オナニー中毒の三十路の独身OLが肉便器にされ、喜ぶH体験【エロ体験談】

私は三十路のOLです。

結婚はしてなくて独身です

30代になると、20代の時のように

男性とHする機会が減り、

今ではオナニーばかりしています。

職場で女性は私だけなので、

よくトイレでローターを使ってオナニーしてます。

女性が入ってくることはないし、

男子トイレとも離れているから

気兼ねなくオナニーできるのです。

ある日の昼休み、

いつものようにローターでオナニーして、

個室のドアを開けると

主任のKさんが立っていました。

死ぬほどびっくりしました。

手にはむきだしのローターを持ったままです。
音も聞こえたでしょうし、

喘ぎ声も出していたので、

私が個室の中で何をしていたかは

完全にばれていたと思います。

それ以来、私はKさんのおもちゃです。

ローターやバイブを入れられたまま

フェラチオをさせられます。

目の前でオナニーをさせられる

羞恥プレイこともあります。

でも私は入れてほしい

一心でKさんの命令に従います。

私にとってKさんのおちんちんは

4年ぶりのおちんちんなんです。

私より6歳年下の若いおちんちんを

入れてもらえると思うだけで、

正直濡れてしまいます。

Kさんは結婚しており、

先日奥さんが妊娠された既婚者の上司です

その間、性欲処理にいつもより多く使われました。

はっきりいって、

めちゃくちゃうれしかったです。

あるときなどは一人暮らしの

私の家にいきなりやって来て、

洗濯機に抱え込むような体勢で、

前戯も何もなしにいきなりバックで入れられました。

部屋に入って、

10秒後には入れられてました。

それでもすぐに濡れて、

めちゃくちゃ感じてしまいました。

そして発射すると、すぐ出て行きました。

この前は終業後の誰もいない

会社の応接室に呼ばれて行くと

Kさんと新入社員のTくんがいました。

「こいつ童貞なんだって。

××(私のことです)のこと、

まあまあきれいだっていうから、

やらせてやれよ」

そしてKさんの

目の前でTくんとやりました。

人前でHするのは初めてで、

めちゃくちゃ恥ずかしかったです。

Tくんはさすがに勝手が

わからないようでしたが、

Kさんがリードしてやれ、というので、

私がリードして、騎乗位で挿入させました。

T君はすぐいってしまい、Kさんがもう

一発させろというので、

精液まみれのTくんのおちんちんを

しゃぶって立たせ、次は正常位でやらせました。

そうしてTくんの初体験の終えると

KさんはTくんと連れ立って先に帰ろうとします。

私は童貞に中途半端にいじられた体を

どうにかしてもらいたくて、

Tくんのいる前でKさんの

ズボンのすそを掴んで、目で訴えました。

するとしょうがねえなあ、

といってTくんを外に出し、

フェラで立たせた後、

バックではめてくれました。

私はいろんな感情がぐちゃぐちゃになってたけど、

バックで突かれてすべてを

忘れるくらい感じて、

大きな声を出していってしまいました。

すぐ外のTくんには

丸聞こえだったと思います。

それからはTくんの

性欲処理もさせられています

二人の肉便器にされていますが、

そんな状況でも三十路の独り身の私にとっては

嬉しいんです





PAGE TOP