今年の夏休み私は兄と結ばれました・・【エロ体験】

8月の半過ぎの週末の事、私22歳(学生)は、3つ上の兄(会社員)と小旅行へ出かける事になりました。

兄とは仲が良く、よく二人で出掛けて泊まりがけの旅行もしてました。

あ、と言っても、それまでは普通の兄妹…仲の良い兄妹ってだけで、近親相姦する仲では無かったんですが、

その小旅行の時、私がちょっとドジっちゃったのが原因で、仲が良過ぎる兄妹になってしまいました(笑)

その日、車で2時間程行った、某有名なうなぎ店に鰻を食べに行こうって事になり、何時もの様に出掛けたのです

お店では多少待たされましたが、美味しい鰻が食べられて満足した私達はお店の近所を散策していました。

その鰻屋さんがある町は富士山の雪解け水が豊富に湧き出ていると言う有名な場所で、

その鰻屋さんも、その湧水を使っているくらいで、あちらこちらから富士山の雪解け水が湧いていて、

近所を散策していると、綺麗な小川が流れている場所を見つけました。

木々が覆い日陰を作って正に清流と言った綺麗な水が流れて、この水も元は富士山からの雪解け水で、

水深は30cm程で近所の子供達や家族連れが水浴びを楽しんでいました。

私達も水に浸かる事にしました。

パンプスを脱ぎデニムを捲り足を浸けると「ひゃ~冷たい~!」と余りにも冷たくて悲鳴を上げてしまいました(笑)

けど暫く入っていると段々慣れて気持ち良くなってきました。

川の中を流れに逆らって上流に向かって散策して行き、途中で引き返してきました

もう少しで元の場所に辿り着くと言う時でした…私は足を滑らせ尻もちを付いてしまったのです…

更に手を着いた所が柔らかい砂地だった為、背中までビッショリと濡れてしまい、幸い頭は濡れるのを免れましたが、

日帰りの小旅行…着替えなんてありません…

タオルすら持っていないのにどうすればいいのって、もう笑うしかなかったです(笑)

笑ってばかりでは何も解決しませんので、取り合えず車へ戻る事にしました。

車は有料の立体駐車場に駐車していたので、私はそこのトイレに入って一旦脱いで絞れるだけ絞ってから車に乗る事にしました。

車はミニバンなので兄が後部座席を全て跳ね上げた状態にしてくれたので、シートを濡らす事無く済みました。

更に窓にはカーテンが有る為外から覗かれる心配はフロント側から以外なく、

兄も故意に見る事はしないのが分かっていたので安心して濡れた服を脱いで下着姿になりました。

けど、このまま家まで帰るのはとてもじゃないけど耐えられないので、

兄が直ぐ近くにコインランドリーを見つけてくれて「乾燥機で乾かすだけ乾かしていくか?」と提案してくれたので、

どうせなら洗濯してから乾燥して欲しいと言うと、その通りにしてくれて、

身体が冷えたから暖かい物が飲みたいと言えばコンビニで暖かいお茶を買って来てくれて、

ホント兄には感謝しきれないくらい感謝しました。

ところが、身体を温める為に呑んだお茶が仇となり、尿意を催してきてしまいました。

けど乾燥はまだ途中だったので、兄が車に常備している携帯トイレを差し出されたけど、

「無理っ!それこそ上手く出来なくて車の中オシッコ塗れになっちゃうよ…」

と言うと兄はコインランドリーに向かい乾燥途中の服を持って戻ってくると半分も乾いていない服を差し出し

「ほらっ、これ着てトイレ行って来いっ!」と言うけれど「え~ヤダよ~全然乾いてないしぃ~」と不満を言うと

「しょうがねぇなぁ~」とナビで何やら検索を始めました。

検索が終わると車を走り出し向かった先は、高速インターの近くに並ぶラブホテルでした。

兄は適当に空いているホテルに入ると「ここならその姿で部屋に入っても誰にも見られないぞ」と言ってくれました。

私は車から飛び出ると一目散に入り口のドアに向かい、開け放つと真っすぐトイレに走りました。

用を済ませるとそのままお風呂に入り冷えた身体を温めました。

バスローブを身に纏い部屋に行くと兄が私の生乾きの服をハンガーに掛けたり

ソファーの背もたれの部分に並べたりして乾かしてくれていました。

「お兄ちゃん、ありがと~♪お兄ちゃんもシャワー浴びて来れば?」と促すと

「そうだな…折角だからタダ帰るのも勿体ないしな(笑)」そう言って浴室に向かいました。

兄がシャワーを浴びている間テレビを見たり携帯を弄ったりして時間を潰していました。

すると兄がバスローブ姿で戻ってきて「なぁ和美♪」ニヤニヤとした顔で呼びかけられたので

「ん?なぁに?」と返事をすると「このホテルの風呂、ローションがボトルで置いてあったの気付いたか?(笑)」と言われ

「え?ローションなんて有ったっけ?」と私は全然気付かなかったので聞き返すと

「シャンプーの左側だよっ」そう言われてみれば確かに何か一つボトルが有ったのを思い出しました。

すると兄は「ほらっコレだよ(笑)」とボトルを持って来ていて私に見せてきました。

「あ~ソレね…」「和美はローション使った事あるのか?」と聞かれた私は正直に「ないなぁ~」と答えていました。

今思えばそんな事言う必要なかったし、言わなければ兄とエッチをする事にならなかったのではと…

そう答えると兄は「なんだぁ~無いのかぁ…気持ちいいぞぉ~ちょっと手出してみな」と言われ素直に右手を差し出すと、

手の平に少量ローションを出され、それを両手で石鹸を泡立てる感じで延ばすとヌルヌルした感触に「うわぁ~スゴーイ(笑)」

と自分では気づいていなかったのですが相当嬉しそうにニヤニヤしていたらしく

「その手で触られたら最高に気持ちイイんだよなぁ~(笑)」と兄が言うので

「触ってあげようか?(笑)」と冗談で言ったつもりが

「おうっ!触ってくれっ!」といきなりバスローブの帯を解くと何故か既にビンビンになったオチンチンを曝け出してきました。

それに私は「キャッ!何してんのっお兄ちゃんっ!」と言いましたが目線はしっかりとオチンチンに向いていて

「いや~何か興奮しちゃって(笑)って和美だってずっと見てるじゃんか(笑)」と言われて初めて気付きました。

私は嫌々(本心は違ってた…)「も~うしょうがないなぁ~ちょっとだけだよ…」と言いながら兄のビンビンになったオチンチンを掴みました。

私も未経験では無いですが、それ程経験は無いので兄のオチンチンがとても新鮮でこんなに大きいモノだったのかと、

その昔、数えるほどしか無い経験の記憶を辿ってみましたが兄程大きなオチンチンは無かったと思い興奮して触っていました。

すると「うっ!和美の触り方…スゲー気持ちイイ♪」と、自分はそんなつもりの触り方をしていた訳ではないのに

何時の間にか兄には快楽を感じる触り方になっていたようです。

私は立ったまま兄のオチンチンを握っていたのですが、

オチンチンに視線を集中していたので兄がまさか私のバスローブの帯を緩めていたなんて気が付かず、

知らないうちに私のバスローブの前は肌蹴ていて、知らぬ間に兄は自分の手の平にローションを付けて、

その手で私のオッパイを触って来たのです。

一瞬ヒヤッとした感触の後、ヌルヌルしたモノがオッパイ全体に広がりながら揉まれ始め「ヒャッ!」

「和美も気持ち良くしてやるよ♪」と兄に言われ久し振りに揉まれる胸の感触が気持ち良くて

「ダメだよ…お兄ちゃん…」と口では言うものの実はもっとして欲しくなっていた自分が居ました。

「遠慮するなよ♪お返しだよ(笑)一緒に気持ち良くなろうぜ!」

そう言うと兄は更にローションを手に出すと今度はお股を触って来ました。

私は濡れ難い方みたいで、いきなりこんなヌルヌルした感触を味わったのは初めてで思わず「あ~ん…」と声を出してしまい

「おっ!気持ちイイか?」と尋ねられ、もうここまでされたなら拒否しても仕方ないし正直もっとして欲しかったので

「うん…気持ちイイよ…あっ!」と兄にされるがままになりました。

すると兄は「じゃあ、風呂場で本格的にローションプレイしようぜっ!♪」と言って、私達は裸になり浴室へ向かいました。

浴室に入ると兄が「濡らすと余計にヌルヌルするんだ♪」と楽しそうにシャワーでお互いの身体を濡らし

再びローションの付いた手で私の身体を触り始めました。

後ろからオッパイとお股をそして膣にも指を入れてきて私は本気で気持ち良くなって

「あ~ん♪気持ちイイ~」と相手が兄で有る事を忘れ喘いでいました。

私が本気で気持ち良くなっているのを分かったのか、指の出し入れが激しくなって

何時の間にか一本だった指が二本になっていて膣(なか)をグチャグチャに掻き回され、とうとう私は逝ってしまいました。

兄の腕にしがみ付く様になると「逝っちゃったのか?」と聞かれ私は素直に「うん…」と小さい声でしたが

ハッキリと答えると兄は指を抜き後ろから股の間にオチンチンを挿し込んで素股?って言うのですか?を始めました。

それと同時にオッパイも揉みクリトリスはオチンチンで擦られオッパイは両手で揉まれ私は本気で気持ち良くなって来ていました。

「和美~気持ちいいぞぉ~和美は気持ちイイか?」と聞かれた私は「うん…はぁ…気持ち…イイ…よ…はぁ~」と答えるのがやっとの程、

興奮していました。

兄の腰の動きは規則正しく前後に動きクリトリスを刺激していましたが、

兄も段々興奮して来ていたのか徐々に腰の動きが激しくなってオチンチンが股から外れてしまう事が二回起こり、

その二回目に外れて戻す時、事件?事故?が起きました!(笑)

なんとローションのせいなのか兄は腰の動きだけで手を使わずに股の間にオチンチンを戻していたのですが、

それがなんと股の間ではなく膣内に挿入ってしまったのです!

それは一瞬の出来事でした。「あっ!」と大きな声を上げて仰け反っていました。

兄のオチンチンは一気に奥へと突き刺さり子宮口を叩いて来たのでした。

「あっと!ゴメンゴメン…直ぐ抜くから…」そう言って兄はオチンチンを抜こうとしたのですが、

久し振りのオチンチンの感触が堪らなく私は「ダメッ!抜かないでっ…」と叫んでいました。

すると「えっ!?いいのか?」と兄が尋ねるので

「うん…お願い、続けて…」と言うと

「でも生だぞ…」と心配していたので

「今日は大丈夫だから…お願い…最後までして…」と言うと兄もその気になったのか

「わかった!遠慮なくさせてもらうからな♪」と腰を再び振り始めました。

規則正しく打ち付けられていた腰が突然スピードを上げて激しくなったかと思えば、

ゆっくり、ネットリとした動きで膣(なか)を肉棒で掻きまわす様にされたり、

ピタッと腰を密着させて膣奥をオチンチンの先で上下左右に擦られたりと、

今まで経験した事の無い事を兄はしてくれて、これ程までにセックスが気持ちの良いモノだとは知らなかった事が兄により思い知らされ、

またこれ以上に気持ちの良いセックスが兄以外の男の人でも体験出来るのだろうか?

と言う疑問も同時に沸き起こったのも事実で、とにかく今はこの快感を思う存分味わおうと兄にされるがままの状態でいました。

そして何度逝かされたか分からない程にグチヤグチャになった頃、

ようやく兄もフィニッシュを向かえ「くっ!…あっ!…射精るっ!…射精るぞっ!和美っ射精るぞっ!」

そう言いながら腰の動きが激しくなり、私も何度目かの絶頂を向かえると、兄はそのまま私の膣奥に精子を注ぎ入れました。

浴室で兄妹が性器を繋いだまま暫く荒い息を整えている姿を想像してみてください。

そんな卑猥な姿を想像して興奮しない訳がありません(笑)

私達は立ちバック姿のまま余韻を楽しんでいました。

すると兄が「スゲー気持ち良かった♪こんなセックス初めてだっ!」と喜んで私をガッシリ抱いてくれました。

私も正直に「私も~超~気持ち良かったぁ~♪って、お兄ちゃん膣(なか)に出しちゃったでしょっ!?」と言うと

「えっ!?ダメだったのか?今日は安全日なんだろ?」と言うので「

確かに大丈夫な日だけど、それと中出しは別でしょ~」と言うと

「そうなんか?俺は生挿入OK!の時点で中出しOK!と受け取っているのだが…」

と言われて何も返す言葉が浮かばなかったので

「はぁ~…もういいよ…出しちゃったものはしょうがないし…私も気持ち良かったから(笑)って、何時まで繋がってるの?」と言うと

「お~そうだった、そうだった…」と、兄はゆっくりと腰を引き私から離れるとベチャッと言う音が浴室にコダマしました。

見ると床には兄の出した精子が広がっていて「うわぁ~イッパイ出たんだねぇ」と言うと

「そうだなぁ最近オナニーもしてなかったから溜まってたんだな(笑)」と笑って言っていました。

私達は一度シャワーで身体を洗い流していると兄のオチンチンが再び元気になったので

「お兄ちゃん凄いっ!もうカチンカチン!だよ♪」と兄のオチンチンを握りながら言うと

「何かなぁ和美とのセックスがスゲー興奮してさぁ~一回じゃ全然足りないんだよなぁ(笑)」と言うので

「私もこんなに気持ち良いエッチ初めてだったから…これってローションのお陰なのかな?」と尋ねる様に聞くと

「じゃあ今度はローション無しで確かめてみるか?」と言われたので「うんっ♪」と私は嬉しく返事をしていました。

私達は濡れた身体を拭くのもそこそこにベッドへと移動すると、

兄は私をベッドに押し倒す勢いで横たえると同時に唇を重ねてきました

既に興奮している兄は激しく唇を吸いそして舌を押しこんで来ました。

それに対して私は拒む事無く私からも舌を絡めて激しいキスを暫くの間していました。

最初こそ興奮していた私は頭の中は真っ白でしたが、暫くすると冷静になり

『お兄ちゃんってキスが上手いなぁ…そう言えば、お兄ちゃんとキスする前にエッチしたんだよね…フフッ』って何か可笑しくなって来て

「ブフッ!」とキスの途中で笑いが堪え切れなくて吹き出してしまうと

「なっ!何が可笑しいんだよっ!」と兄に突っ込まれたので

「ゴメン!ゴメン…フフっ♪だってね…私達キスする前にいきなりエッチしちゃったからさっ!こんなの初めてだし何か変な感じだなぁ~って思ったら可笑しくて(笑)」

と言い訳をすると

「そう言えば確かに…ハハッ(笑)」と兄も可笑しくなって二人して起き上がって暫く笑ってしまいました(笑

「でもさぁ~お兄ちゃんってキス上手だよねぇ~♪」

「そうかぁ?」

「うんっ!今までで一番上手いよっ!ほらっ!」

そう言って私は向かい合って座っている兄の右手を掴むと私は膝立ちになり自分の…おマンコに持って行き

中指を割れ目の中へ押し込んで

「もうこんなに濡れて来てる…私濡れ難いんだけどキスだけでこんなに濡れたのは初めてだから…」

そう言って私は自分から再びキスを求めて顔を近付けました。

すると兄もそれに応えてキスをしながら濡れている、おマンコをクチュクチュと音を立てながら弄り始めました。

溢れる液をクリトリスに塗しながらクリと膣(なか)を指で刺激をしてくれて

段々気持ち良くなって来た私は兄のオチンチンを掴みお互いに刺激し合いました。

兄も興奮して透明な液を溢れさせていたので私は握っている手の親指でそれを広げ塗すと、

もう片手の手の平でオチンチンの先っぽを包むように撫で回しました。

キスをしながら膝立ちのままお互いの性器を刺激し合っていましたが、

もう我慢出来ずに今度は私が兄を押し倒す格好でベッドに寝かすと、自分からオチンチンをおマンコに挿入していきました。

「あ~ん♪気持ちイイ~」こんな淫らな事を言いながらのエッチは正直初めてでした。

今までのエッチはどっちかって言うと、されるがままで気持ち良くても余り声は出さない感じで静かなものでしたが、

相手が実の兄であると言う事を思うと普通のエッチでは感じ得ない興奮がワキ起こり自分でも信じられない程大胆な行動を取っていました。

腰を前後に動かしクリトリスを擦り付ける様にするのが一番気持ち良くて、

時々回す様にするのも良くて、兄も私の動きに合わせて腰を動かしてくれて、

でも自分で動いてると絶頂までには達しなくて、

それを分かってくれたのか兄が対面騎上位から正上位の格好にして今度は兄から腰を激しく動かしてくれて、

あっと言う間逝ってしまいました。

それからは兄のペースで横向きでしてくれたり、松葉崩しをしてくれたり、

一度、対面騎上位にされてから回転させられて背面騎上位になり、そのままバックの体勢で何度か逝かされ、

すると突然兄は私から離れてしまい、『え!?終わりなの?』と思っていると、

私を仰向けに寝かし変えると再び繋がって来てくれて、キスをしながら腰を動かしてると兄も限界が来たらしく

「あー射精きそうだっ…和美っまた膣(なか)で射精すよっ!」

そう言って私の返事も待たないまま激しく動き始めて

「くっ!あっ…射精る…はっ!あっ!」

と兄が射精する直前、私が逝き朦朧とした意識の中、兄の動きが止まるのを感じて私は意識が無くなりました。

目が覚めて見ると兄の顔が目の前にあり、私の額から後ろに向かって髪を優しく撫でていました。

「あれ…私寝ちゃってた?」と聞くと

「寝てたって言うか気を失ってたみたいだ」と言うので

「えっ!どのくらい意識無かったの!?」と驚いて聞くと

「ほんの2~3分だよ(笑)」と笑いながら言ってくれました。

「じゃあ抜くよ…」そう言うと兄は身体を起こしてティッシュを数枚取ると重ねました。

その時まで私は未だ繋がったままで有る事に気付かずにいました。

重ねたティッシュを持った兄は、ゆっくりとオチンチンを抜いていき、

最後は素早く腰を引くと同時にティッシュを私の股の所に宛がいました。

すると「ゆっくり身体を起こして…」と兄に言われ兄の手を借りながら脚は大きく広げたまま身体を起こすと

「下っ腹に力入れてみて…」と兄に言われるまますると、膣奥からドロットした精子が溢れ出てティッシュの上に広がりました。

「うわぁ~またイッパイ出たねぇ~(笑)」と私は兄に言うと

「お~二発目とは思えない量だなぁ(笑)」と自分でも驚いていました。

そのティッシュを捨てると新たに取出し私のおマンコを綺麗に拭き取ってくれました。

逆に私が綺麗にしてあげようと「お兄ちゃんのも綺麗にしてあげるよ♪」と言うと

兄をベッドに立たせて少し萎えたオチンチンを口に含みチュパチュパと綺麗にしてあげました。

「ハイ!綺麗になったよ♪」「おおーサンキュ♪」

そう言って再びベッドに向かい合って座ると、

何か急に照れて来てしまい自分でも顔が紅くなっているのが分かるくらい暑くなっていたので

「あ~気絶する程、気持ちイイなんてどうしよう!」「どうする?(笑)」

と兄はニヤニヤと聞くので「

え~…」何て答えれば良いか分からなと困っていると

「で、どうよ?分かったの?気持ちが良い原因は?(笑)」と、

これまたニヤニヤとした顔で聞いてくるので「うんっ!分かったよっ♪」と、

これだけはハッキリしてたので自信タップリに言うと「ほぉ~で?やっぱりローションのせい?」と言われ

「違うよっ!気持ちイイのは…コレ…」と言いながら兄のオチンチンを指差しながら

「って言うかコレの持ち主のお兄ちゃんだからかな(笑)」そう言うと

「そっかぁ(笑)」と笑顔で答えてくれました。

これって変な事だと思うけど気持ちが良いのは事実で一度この快感を知ってしまった私は直ぐには辞められる自信が無く兄さえ良ければ、

この関係を続けたいと思い、目の前に居る兄を見ていると再びエッチな気持ちが湧き起こって

「ねぇ…まだ出来る?」と聞きながら私はオチンチンをそっと握って居ると

「お~和美がこんなに淫乱だったとはなぁ(笑)」とカラかうので

「違うよっ!こんな和美にしたのは、お兄ちゃんのコレのせいだよっ(笑)」と少し強く握ると

「おいおいっ!そんなに強く握ったら使いモノにならなくなるぞっ(笑)」と言われ

「それは困るっ(笑)コレにはこれからお世話になるんだから(笑)」と言うと

「よ~し!今日は帰らないで、このまま泊まってヤリまくるかっ!(笑)」と兄が言ってくれたので

「わ~い♪」と素直に喜びました。

「母さんには適当な事言って誤魔化せば大丈夫だろ(笑)」

実際、こう言う事(日帰りのつもりで出掛けて急遽、泊まって帰る)は何度かあったので、

母も何時もの事ぐらいにしか思わないだろうと、まさか自分の子供達がラブホテルで近親相姦しているなんて夢にも思わないだろうな…(苦笑)

その後はそれこそ朝までの勢いで、やり続けて兄は寝入る直前は何も出ず空撃ち状態でした(笑)

翌朝は一緒にシャワーを浴びながらバックからして、

帰りの車の中でも兄は運転中ですが私はオチンチンを弄って遊んでいました(笑)

その日から私達は両親や知人、友人に知られない様に近親相姦を楽しんでいます♪


PAGE TOP