旦那さんが単身赴任中の人妻と【エロ体験談】

先日、とある出会い系サイトで,
新しく登録した女性がいました。

掲示板には「はじめまして よろしくお願いします♪」だけ。

ひとまずお声がけをしたら返信が来ました。

「旦那とは事情で別居中です。大丈夫ですか?」

大丈夫というか,大歓迎じゃないですか(笑)。

何かと理由をつけて直メに変更,
そこからどんどんと会話が進んでいきました。

隣県にお住まいの30代前半人妻さん。
子供は1人。旦那さんは単身赴任中。

サイトでの登録では目的としてえっちなことが書かれていたので,
そちらの方面に会話はもちろん進みます。

いずれ機会を見て都合をあわせて会いましょう,
ということになりました。

時々電話もしてもらえて,
向こうはどんどんと「会いたい」という気持ちが増幅
されていってるようでした。

メールはほぼ毎日10通以上,
ハートマークも入ったりで完全に恋人気分です。

やっとお互いの都合があい,
翌週にお会いしようとなったその矢先,急転直下の
事態がやってきます。

ご主人さんが急に戻ってこられたのです。

地元での仕事が入ったとのことで,
自宅から通勤するようになったそうです。

当然お会いする予定は延期。

とりあえずメールで話を続けて機会を再度伺うことにしました。

そんな話をする中,
そのかたのご主人さんに対する小言が出てきました。

要するに,夜の行為の形態が異常趣味なんだそうです。
簡単に言うとSMです。
v 普通の行為ならまだ受け入れられるけど,
縛られたり,目隠しされたり,
そんなことをされるのが非常にいやなんだ…,と。

嫌だ,と言ってるにもかかわらず,
ご主人さんは大丈夫,してるうちに気持ちよくなるから…
とか理由をつけてしてしまうそうです。

彼女は、毎晩呼び出されないか戦々恐々とした
毎日を過ごすことになりました。

「呼ばれました…行ってきます」
とメールが来たときはもう涙が出そうでした。

そうした中,やっとお会いできる日ができました。

とあるターミナル駅で待ち合わせ,
恋人気分で手をつなぎながらデパ地下でお昼ごはんを買って
そのままホテル直行!

まずはお昼ごはんを食べて会話…そしていちゃつき開始。
カラダはやや細め,胸も小さめで好みです(^_^;)。
股間を触っていくと次第に潤ってきました。

正常位でスタート,
騎乗位に切り替えるとよく動いてくれる!!

ちょっと休憩して,お互いの大切なところを舐めあって再挿入。

おなかにいっぱい出しました。
だいたい3時間くらいでしょうか,
お互い楽しくえっちな時間を過ごせました。

疲れて足もとがふらつく彼女を駅まで見送り,
自分も帰宅しました。

その後もラブラブなメールをしていたのですが,
ある日,ご主人さんの体調が悪いというメール。

また数日後,ご主人さんが入院したと連絡が来ました。

それからは病院への世話などでこっちどころでなくなり,
メールも途絶えていきました。
v そして半月後,最後のメールが来ました。

入院中にしっかりとご主人さんをお話をされたそうで,
お互いのわだかまりが解けたようでした。
v ご主人さんも退院され,
これからはご主人さんとしっかりと生活されるとのこと,
もう連絡はできないということでした。

自分の考えとしてもご主人さんとのことは優先すべきであるし,
夫婦仲良く暮らしていけるのであれば,
もうその人に対して自分の役目はめでたく終わることが
できたのかなと思い,
今までの感謝の返信をしてこの女性とのおつきあいを
終えることにしました。

最後のメールとしても,ちゃんとした理由を
説明してもらえたことも幸せに思えました。

まさに一期一会。また,人生何が起こるかわからないですね。


PAGE TOP