夏合宿で可愛い先輩が筆下ろししてくれた【エロ体験】

僕はある都立の高校のテニス部に所属していた。

うちの学校ははっきり言ってかなり強い。

都立なら間違いなくNO1だし私立を含めても優勝してもおかしくない位置にほぼ毎年付けている。

そんなうちの毎年恒例の夏の4泊の合宿。

女子ももちろん一緒に行く。

ちなみにうちの代の女子は微妙な子が多いけど、1コ上の先輩は8人中6人が可愛く、その中でも3人は特に可愛かった。

宿舎に着くと1年から3年まで男女関係ない部屋割り。

さすがに混合になる部屋はないが、隣り合う事は普通にある。

初の合宿の3日目に、夕飯も終わり風呂から出て、1コ上の女の先輩達の部屋で3対1(特に可愛い人2人とフツーに可愛い人)対(自分)で話していると自然と

『彼女いんの?好きな子は?』

から始まり最終的には

『ヤッた事は?』

と聞かれ

『ないっすよ!先輩たちはあるんすか?』

と聞くと

『秘密に決まってんじゃん』

と言われ、ここで1人の先輩(特に可愛い人の一人)は出ていってしまったが、残っている内の普通に可愛い先輩が布団に入って

『こっちおいで』

と布団に入れてきた。

ここで僕は超勃起状態。

なんとかバレないように布団に入ったが密着されたため一瞬で気付かれてしまった。

『ちょっと!なにこれ!』

と言いながら握られてしまった。

『うっ…』

と自然に声が出てしまい先輩は

『しょーがないなぁ(笑)』

と言いながら布団に潜っていった。

そしてそのまま口で咥えられた。

『舞さん!んっ…気持ちいっす!出そうです!』

と言うとしゃぶるのを止め布団から出てきて

『出したい?』

と言われたから頷くと舞さんは自分のズボンとパンツを脱いで、横向きに抱き合いながら入れようとしてきたが俺も初めてでうまく入らない。

すると先輩は俺のシャツを脱がして自分もシャツを脱いで全裸の状態で僕の上に仰向けで乗ってきた。

おっぱいが柔らかいものだと知った瞬間だった。

そしてついに…

『あっ…ん』

と言う先輩の声と同時に僕のチンコが暖かいもので包まれていった。

凄く気持ち良かったけどそれよりも先輩の声に驚いた。

必死に殺して入るが

『うっはっはっはっ…んっっ!はぁあぁっ』

と今までに聞いた事もない声を出していた。

そして僕は気持ちくなり我を忘れて

『舞さん!舞さん!』

と連呼。

『あーN君!背は…低いくせに…こ、これは、おっきくて太いね!気持ち…いいよ!あんあっあっ…はんはっ…はっはっはっはっ…はん。もうダメッ…もうイク?もう、あ…あたしダメだよ。イッテ!』

と言われ

『うっ…もう僕もダメです!イッ…イキます!』

と言うとにゅるっと抜かれ手でシコられ大量発射しました。

『はぁはぁはぁはぁ…ちょっと出すぎでしょこれ。まだ出てる…』

と息を整えながらティッシュで後処理をしてもらいました。

『どーだった?』

と聞かれ

『マジ気持ち良かったです!』

と答えると

『当たり前じゃんよ!ってか精子多すぎだよ!あんなの中でイカれたらマジ妊娠だよ。恐いから今度はゴム付けてね!』

その後はイチャイチャしながらすぐ寝ちゃいました。

朝起きて自分の部屋に戻ってふと思い出しました。

『ん?松原先輩は?』

そう、あの夜部屋にいたはずのもう一人の先輩。

まぁいいや、と練習に行ったら、コートでその松原さんに会うと

『きのうの舞との事バラされたきなかったら昼休みに来て』

と言われ、バラされてはまずいので、昼休みになると同時に松原さんのところへ行き…コートの裏の倉庫の中で

『昨日凄かったねー!ほんと初めてなの?ちんこはおっきいし…きのう我慢したんだから今日は見せて!』

といってハーフパンツの上から握られた。

徐々にデカくなり『おっ、大きくなってるねぇ…はいっ!』

と言ってパンツまで下げられた。

『ちょっ!松原さん!やばいっすよ!』

『きのう舞としてた事のがヤバイじゃん!』

と言いながらシコシコして来た。

気持ちくなってきて無抵抗になると

『気持ちいいんでしょ?じゃあ時間ないしあたしも…』

と言い下半身を出した。

『もう濡れてるからここに入れて!早く!』

と言いながら自分から腰を近づけてきて立ったまま正面から入ってしまった。

『はぁ…いぃ…でもこれじゃあ動きづらいよね。』

一旦抜いて反対を向いて

『入れて?これなら思いっきり腰振れるから。』

と言われたが初めての立ちバックに戸惑いなかなか入らない。

すると

『ちがうそこじゃないよ。こっち』

と入り口まで誘導してくれて

『来て!』

という声と同時に思いっきり奥まで差し込んだ。

『あぁーん!ちょっと!勢い良すぎ!もっと優しくやってよ』

と言われゆっくり動かしていると

『もっと早くして。もっと気持ち良くなるから』

リズミカルにスピードをあげパンパンと倉庫に音が鳴り響いていた

『そっそう。あっあっぁぁん…んっっんっN君いっ…いいよぉあぁっっああっあっぁぁん…きっ…もちぃぃ』

僕は腰の辺りを両手で掴んで必死に腰を振った。

昨日よりも遥かに気持ち良かった。

バックの良さを知った。

『先輩!気持ち良すぎるんですけど!』

『あっ…あたしのが…ヤバイ…おかしくなるん…あんっんっっあんあっ…んっっんっあっあっぁぁんふっ…はっはぁはっはっはっ…いっ…いいよ。出して!あっ中はダメ!』

と言って最後に思いっきり振り、出る寸前に抜き倉庫の床に撒き散らした。

『はっはっはっ…あぁあ汚したぁ』

『せっ…先輩のせいっすよ』

『まぁ暗いしほっといていいっしょ!早く昼食べにいこう!あと30分だよ。』

と言って2人ダッシュで宿舎に戻り冷し中華を食べました。


PAGE TOP