友第が寝てる横で看護婦とセックスした出会い系H体験【エッチな体験談】

例によって、メールで引っ掛けた看護婦。

友達→友達へ回して、2対2で遊ぶ。

また例により、その子んちで家飲み。

病院って、出会いないらしく、相当飢えてるのか王様ゲームもノリがいい。

ほとんどOKだった。

久々に楽しい夜。

何回か遊んで、仲良くなった。

俺と友達と、俺狙ってた子だけになる時があったその日、オールで飲んだりして家の主の子だけ出勤。

何回か遊んで、いい感じだったけど、チャンスがなかった。

友達いるし。

でも、一人は出勤、俺の友達は寝てる。

ヘタレな俺はその狙ってる子を目覚めさせ、ベッドに持ってくのに小一時間はかかったと思う。

その間、撫でたり突ついたり、未確認生物に触れる先住民状態。

ちなみにその子は色白で天然な感じ。

何より巨乳ッス。

まずは髪を撫でる。

これは髪フェチの俺には必須。

んで、やっぱ腕まくら。

自然と距離は近くなる。

んで、話しながら、いいムードへ。

相手に同意を求め、了解を得る。

激しくディープキス。

俺、久々っていうのもありかなり激しかった。

すぐ横に友達寝てるから、大きな声出せなくて、ガマンする女の子。

でも、声出ちゃうみたいな。

そしてとびきりの美乳とご対面。

色はちょっと黒かったけど、乳輪は小さい。

でも、顔がタイプだったし、久々の俺と、俺のオレである部分はそんなのお構いなし。

優しく愛撫。

口でも積極的にしてくれた。

しかも、うまい。

恥ずかしがりながら、胸を隠してた。

優しく手をどける。

それでも、何回も隠してきた。

かわいくなってきて、ワザとどうしたの?って聞いたりして。

相手の気にしてる部分を重点的に攻めた。

乳首にはあえていかず、乳輪を舌先だけで舐める。

触れるか触れない程度に。

焦らしに焦らし、最後に乳首へ移行。

それからはもう本能のままに。

その後は、家の主の子のゴムを勝手に拝借w

万が一、友達起きた時に備え、布団を被ったまま挿入…が、次第に暑くなってきた。

もう少しで果てようかとしたその頃、ふと、目線を寝てるはずの友達に向けた。

友達、寝ぼけまなこで起床。

俺と目が合う。

……

沈黙の後、ゆっくりと寝た状態に戻る友達。

握り締めた手の親指を立て、俺へ無言のアピール(やったね!)。

女の子は気付いたなかったし、俺もその程度では萎えない。

かなり頂に達しようとしてたので、何事もなかったかのように続きを始める俺。

後で友人に聞いたところ、ヘタレな俺のイメージを覆す程、激しくセックスしていたらしい。

何よりハメ撮りまでしていたのに驚いていたよ。


PAGE TOP