スイミングスクールで知り合った人達と数家族で温泉旅行に行ったら妻が寝取られました 【エッチな体験】

妻の友達家族といった温泉旅行の話をします。

妻”ミユキ”は最近スイミングスクールに通い始め、

誘われたのはそこで友達になったご夫婦からだそうです。

妻の話だと以前から温泉旅行は数家族で行ってるみたいで、

当番制で1家族が子供達の面倒を残ってみて

温泉旅行に行くのは残りの家族で夫婦水入らずというものでした。

私達家族は初参加という事でもあり、

居残り組みから外され、

久しぶりの夫婦旅行という事もあり参加をOKしました。

温泉に着くと早速露天風呂に向かいました。

この頃になると旦那さんたちともすっかり打ち解けて、

お互いの仕事の話や妻との馴れ初めの話をするようになりました。

湯船につかりながらF氏がしきりに妻のことを褒めています。

「奥さん、美人ですよね。うらやましいなぁ」

「そんなことないですよ。もう三十路ですし、Fさんの奥さんこそ可愛いじゃないですか」

「それはないな(笑)・・・ところで話は変りますが・・」

「・・奥さん一筋なんですか?」

「そんな当たり前ですよ」

「じゃあ、奥さんは?」

「妻も浮気はしたことないと思いますよ」

F氏の突拍子もない質問の意図がわからずにキョトンとしている私に

F氏はさらに話を続けました。

「怒らないで聞いてくださいね」

「はぁ」

「感じてる奥さんを見たくないですか?」

「それはどういうことでしょうか?」

「言ったととおりですよ・・・想像してみてくださいよ」

以前から妻をカップル喫茶に連れ出したいくらいの妄想はしていたので、

F氏の言葉に思わず下半身が反応してしまいました。

F氏は私の下半身の変化を見逃しませんでした。

「おや?もう半立ちですか・・・まんざらじゃないようですね」

「いや・・これは」

私は思わずタオルで下半身を隠しました。

「ご主人も興奮されますよね・・・奥さんがスケベになるのを想像すると」

「だいたい妻が断りますよ。

そんなの無理ですって」

「ん・・・ということは奥様が断らなかったらOKなんですね」

私ははっきりと断る事が出来ませんでしたが、

良いともいえませんでした。

しかしこのとき私のペニスは痛いくらいに勃起して

タオルで隠してもはっきり状態がわかりました。

「貴方のようなご主人で良かったですよ。」

そういい残すとF氏は脱衣所へと向かっていきました。

「お風呂良かったね!」

露天風呂を出ると妻とばったり会いました。

濡れた髪をアップにしている妻の顔をみると

さっきのF氏の意味深な言葉が頭に残り、

また下半身が大きくなりかけているのが判りました。

「ああ・・・」

「ああ・・・って、もっと感動しないの?」

妻は私の肩をポンと叩き小走りに売店の方へ行ってしまいました。

(F氏は別にどうこうすると言ったわけじゃないし、

ただ見たくないかって言っただけだったよな・・)

そんな事を考えながら、

もし妻が襲われたら場合とそうじゃなかった場合をしきりに考えていました。

私達は予算の関係から8人泊まれる大部屋をとりました。

宴会場で食事をすませ、2次会をするためビールを買って部屋に戻りました。

部屋に入ろうとしたとき後ろからF氏に呼び止められました。

「さっきの話なんですけど・・・」

「え・・・さっきの?」

「はい、もしお望みでしたら10時になったら寝たフリをしてください」

「寝たふり?ですか」

「はい、それを合図に奥さんに仕掛けさせていただきますので」

「あ、別に返事はいいですから」

「・・・・・」

「楽しい夜になるといいですね」

F氏に促されるように部屋に入り宴会は始まりました。

宴会が始まっても私は妻の顔をまともに見ることが出来ませんでした。

視線は自然と妻のはだけた浴衣の胸元や足元へと向かい

意識はしないようにはしたんですが、

ペニスは自然と半立ちの苦しい状態がずっと続いていました。

妻は2家族に集中砲火を浴びるかのように酒を注がれ飲んでいます。

もともと酒はそんなに強くないので、

開始1時間した頃にはかなり酔っていました。

妻の両脇に奥さん方2人が挟むように座っていましたが、

話をH方向へ持っていっているようで、

妻の胸が大きいとか言っては胸を触ったり、

小さいミミタブとかいいながら耳を触っています。

妻は特に嫌がる様子もなく、楽しそうにはしゃいでいます。

時計をみると9時30分でした。

私は時間まではまだ30分もあるのに、

”眠い・・”とつぶやいてゴロリと横になりました。

さすがにF氏も驚いたようですが、

おもむろにたつと旅行バックの方へ向かいなにやら取りだしているようでした。

「ねえ・・あなた・・・ねちゃったの?」

「奥さん、きっとお疲れなんですよ。

寝かしてあげましょうよ(笑)」

そう言って妻を制したのはN氏だった。

F氏はビデオカメラをテレビにつなぐと

「ミユキさん?私の趣味で撮ったビデオでも見ましょうか?」といいました。

すると妻は私のことなど忘れたかのように

「見たい!見たい!」とはしゃいでいます。

ビデオの再生が押されミドリの画面に肌色の物体が映し出されました。

画面には見覚えのある人たちが映っています。

F氏と奥さんとN氏の奥さんでした。

みんな裸になっていて、N氏の奥さんが

F氏の大きくなったペニスを

喉の奥までゆっくりと飲み込んでは出すを繰り返し、

ペニスは唾液でヌルヌルに光っていました。

F氏の奥さんは四つんばいで

フェラチオをしている奥さんのオマ○コをながい舌で

ゆっくりと舐め上げています。

この映像に私は固まってしまいました。

(まさか、みんなそんな関係だったとは・・・)

はっと我に返り妻の方を見ると、

すでに妻は体育座りの状態でN氏に後ろから手を回され

乳房を揉みしだかれ、両足は大きく開かれ

F氏の奥さんにビデオと同じ行為をされていました。

「ミユキさん・・・声出してもいいんですよ」

N氏が乳首をつまみあげながら優しく妻に話しかけています。

突然フラッシュがたかれました。

F氏がデジカメを片手に撮影を始めたようです。

私にとって驚きだったのは、

いくら酒を飲んでいるからとはいえ、

旦那が横にいるそばでこんな状況になっても、

“やめて”の一言も言わず、

襲いくる快感に耐えながら声を出さないようにしている妻の態度でした。

眉間にしわをよせ、小刻みに腹筋を震わせながら悶えている・・・

私に助けを求めたらすぐにでも起きるのに・・・

そんな事を考えていました。

「ミユキさんのここ、おいしいよ」

妻のオマ○コを舐めていたF氏の奥さんが

愛液をすすりながら妻を見上げています。

N氏の奥さんは撮影をしているF氏のペニスへのフェラチオを始めました。

妻のアソコの濡れ具合が音を聞いただけで判ります。

妻とN氏がねっとりといやらしいほど舌を絡ませたキスをはじめました。

目の前で見る妻のキスシーンは驚くほどいやらしく、

嫉妬で胸が苦しくなると同時にペニスが痛いくらいに勃起していて、

何かに当たっただけで射精しそうなほどのものでした。

気の遠くなるようなキスが終わったと思うと、

その口に今度はペニスが挿入されました。

私は妻に一度もフェラチオをしてもらった事がありませんでした。

ペニスの臭いが嫌いとの理由で、

今までしたことないから絶対にイヤと言っていたのに、

今目の前では他人の旦那のペニスを慣れた感じで

裏筋を舌先で刺激する妻がいます。

N氏は口からペニスを引き抜きと私の顔の上に

妻の股間が来るように四つんばいにさせました。

さすがに妻はイヤイヤと首を振っていますが、

N氏が妻の腰に両手をあて、

膣口にペニスを当てると一気に奥まで突き上げました。

「ああああああ・・・・」

さすがに我慢できなかったのか、

妻が大きな声で悶え声を出しました。

私の頭の数十センチ上では妻のオマ○コに

他の男のペニスが白濁の愛液を泡立てながら陵辱しています。

妻の愛液が私の顔に幾つか降り注いできました。

妻は快感のあまり崩れ落ちそうになり、

やっと私の頭上から移動されました。

今度は正常位で挿入しましたが、

それでも結合部分がきちんと見えるように

2人は私にお尻を向けてはめあっています。

こうなると妻は声を出して感じまくっているようです。

N氏のピストンはより早くなり妻の耳元でなにやらささやいています。

「いや・・・だめぇぇ・・・・」

妻は何かを拒否したようですが、

N氏は全然聞いてない様子でピストンを続けています。

動きが止まったと思うとペニスをゆっくりと

奥に奥に突き入れて妻にのしかかりました。

その瞬間に中出しされたとわかりました。

妻は両足をピーンを突っ張ったまま動きが止まりました。

N氏はゆっくりとペニスを引き抜くと精液と愛液で

べとべとになったペニスを妻の口元に持っていき舌で掃除させています。

妻が快感の余韻にひたり、腹筋を痙攣させるたびに

膣口からは男の精液がドロドロと吐き出されています。

気がつくと私はF氏の奥さんにトランクスをおろされ、

足でペニスを踏みつけられていました。

奥さんは私のペニスに唾を吐きかけると、

亀頭を足の親指の腹で小刻みに踏みつけています。

ものの10秒もしないうちに私は激しい射精感に襲われ

腰を振りながらイッてしまいました。

妻に目をやるとN氏の奥さんが妻の顔にまたがり

強制的に自分のオマ○コを舐めさせています。

さっきまで写真を撮っていたF氏が今度は妻のオマ○コに挿入を始めていました。

今度の撮影係りはF氏の奥さんのようで盛んにフラッシュがたかれています。

私は目の前で繰り広げられる痴態を一晩中寝たフリをしてみていました。

結局妻は責められ続け、両氏に3回づつ中出しをされ、

妻自身は数え切れないほどいかされたと思います。

宴が終わり、朝になると死人のように眠り続ける妻の横で

F氏は悪びれる様子もなく私に話しかけてきました。

「昨日はどうでした?よく眠れましたか?」

「・・・・・・・」

「奥様きれいでしたでしょ(笑)」

「・・・はい」

「今後も奥様をお借りしてもいいですか?」

「・・・・・・・」

「あ、奥様がいやと言ったら辞めるという事でいいんですよね」

そういうとF氏達は朝風呂を浴びに出掛けていきました。

私は嫉妬と興奮で再びペニスが勃起するのを感じ

妻の寝顔を見ながら一人部屋に残りオナニーをしました。

妻はこの旅行のあとちょくちょくF氏の自宅に遊びに行ってるようです。

私はまったく気がつかないフリをしていますが、

F氏からメールで送られてくる妻のはめ撮り写真をみながら

オナニーするのが癖になってしまいました。

今は妻とセックスはしなくなってしまいました。





PAGE TOP