義姉に無理やり挿入させられた【エロ体験】

俺が小学生の時に女癖の悪さに母親が家を出て行き、父親は、その時の付き合ってた愛人と再婚。
実の母より若い新しい母と3歳上の姉がやってきた。
新しい母親と義姉は同じ部屋で寝ていたが、父親は、新しい母親の部屋に行っては頑張り、毎日、声が外にまで漏れていた。
そんな姉も高校に上がるときには、さすがに同じ部屋では寝たくないらしく、かといって部屋はオヤジの部屋か俺の部屋しかなく、結局俺の部屋は二部屋分を一つにした大き目の部屋のため仕切りを作る事にして同じ部屋で寝るようになった。
それ以来ずっと姉と同じ部屋で過ごす俺は、義姉とは実の姉以上に仲が良く、義姉も俺のいろいろな所に出かけるぐらい仲が良かった。

そんな義姉が会社の飲み会で酔っ払って帰ってきて、ぐったりしたまま俺のベッドで寝てしまった。
その後、義姉が俺にキスをしてきて、そのままグッタリと寝込んでしまった。
結局その日は姉のベッドに寝る羽目になったが
内心うれしかった。

その晩、姉に包まれているような気分で眠りについた。
翌朝姉はなんで俺のベッドに寝てるのか覚えてなかった。
でも薄っすらと俺にキスをしたようなしてないような、はっきりとは覚えてはいないようだった。

それから数ヵ月後のゴールデンウィークに両親は、九州へ旅行へ出かけた。
両親か出かけている間、家には義姉と二人の生活。
晩食事の後、義姉がお風呂に入ったのを確認した後、こっそりと風呂場を覗いた。
ぼかしガラスに映る義姉の体のラインと肌の色。
股間が硬直して、我慢できなくなりドアを開けそうになった。
これ以上はやばいと思い、見つからないように風呂場を後にした。

一時間後義姉が風呂から上がりノーブラにパジャマ姿でリビングを歩き回っていた。
胸に浮かび上がる乳首、胸の谷間が見える胸元。
目のやり場に困っていると、「見たでしょ」と義姉。
「見るわけないじゃん、そんな貧乳」
「失礼な、Cカップの私に貧乳なんて」と言いながら目の前に胸を突き出してくる義姉。
ち・ち・乳首がポチッと目の前に・・・
「は・はい、はい、解りました、大きい大きい」
「あぁ全然思ってないでしょ」
「そんなの見てないんだから解るわけないじゃん」
「じゃぁほら触って御覧なさい」
俺の手を持ち自分の胸に押し当てた。
いい弾力の胸に触ると見るより結構大きく感じる。

慌てて手を外し「何するんだよぉ、あぁびっくりした」
「あれぇもしかして、した事無いんだぁ」
「な・何を言い出すかと思えば、した事ぐらいあるよぉだ」
「本当かなぁ」
「そんな事言ってたら、襲っちゃうぞ」
「そんな事出来ないくせに」
「言ったなぁ」冗談半分で後ろから抱き付いてソファに押し倒した。
笑いながら、ダメェと言いつつ反撃して押さえつけてくる義姉。
義姉に馬乗りに押さえ込まれてじゃれあっているとお互い疲れて、息を切らせると、上に乗った義姉がゆっくりと俺の唇に近づき唇を重ねてきた。

重ねた唇を少し離すと
「この前は、酔っててあまり覚えてなかったんだぁ」
と言うと、また唇を重ねてきて、舐めるように唇を重ねてきたと思うと舌を滑り込ませてきて舌を絡ませてきた。
「ねぇ誰とした事あるの?」
「えっ?義姉さんの知らない女性」
「嘘、誰!」
「本当だってば、」
「今その子と付き合ってるの?」
「ううん、別れた、でもキスはした事あるよ」
「えっ?キスだけ?な~んだ、へぇ子供なんだぁ」
「うるさい」おもむろに下から胸を鷲掴むと両手でかばう義姉。
「やったなぁ」と抱きついてきたと思うと首筋に吸いついてきて首から耳たぶと舐めてきて耳の中に舌を入れてきて、すごくこそばゆくゾクゾクっとした。

顔を振り「くすぐったい」と舌から逃げると
「ダメ、さっきお風呂覗いた罰」
「えっ?」
「知らないと思ったんでしょ、影見えてたんだよ、エッチ、お父さんに言っちゃおうかなぁ」
義姉の手がズボンに伸びベルトを外しずり下ろされ、下着一枚にされると、義姉の手は、休むことなく下着の中へと滑り込ん容赦なく息子を握り、下着から無理やり出さされしごき始めた。
服をズリ上げられ乳首に舐めながらしごき続ける義姉。
「いっ逝く」と同時に、義姉の白い手にザー汁をぶちまけた。

「もぉこんなに出しちゃって、溜まってたんだぁ」
そういいながら、発射しても硬直したままのチムポをゆっくりとしゃぶり始め、「すごい、逝っちゃったのに元気なんだぁ」
音を立てながらしゃぶる姿に一層硬直させると、息も荒げながら「ねぇ、して、ちょうだい」といいながら硬直したチムポを自分のマムコの奥へと滑り込ませると、体を反らせながら、声を上げ感じていた。

チムポが子宮に当たると、ビクッと体を痙攣させると
「うっ!あっぁ、いい、当たっちゃう」
といいながらもまた腰を押し当ててきては、子宮に当たるたび、声を上げ
「いい、すごい当たってるの」
義姉の腰を抑え前後に動かすと
「あぁダメ逝っちゃう、いいの、ダメお願いあぁぁすごいすごいの出ちゃう、ダメ出ちゃうお願いあぁぁ」
言い終わるやグッタリと倒れこんできたと思うと、股間に生温かいお漏らしをしたような感じがしたと思うと義姉のマムコからベットリとマン汁が溢れ流れ股間を濡らしていた。


PAGE TOP