巨乳で豊満な担任女教師とのエッチ体験【エロ体験】

生徒と先生と言っても 15年ほど前です。

三十半ばの 巨乳で豊満な恭子先生で 俺の憧れでした。

俺達が卒業した年、先生は転勤に成り 年賀状だけの付き合いでした!

年賀状には 短い近況報告を書き添え、俺は小さな板金工場を始めた事!

先生からは 結婚した事 数年して 結婚失敗、離婚しました!とか、

一昨年前に 先生から暑中ハガキが届き、

今年 中学に校長として 帰って来ました、良かったら遊びに来てね!

と 書き添えられてました。

住所を見ると 町営住宅でした!

学校は夏休み!
住所の住宅に 夕方行くと!

「正雄君 随分 大人に成って(笑)」

「先生 もう 俺三十なんだぜ(笑)」

「そうよね! 私も 五十過ぎたものね(笑) 立ち話も何だし 入って(笑)」

先に入る先生の 大きな尻は益々 大きく成ったみたいでした!

オッパイは大きく トップは下がった感じで 垂れてるのが判り 腹も出て中年の魅力が溢れてました!

「先生 子供は?」

「出来無かったのよ(笑)…正雄君 結婚は?」

「まだ 結婚どころじゃ無いよ(笑)」

先生のトラウマが有ったのか?

四〜六十代の豊満なオバサン達と遣ってたので 結婚どころじゃ無かったのです!

暫く 想いで話をしてると!

「正雄君 工場を遣ってるの?…見たいわね!」

車に乗せ 家に連れて行きました。

「小さな町工場だよ(笑)」

「車の板金ね! 立派じゃない!」

「板金だけじゃ無く タイヤ バッテリーも 扱ってるから、先生の車も面倒見るよ(笑)」

「そう! じゃ お願いしようかな(笑)…お母さんは? お母さんと2人暮らしだったわよね!」

「五年前に亡くなったんだよ!」

「あっ そうなの…線香 上げさせてくれる…」

「じゃ 中へ…」

線香を上げて貰い、

「先生 中年時代の連中 何人か居るから プチ同窓会やらない?」

「いいわね〜(笑)」

「清は寿司屋で働いてるから ソコでも良いし! 家でも良いし!」

「清君の お店で遣ったら 清君 仕事に成っちゃうんじゃない?」

「そうだね! じゃ 清の処から 寿司と刺身を取り 家でやろうか?(笑)」

みんな仕事が有るから、明日か明後日の夕方からで 先生は良い?」

「良いわよ(笑)」

「じゃ 後で連絡するから 先生の 番号とアドレス 教えてくれない!」

先生とメアドを交換して、先生を送って行きました。

助手席の先生!

巨乳に タップリ肉の載った 腹と太腿! 先生の体臭に チンポは痛いくらいに勃起して仕舞いました。

先生を降ろすと!

何人かのオバサンに電話!

還暦間近のオバサンが捕まりました。

帰りにオバサンを拾い 家に連れて行き、先生を思い出し 豊満なオバサンを遣り捲りました。

「ちょっと 正雄ちゃん…今日は 凄いよ…アッ イイョ〜」

オバサンのマンコに射精し捲り!ました。

声を掛けると 清を含め7人がOK!

先生に 3日後に決まったと電話すると 先生も了解してくれました。

清を迎えに行き 家に着くと もう みんなが来て居て、生ビールのサーバーも カラオケも セッティングしてました。

「それじゃ 先生 迎えに行って来るから!」

住宅に行くと!

「正雄君…みんな どんな格好で来て居た?」

「Tシャツと短パンか ジーンズだよ!」

「じゃ そんなに改まった格好じゃ無くて 良いわね!」

出て来た先生は、白の半袖ブラウスに 淡いブルーのスカート姿でした!

良く見ると スカートの中に 意外と小さなパンティが 透けて見えます!

先生が着くと 後は 飲めや歌えの宴会でした。

奥さんが迎えに来る者や タクシーを呼んで帰る者!

先生も酔ってましたが、

「ちょっと 片付けてから 後でタクシーで帰るから(笑) みんな 気をつけて帰るのよ(笑)」

「先生 お願いしま〜す…」

片付け 洗い終わると、

「先生 もう少し 飲もうか?」

「そうね(笑)」

飲みながら 先生を見てると!

小さなパンティが 尻から摺り落ち 太腿で止まってるのが判りました。

我慢出来ず!

「先生…中年の時から…」

「何?(笑)」

「先生が 好きだった」

先生を押し倒し パンティを毟り取りました!

「ちょっと…正雄君 何するの…」

スカートを捲り 股を大きく押し広げ、マンコにシャブり着き 舐め回すと!

「正雄君…止めて…」

頭を押し マンコから離そうとしますが、抵抗は徐々に弱く成り

先生のマンコは 唾液と淫汁?で ヌルヌルに成り、

片手で短パンとパンツを下げて 勃起したチンポを先生のマンコに突き入れました。

「ダメよ…正雄君…先生は…五十過ぎた…アッ…オバサン…よ…アッアッ…」

「構わ無いよ…年なんか…」

突きながら ブラウスのボタンを外し ブラジャーを下げ オッパイを引っ張り出すと!

想ってた以上の 爆乳でした。

突きながら オッパイを鷲掴みに乳首を舐めたり吸ったり!

「ダメ…アッアッ… 正雄君は…私のアッ…教え子…なのよ アァ〜…」

強く突くと、

「アッ ダメ…アァ〜イィ…」

結合部からは ネチャッ ネチャッと音がして 明らかに 淫汁が溢れてる音がしてました。

スカートに垂れるとマズいと思い、尻を持ち上げ スカートを腰まで上げました。

ブラウスを脱がせ ブラジャーを取る頃には 無抵抗な先生でした!

スカートのファスナーを下げ チンポを抜き、

「先生 お尻 上げて…」

「ダメよ…アッ ダメ…」

と 言いながらも 尻を浮かせる先生!

スカートを脱がせ、俺もTシャツを脱ぎ捨て 素っ裸に成り 又 先生に挿入!

「アァ〜 先生…最高だよ…」

腰を振り オッパイを弄り 先生の口を貪ると、先生も舌を絡めて来ました。

「ウッ…ダメょ…アァ〜 イィ…イィ… ダメ…ダメ アッ イィ…イクイク…

 アァ〜イック〜……アッ アッ アァ〜」

「先生 俺も…」

「ダメ…ダメョ…アァ〜イク〜」

「先生…アッ…」

先生の中に射精しました。

「ウッ…ウッ…ウッ…」

暫く先生に覆い被さってましたが!

チンポを抜くと 先生のマンコから ダラダラと精液が垂れ落ちました。

ティッシュでマンコを拭いて遣り!

「先生…向こうに行こ!」

「ダメだったら…いけないわ…」

手を引くと、体を起こし 寝室に着いて来ました。

ベットに寝かせ オッパイに貪り着くと、

「ほんとに…ダメだったら…ウッ…ウッ… アッ アァ〜」

全身を舐め回し 正常位で挿入!

「アァ〜 アァ〜 アァ〜」

後ろからも

「アァ〜 ウッウッウゥゥゥウゥゥゥ…」

体をヒクつかせ 何度も逝ってた先生!

正常位に戻り 体を震わし逝く先生に射精!

先生から降り、酔いも有り眠って仕舞いました。

明け方 ハッと目を覚ましました!

すると 先生は俺を ジーっと見てました!

「先生…眠ら無かったの?…」

「ズーっと 正雄君を見てたの…」

「何で?」

「結婚した時も こんなに気持ち良い事 無かったから…私も まだ 女なんだな〜って!

 …こんな オバサンだけど…正雄君 まだ 私を抱いてくれるの?」

「当たり前じゃないか!…先生は 俺の初恋の人だもの…先生と出来て 最高だよ!」

「ありがとう…私 上手く無いよ…」

チュッ とキスすると、布団の中に潜り込んで チンポをシャブり出しました。

「アッ…先生 気持ち いいよ…」

チンポは直ぐに勃起しました!

先生は俺の上に乗り 布団から顔を出し チンポをマンコに入れ!

「正雄君…私の 気持ち いい?…」

「今までの女で…先生が 1番 気持ちいいよ…」

先生は ゆっくり腰を上下させ始め、

「こうすると 気持ち いいの?…」

「先生が 気持ちいい様に 動いたら 俺 1番 気持ちいいよ…」

体を起こし 尻を振り出した先生…下から見る先生は オッパイがゆれ

脇腹 腹と ユッサユッサ揺れ 素晴らしい物でした。

「先生…綺麗だよ…」

「こんな 太った体が?…」

「最高だよ…」

下から突き上げると、

「アッ アッ アァ〜 正雄君…き 気持ち イィ〜 アッアッアッ…イクイク…」

「先生…後ろから するよ…」

四つん這いにして 後ろから挿入! 突きながら、

「大きな お尻も 最高だよ…先生!」

「アッアッ 又イク…アァ〜イィ〜」

正常位にして 両足を担ぎ上げて 激しく突くと!

「アッアッアッ凄い凄いよ 正雄君 逝っちゃう 逝っちゃう〜」

「先生…又 中に出すよ…アッアァ〜でる…」

「少し眠っていい?…」

そのまま 先生は眠って仕舞い、俺も又 眠って仕舞いました。

外に車が止まる音で目が覚めました!

ビールサーバーを取りに来たのです。

鍵を掛けて無いのに気づき、急いで居間に行き 脱ぎ散らかした物を拾い 寝室に戻った時!

「まだ 寝てるのか〜」

と 居間に入って来ました!

間一髪でした。

拾い集めた中から 短パンとTシャツを着け、

「あぁ…すまない!」

「何だこりゃ?…女物じゃないか!」

と 先生のパンティを広げて見てました!

急いで取り上げると、

「女 連れ込んでるな!(笑)」

「良いから 早く持って帰れよ!」

「わかったよ…お取り込み中 失礼しましたね…ごゆっくり(笑)」

と 寝室に向かって叫んで帰りました。

寝室に行くと!

「今の誰?」

「隆史だよ…」

「あっ 昨日の挨拶しないと…」

「先生…でちゃダメだろう!先生が泊まったのバレるし…パンティまで脱いでるんだから!

 SEXしたのもバレるだろ!」

「あっ そうね(笑)」

「まず ベタベタだから 風呂に入ろうよ!…」

先生の体を洗い、マンコ洗うと

「アアァ〜ッ…正雄君…そんなとこに…指 入れたら…アッアァ〜…」

「先生だって…扱くから…又勃っちゃったよ!」

風呂場でバックで抱き合い片足持ち上げ膣射精!

送って行きました。

翌日 工場で仕事をしてると、昼前に 先生が遣って来ました。

「正雄君 こんにちわ!仕事頑張ってるわね!(笑)」

昼食を作ってくれ、午後からは 家の中を片付けたり 洗濯までしてくれてました。

仕事が一段落して 家に入ると!

見違える様に綺麗に成ってました。

「随分 散らかってたわよ(笑)」

「1人暮らしだから…アッ 洗濯まで…すいません!(笑)」

「御飯も 炊いて置いたから!」

「何か 申し訳無いな〜!…先生の車 タイヤ ヒビ割れしてたよ! 在庫有るから 取り替えて上げるよ!」

工場で タイヤ交換してる所に、隆史が来て

「先生 来てたの? 昨日は楽しかったね(笑)」

「隆史君…昨日は ありがとう(笑) 今日は どうしたの?」

「カラオケの機械 使いたいって奴が居て、取りに来たんだよ!…先生は?」

「タイヤ 取り替えて貰ってるの!…それに お嫁さん 世話しないとね って話ししてた所(笑)」

「そうだよな!…正雄 機械 持って行くぞ!」

「ああ 勝手に持って行け…」

カラオケの機械を車に積み!

「正雄…家の中 片付いてるじゃ無いか?…昨日 泊まった女か?(笑)」

「良いじゃないか!」

「先生 先生…ちょっと…嫁さん何か 世話する必要 無いよ(笑)  …昨日 皆が帰った後 女を引っ張り込んでたんだから(笑)」

「えっ 隆史君 分かるの?」

「今朝ね! 生ビールの機械を取りに来たら、居間に女のパンティが 落ちてたんだよね!(笑)

 …家の中 片付けたの その女でしょ(笑)朝まだ居た様だったし(笑)」

「バカな事 言って無いで!…早く 機械持って行けよ!待ってんだろ!」

「分かったよ!…じゃ 先生! 又 皆で飲もうね(笑)」

隆史が帰り、タイヤ交換も終わる!

「どうりで 帰る時 パンティが無かったはずだわ!…ねぇ パンティ何処にやったの?」

「えっ…あっ! 今朝履いてた 短パンのポケット!」

洗濯し干してた短パンのポケットに 先生のパンティが入ってました。

「先生 ノーパンで帰っての?」

「だって 何処探しても 無いんだもの(笑)…さっ! 夕食も作って上げるね!(笑)」

「じゃ 風呂でも 洗おうかな?…」

「お風呂は 洗って有るから お湯入れたら 入れるわよ!」

給湯のスイッチを入れ、台所に行き、

「先生 何か手伝おうか?…」

「大丈夫(笑) 向こうで 待ってて 直ぐ出来るから(笑)」

居間で 先生のパンティを伸ばしたり広げたり 明かりに透かしたり 匂いを嗅いだりしてると!

台所から それを見て、

「ちょっと!正雄君…私のパンティ…」

「先生…いつも こんな小さなパンティ 履いてるの?…」

「夏場だけよ(笑) でも それ ちょっと小さ過ぎて 先生こんな お尻でしょ!(笑)

 動いてるウチに少しずつ 下がって来るのよね(笑)」

「あぁ…それで! 先生の お尻見てたら 少しずつ 下がって来てたから!…」

「えっ〜 正雄君 先生のお尻 見てたの?…ヤダわ〜(笑)…ハイ 出来ましたよ!」

手料理をテーブルに並べ、

「ほらっ 先生のパンティ返して!(笑)」

食べながら、

「正雄君…先生に憧れた何て 嘘でしょう(笑)」

「本当だょ! 先生 優しかったし…先生が後ろから勉強 教えてくれる時

 …先生のオッパイが 肩や頭に当たり…その時…チンポ勃起させてたんだよ!」

「えっ そ〜なの?…他の子は 私の事、デブとかババアって言ってたけど…

 正雄君は 良く お喋りしてくれたし…可愛かったから つい押し付けてたかも(笑)」

「でも 先生が こんな小さなパンティ着けてる何て 思わなかったな!(笑)」

「だからぁ…夏場だけって 言ったでしょ(笑)」

「じゃ 今日も?…」

先生のスカートを捲ると!

「先生…パンティじゃ無いよ これ!…紐だよ(笑)」

「ちょっと…止めなさい…」

「スゲ〜!…マンコに食い込んでる!…」

「ちょっと…そんなに見無いで…」

食い込んだ所を引っ張ると ネト〜っと糸を引き!

「先生…凄い濡れてるよ…」

チンポはガチガチに勃起してました。

我慢出来なく成り 立ち上がり裸に成りましたが、先生は裸に成る俺を 黙って見てました!

少し開いた 先生の脚の間に屈むと!

先生の方から大きく股を広げ 迎えてくれ そのまま紐をずらし挿し込みました!

「ウッウゥッ…」

「先生…」

先生の腕が 首に巻き付いたと思ったら 引き寄せられキスをされ

先生が舌を絡めて来て 激しく舐め吸われました!

前の先生とは 全くの別人でした。

「ン〜ン…正雄君…正雄君…もっと盛ってぇ…」

腰を振りながら Tシャツを捲り ノーブラのオッパイに貪り着き!

「先生…最高だよ…」

「イイヮ〜 正雄君 凄いよ〜…」

先生のTシャツを剥ぎ取り 体を離すと スカートを脱がし 四つん這いにして 突き入れました。

大きな尻に ズレた紐パンが凄くエロかった!

夕食そっち退けで 先生も俺も無我夢中で愛し合いました!

「アァ〜 先生 最高だ…好きだよ…」

「私も…私も好きよ…アッアッアァ〜 イイ…逝っちゃう…お願い…もっと して〜ぇ…」

「アッアッアッ…先生!」

先生の両太腿を抱え 激しく突いてました!

居間には 先生の喘ぎ声と バンバンバンバン肌が ぶつかる音がしてました。

「アッアッアッ…先生 出る…」

「ちょうだい…正雄君の 精子…いっぱい ちょうだい…アッアッ イク…アァ〜イク〜」

先生と抱き合い 口を貪りながら 先生のマンコにチンポを激しく打ち込み 射精しました。

「アッ アァ…アァ…好きよ…正雄君が…初めて こんなに人を 好きになったの…」

「俺も…」

「SEXも…こんなに 良いの 初めて…凄く幸せ!…(笑)」

「今までの女で 先生が1番 良いよ(笑)」

「先生…こんな太った オバサンよ…(笑)」

「そこが 良いんだよ!…年なんて関係無いよ…先生 此処に引っ越し来なよ!」

「そうも 行かないでしょ(笑)…夕飯 冷めたね! 温めるから 降りて(笑)」

「今夜も 泊まって行くんだろ?」

「そんなに 続けて泊まれ無いわよ…正雄君に迷惑かけるから…」

「泊まってか無いと 離れ無いよ!」

と キツく抱きしめました。

「分かった 分かったから!(笑)…シャワー浴びて 夕飯にしましょ(笑)」

チンポを抜くと 精液が流れ落ち、

「アァァ…こんなに 出してくれたの?…(笑)」

ティッシュを当て チンポを舐めてくれ!

股を拭き 零れた精液を拭くと、紐パンを脱いでました。

シャワーを浴びて居間に戻ると

「ちょっと これ 借りるわね(笑)」

と 部屋に干して有った 俺のTシャツを着て、味噌汁を温め直してましたが!

大きな尻が半分出てました。

「Tシャツだけの先生も 又良いね(笑)」

「余り見無いでよ(笑)」

夕飯を食べると、何気なくチンポに触る先生!

食べ終わる頃には 又 チンポが勃起して仕舞い!

「もう こんなにして!(笑)…正雄君 若いから 仕方無いわね(笑)

 …片付けは後にして ベットに行きましょ!」

Tシャツを脱がされ、先生に手を引っ張られてベットへ!

俺をベットに押し倒すと チンポにシャブリ着き!

「凄いわ…」

上に乗り チンポを ヌルッと嵌めると Tシャツを脱ぎ捨て、尻を振り!

「アッ アァ〜 イイヮ…アッアッ…」

何度も逝く先生でした。

先生は仕事柄 夏休みでも 忙しい様でした!

それでも 何も無い日は 家に来て 炊事洗濯掃除と世話をしてくれました。

仕事が有っても 夕方に家に来る様に成り、鍵を渡してたので 出張が有った日!

「向こうに泊まって 朝 帰る事に成るわね…」

と 言ってた先生!

風呂から上がり、裸でタオルケットを腹に掛け、

「今頃…先生 何やってるかな〜?」

と チンポを扱いてる内に寝入ってました。

寝室に 先生が入って来たのに 目が覚めると、

「ごめんなさい 起こしちゃった?」

「あれっ? 泊まりじゃ なかったの?」

「最終の新幹線に間に合ったから 帰って来ちゃった(笑)」

と 脱ぎ始めました。

脱いでる先生を見ると 大きなパンティにストッキング!

「そんな 大きなパンティも履くんだ?」

「出先で 事故にでも在って、こんなオバサンが紐パン履いてたら 変に思われるでしょ(笑)」

裸に成ると 抱き着いて来て タオルケットの中に手を入れ!チンポを握って

「パンツ…履いて無いの?」

「風呂上がり 先生を思い扱いてたら、そのまま 寝ちゃった(笑)…」

先生の手の中でチンポはムクムクと勃起!

ソッと 先生のマンコに触ると!

ヌルッと してました!

「アッ…」

後は 一心不乱に絡み合いました。

夏休みが終わる頃には 先生は住宅に寄るだけで 家から通勤?通学する様に成ってました。

遣りたがりの先生!

俺が Tシャツとパンツで寝てると!

「正雄君…寝る時 裸で居てよ…」

と! 寝る時 素っ裸が、2人の間で 暗黙のルールに成りました。

それでも いつも仲が良いワケでも無く、初めて 喧嘩した時!

言い争いに成り 直ぐ口を聞かなく成りました!

それでも 寝る時は裸!

手が触れ合うと、遣りたがりな俺に 遣られたがりな先生!

「正雄君…」

「ごめん!…」「先生…悪かったわ!…」

先生に覆い被さると 先生ら股の間に割って入り、

「俺 意地に成って…」

怒りが治まった分 チンポが怒り 激しく勃起!

先生はM字に脚を持ち上げ チンポを掴み マンコに押し当てると、マンコは濡れてました!

「先生の方こそ…ごめんね…」

「うん…」

と 嵌め込み、仲直り!

明らかに俺が悪く、

「顔も見たく無い!」

と 言われた時は 先生の尻を持ち上げ 後ろから!

裸で寝る時は 些細な事ですから、簡単に仲直り出来ます!

そんなこんなでも 毎日SEXして 冬休みに入りました。

俺と関係した時には、先生 閉経間近だった様で!

冬休み前でした、1回SEXが終わり ベットでタバコを吸ってると!

「ねぇ 正雄君…」

「何?」

チンポを弄りながら

「先生ね…女じゃ無くなったみたい…」

「何バカ言ってるの、今 SEXしたばかりじゃないか! それとも チンチンでも生えて来た?(笑)」

「違うわよ〜(笑)…閉経した様なの!…」

「上がっちゃったの!…」

「前から 生理が 遅れたりしてたけど…最近 全然 無いの!」

「そうなんだ?」

その日は 又 SEXして終わりました。

その頃 先生は毎日 家に来ては 俺と淫らに愛し合ってました。

冬休みに入ると、お腹に違和感が有ると 婦人科に行って来た様でした!

いつもの様にSEXして 先生に射精すると!

「先生が 正雄君の子を 妊娠出来たら…」

「出来たら 良いのにね!」

「ねぇ…妊娠したら…欲しい?」

「欲しいけどね(笑)」

「ほんとに?」

「先生と俺の子…欲しいけど 無理だもんな!」

何か 言い難そうにしてた先生が!

「正雄君…実はね…先生 閉経じゃ無く…妊娠してたの!…」

「えっ 妊娠!…」

「大丈夫!大丈夫よ…堕すから…この年で 正雄君の子 産めないの 分かってるから…」

「なんで!堕すなんて…先生が俺の担任に成ったのも 俺と再会して男と女に成ったのも 縁だよ!

 …妊娠も そうだよ!…先生の体が大丈夫なら…産んで欲しい!」

先生は 目から 涙をボロボロ流し!

「ほんと?…先生 ほんとに産むわよ…」

「そうだな…? まず 籍を入れなくちゃな(笑)」

「籍って 正雄君…」

「校長先生が 未婚の母じゃ 周りにマズいじゃないか(笑)」

閉経間近の生理不順の中、命中しました!

それから直ぐ 籍を入れ 引っ越し、 友人だけで集め 家で小さな披露宴をやりました。

隆史が!

「あの時 部屋に落ちてたパンティって 先生のだったのかよ(笑)」

「ま…ま〜な」

「正雄の 年上好きも ここまでとわ(笑)」

妊娠の事は伏せてました。

冬休みが終わり 始業式の時! 全校生徒の前で

「冬休みの間に 先生 結婚しました!(笑)」

と 発表したそうです!

先生も妊娠の事は伏せてましたが、教員達も ビックリしてたそうです。

それでも 呼び方は 先生に正雄君のまま 今でも 続いてます!


PAGE TOP