けじと下から突き上げたり、

バックになってお尻を叩きながら高速ピストンで応戦です。

「イッちゃう、イッちゃう」と叫んで、

いっそうきつく締め付けてきました。

さすがにこれには耐えられず、

優子さんの中に発射してしまいました。

優子さんはなかなかボクのチンコを離してくれず、

つながったままキスをしてきたり、乳首を舐めてきたり、

マンコの中を締め付けたりして、ボッキさせるとまた求めてきました。

合格発表が出るまで、

優子さんとはこの後も何度か会ってホテルに行きました。

不合格だったらどうしようとヒヤヒヤでしたが、

そういうスリルも若い子とSEXしてる時とは違うスリルでたまりません。

でも、こういうスケベな奥さんがたは子供の合格にかこつけて、

自分の欲求不満を解消したいだけの人も多いので、

万が一落ちた場合でも、差ほど責められることはありません。

だって、もう1年、塾講師の僕との情事が続くわけですから、

生徒の保護者のお母さんも喜んでいます。



PAGE TOP