出会い系サイトに嵌まって半年、8人とセックスしました【エロ体験】

出会い系サイトに嵌まって半年、

それこそ嘘もありですが、

20名中で8名とは性交しました。

最近では女子大生で、

岩手県の盛岡から来ているA女子大学の3年生と知り合いました。

僕の自分の評価も大袈裟なんですが、

ソープランドのお嬢さんをイカセテいますと、

書いたのが気に入りメールを呉れたのです。

彼女は恋人がいるらしいのに、相手のSEXの腕が下手で、

自分本位でラブホや彼のマンションでセックスをしても、

自分だけがイキ、彼女に快感を与えないらしいのです。

一度でいいから本物の快感のあるSEXをしてみたいという希望でした。

休日の新宿の喫茶店で会い、

お昼ごはんを近くのイタメシ屋で食べて、

デパ地下で飲み物を買ってから、

近くのラブホに行きました。

年齢は35歳と偽っていますが、

本当は42歳で妻と子供もいます。

ジムで鍛えているのは本当で、

腹筋は五段に別れています。

ペニスもジムのお風呂で比べると、

まあ普通以上かなあと思います。

今までの出会い系の報告をしまして、

大概の人をイカセたという話をしました。

ラブホに入ると、

いきなり濃厚なキスをされました。

お互いに洋服を脱がして、

段々と全裸になりました。

彼女も覚悟してきたので、

家でシャワーを浴びてきたそうです。

僕は妻の手前、

朝からお風呂にも入れずチンポだけは、

皮を剥いて滓は着けずに来ました。

全裸になりシャワーだけは浴びようと二人で浴室に行きました。

黒いマットが敷いてあり、

そこで泡ソープをつけて抱き合いました。

両手でそっと女の神秘を押し開きました。

蜜液が溢れてサーモンピンクの膣壁が見えました。

亀裂が長いです。

長い亀裂を両側から保護するように、

薄い褐色の壁が取り囲んでいました。

開いた足の間を探るように指を走らせました。

貝肉の割れ目からは、

トロリとした甘い淫臭を放って、

しとどに濡れて二枚のビラつきの中に指を挿入しました。

熱を称えた沼のぬかるみの中を、

掻きまわす様に指を動かしました。

「うっ、うぐうぐう〜、ううううううっ」

彼女の身体が仰け反ります。

両手で彼女の股を開き、

その間に膝を割り込ませて、

その細い足首を掴んで左右に強引に開きました。

クレヴァスに沿って指をころがし、

クリトリスの感触を、

まとわりつく小陰唇の温かい沼を唇で確かめます。

「ううううっ、あああっ、いいいい〜」

声が呻きに変わり息が止まります。

彼女の仰け反る裸体は凄く奇麗で、

90㎝の大きな乳房がゆらゆらと揺れます。

両手で乳房を鷲掴みにして、

膨らみは手に余るぐらいに大きく、

乳首はすでに硬くなって突き出しています。

カブリとオッパイの先の乳首を噛んでやると、

「アッ」と思わず声が漏れます。

シックスナインのスタイルでお互いの陰部を舐め合います。

僕のデカマラに彼女は驚いたようです。

「でかすぎるよ〜、こんなのは無理よ〜、入らないよ〜」

と言いながらも口の中に飲み込もうとしています。

僕は彼女のクリちゃんをしっかりと舐めまくり、

お尻の穴から膣までの間をそっと舐めました。

「ああこれがソープランドのテクなのね」

と感心しきりです。

本人がそう思うのならそれでいいでしょう。

表向きにさせて、

青筋を立ててそびえる肉棒を、

そっと膣に宛がい膣の中に挿入させました。

「あああ、凄いよ〜、こんなの初めてだよ〜、凄すぎるよ〜」

根元まできっちりと挿入されて

子宮口に亀頭が当たっています。

暫くはピストン運動を休んで、

彼女のマンコの熱さを味わっていました。

暫くするとむず痒いのか、

膣の壁を絞めてきます、

奥から入り口まで段々と絞めてくるから

陰茎が動かせません。

「あああっ、凄いよ〜、もう私ダメみたいよ〜、イっちゃうから〜、ダメ死ぬよ〜」

と絶叫しています。

ぬかるんだ肉壁が肉棒を締め付ける感触に、

僕も思わず

「おおおうっ」

と声を上げてしまいました。

彼女はそれまでに軽く2,3回はアクメに達しています。

「はあ〜また逝っちゃうよ〜」

と本当のエクスタシーで痙攣が始まりました。

埋められた男根もきゅうきゅうと締めつける、

膣の壁に激しく反応しました。

精液が淫嚢から亀頭に向かって迸り出ます。

熱い塊がせり上がり、限界の男の汁を放出していきます。

「くくうっ、俺も出すぞ〜」

二人は同時にエクスタシーに身を任せていました。

「貴方って本当に人間なの?宇宙から来た性交マンじゃないの」

本当に生まれて初めての満足らしく、

「本当はあまり信じていなかったのに、こんな人もいるのね、十分に満足したよ」

恋人と別れて僕と一緒になりたいというのです。

「実は結婚してて、ごめんね、でもこんなセックスで良ければ週一でしてあげるよ」

物凄い勢いで唇にキスされました。

「本当にね、約束してよ、本当は夏休みで明日帰る積りだったけど、帰省しないでオジサンの連絡を待つわ」

というので

「ダメだよ、帰って両親に会いなさい」

「ラインを教えるから毎日卑猥なマンコ話でもしようよ」

と言い、お互いの性器をアップで写して別れました。





PAGE TOP