女子大生の彼女が媚薬で淫乱女に変貌していた話【エロ体験】

大学時代に彼女を薬漬けにされました。

自分(寛人)には当時、

大学の同級生で1年ほど付き合っている彼女がいました。

名前は有希といい、色白で細身の美少女で

男女問わず人気のあるコでした。

有希とは友人の紹介で知り合って、

有希からの告白で付き合うようになりました。

[adrotate group=”1″]

有希とはほとんど毎日一緒に居て、

お互いの家を行き来していたのでほとんど半同棲状態。

ビデオを借りて一緒に見たり、

好きなドラマ(深○絵里が教習所に通うやつ)を一緒に見たり、

本当に幸せな日々を過ごしていました。

自分は大学時代に雑居ビル清掃のアルバイトをしていたのですが、

ビルのオーナーがたまに清掃中の自分を部屋に呼んでくれて、

お茶を飲ませてくれたりしていました。

オーナーは手広く不動産業をやっている人で、

身長も高くガッチリした身体をしていて、外見は少し怖い感じでしたが、

自分にとっては優しい人でしたので仲良くさせてもらっていました。

ある日、いつものようにオーナーの部屋でお茶をご馳走になっていると、

自分の彼女の話になりました。

「寛人君は彼女いるの?」

「あ、はい一応います」

「へーそうなんだ、どんなコ?かわいいの?」

「まあまあかわいいとは思いますけど」

「マジで?写メとかないの?」

「無いですねー」

「じゃあ今度ご飯ご馳走するから彼女連れておいでよ。

2人とも食べたことないくらい旨いもんご馳走してあげるからさ」

自分は日頃お世話になっている人の話しという事もあり、

あまり気は進みませんでしたがOKして彼女を連れて会うことにしました。

後日待ち合わせの恵比寿にある和○一という店に有希を連れていきました。

いかにも高級そうな鉄板ダイニングのお店で、

入る前から2人で緊張していましたが、

中に入るとオーナーが既に待っていて自分達を呼んでくれました。

「おー、こっちこっち、よく来たね」

「すごいお店ですね、緊張してしまいました」

「あはは、緊張することないって、まー2人とも座りなよ」

自分達は上着を脱いで座り、オーナーに有希を紹介しました。

この紹介で後にあんな最悪な出来事が起こるとは思いも寄りませんでした。

「有希ちゃんすっごいかわいいねー、

正統派美少女って感じじゃん。寛人君やるねぇ」

「そんなことないっす、恥ずかしいですよー」

有希も恥ずかしそうに下を向いて笑っていました。

3人で軽くお酒を呑みながら、

本当に食べたことないくらい美味しい肉や高級食材をご馳走になりました。

2人の出会いの話から就職の話しや学校の話しなどをしたり、

その日は本当に楽しく過ごしました。

「有希ちゃんこんなにかわいいともてて大変でしょ?」

「私全然もてないんですよ」

「ホントにー?おれが若かったら絶対好きになっちゃうなぁ」

「オーナー勘弁して下さいよ」

そんな会話をしつつ、しばらくして有希がトイレに立ちました。

「いやー、寛人くん彼女マジでかわいいね」

「そんなことないですよ」

「あんなコと毎日やってんでしょ?羨ましいな」

「え?何言ってんすかー」

「どんな顔で喘ぐの?今度見せてよ」

「ふざけないで下さいよー」

内心少しムッとしながら自分も逃げるようにトイレに立ちました。

お酒も入っているせいで少し用をたすのが長くなってしまいましたが、

有希とオーナーを2人にしたくなかったので、

自分は急いで席に戻りました。

が、有希は既に席に座っていてオ

ーナーと楽しそうに会話をしていました。

「いやー有希ちゃんホントいいコだね、

大事にしないとダメだよ、寛人くん」

「あ、はい、大事にします」

有希は隣で嬉しそうに笑っていました。

でもこの時既に、有希にはオーナーの連絡先が渡されていました。

有希はどういうつもりで受け取ったんでしょうか?

自分は全く気付くことも出来ませんでした。

それから1ヶ月くらい経って自分の誕生日の日のことです。

有希の部屋でお祝いの料理を食べて、

くつろいでいると有希の携帯が鳴りました。

「何?どうしたの?」

「寛人ごめん、急に出掛ける用事出来た」

「えー?これから?」

「親が話しあるって。多分就職のことだと思う」

両親に呼ばれてどうしても行かなければならないとのことでした。

自分は有希の部屋で1人寂しく誕生日を過ごしましたが、

夜遅くになっても連絡が無いのでメールをしました。

「まだ帰って来ないの?」

30分後返信

「ホントごめんね、今日は帰れそうにないから先に寝てて」

「両親の話しって何だったの?」

「やっぱり就職のことだったよ。

どうするのかって話し合いしてるとこ、また明日連絡するね」

こんなやりとりをしてその日は1人で眠りました。

次の日、お昼過ぎに有希からメールがありました。

「昨日は一緒に過ごせなくてホントごめんね。

今度埋め合わせさせてね」

夕方になりいつものように清掃のバイトをしていると、

オーナーにある物を見せるから終わってから

部屋に来るように言われました。

「おー来たな、そこ座りなよ」

「はい」

オーナーはテレビをつけるとビデオの電源を入れ再生をしました。

「今からお立っちゃうもんみせてあげるよ」

「はい?」

画面にはオーナーの寝室が映っていて、

ベットの上には見知らぬ女性とオーナーがいました。

「おれさー、こうやって盗撮してんだよ」

「マジですか?」

「マジマジ、この女いいでしょ?やるとこ見せてあげるよ」

知り合いの絡んでる姿を見るのは複雑な気分でしたが、

黙って見ていました。

「おれはね、彼氏のいる女をやるのが大好きなんだよね。

恋人を裏切って喘ぐ女を見るのがたまんないんだよなー」

「はぁ」

「そういうバカな女ってのはたくさんいるんだよ、

金ちらつかせれば結構簡単にやれるからね」

有希のことを思い出して少し不愉快な気分でした。

画面の中ではどんどん事が進んでいて、

オーナーが見知らぬ女性に入れようとしていましたが、

オーナーが自分の肉棒に何かを塗っているのが見えました。

「あれね、媚薬つうかドラッグなんだよ。

あれ塗って、ぶち込んでやれば狂ったように喘ぎ出すんだよ。

一度キメセクすりゃもう肉便器だよ」

「マジすか?」

内心少し怖くなってドキドキしていました。

画面の中で女性はオーナーに突かれる度に、

悲鳴のような快楽の声をあげていました。

「女ってのはどうしようもない生き物だよなー。

あの女付き合ってる男いるんだぜ、

それを涎垂らして他の男のチンポでよがりまくってんだからな」

「はぁ、その薬って何なんですか?」

「あーあれ?麻薬の一種だよ。つっても合法だけどな。

女はマンコの中に擦りつけられると、

何倍もの快楽を与えられるわけ、

一回でも使えば依存症にさせられるから、同じ女と何回もやれるよ、

一回犯ってしまえば後は、女の方からキメセクしたい~って

寄って来るから金も必要なくなるわけ」

「何かすごいっすね」

「まー寄って来られてもいらねーよって

女もいるけどね、あははは」

ドラッグなどという自分とは違う世界の物や、

オーナーの話しに内心ビクビクしていました。

「こっからが本番なんだよねー寛人君。

この前いい女見つけてさー。

ちょっとガキっぽかったけど、

どんなマンコしてんのかなぁって思ってさ口説いたわけよ。

そしたらさ結構簡単に犯らせてくれてさその女、

見せてあげるよ」

オーナーがビデオを入れ替えしながら言いました。

「このビデオ昨日犯ったばっかのやつなんだけどさ。

こいつの彼氏昨日誕生日だったんだぜ?

それなのに呼び出したらノコノコ出てきやがんの。

この女とはもう3回目だったからおれも飽きちゃってたんだけどさー。

せっかくだからやりまくってやったよ」

全身からドバっと変な汗が出ました

まさかという思いと、

昨日有希が自分と過ごしていない事実で心臓がバクバクいっていました。

そして、信じられない映像が画面に流れ始めました。

全裸のオーナーがベットに腰掛け

<ホントに来たんだ有希ちゃん、

そんなにまたしたいんだ?じゃあ早くしゃぶんなよ>

有希の姿が写り、

有希はオーナーの間に膝をついて座りました。

誕生日に外出して行った時に着ていてた

アクアガールの紺色のワンピース姿でした。

有希はオーナーの肉棒を夢中でしゃぶっていました。

見たこともないような夢中な姿でした。

「有希ちゃんもうまんこグチョグチョなんだろ?

チンポ欲しかったら早く脱ぎなよ」

「分かる?寛人君、有希ちゃんもバカ女だったよ、すぐ犯れたよ」

自分は何も言えず全身がガクガク震え、

ただビクビクして画面を見ていました。

有希は自ら服を脱ぎ、

オーナーはローション状のドラッグを肉棒に塗っていました。

「有希ちゃんまたこれ塗っていいの?

最初は怖いって言ってたのにねぇ」

「うん、またそれでして」

「すっかり中毒だねー。じゃあ自分で跨って入れてごらん」

有希は自らオーナーの勃起した肉棒の上に跨り、

自分で肉棒を掴み差し込もうとしていました。

「ホント悪いコだねぇ、

いいの?寛人くんの誕生日になのに」

「私我慢出来ない」

有希は自分の事が少しでも頭に浮かんでいたのでしょうか。

有希は自分のアソコに宛がうとゆっくり腰を沈めていきました。

「ぁんどうしよ、これ気持ちいいのぉ」

有希はオーナーの抱きつき、

お尻を上下させ喘ぎ始めました。

「あはは、どうよ寛人君、

自分の誕生日に他の男に跨る彼女の姿は?」

パンパンとグチョグチョいう音と共に、

有希の聞いたこともない喘ぎ声が聞こえていました。

「ああんっ気持ちいいよぉ、気持ちいいよぉ」

「寛人君、有希ちゃんってホントドスケベだよねぇ、

初めて会った時は想像も出来なかったよー」

「ダメダメっすぐいっちゃうっ」

有希は夢中で腰を振りビクンビクンと

痙攣しながらイッてしまっていました。

「あはは、ホントどうしようもねーな、

この時も有希ちゃんマンコグチョグチョだからね、ホントだらしねー女だよ」

オーナーが今度は上になり、正常位で有希を突き始めました。

「あ~有希ちゃんのマンコ気持ちいい~」

有希はまたオーナーに抱きつき、

今度はねっとり舌を絡ませていました。

「寛人君、有希ちゃんのマンコ気持ち良かったよ~。

使い込んでないし締まりも結構いいしな。

まーでもおれはもう飽きたけど、あははは」

大きく出し入れされ、乱暴に突かれていました。

「そんなに気持ちいいか?ほら、もっと喘げよ、淫乱女」

「あんっ!やっあんっ!」

有希はオーナーの性欲処理の道具になっていました。

「セックス気持ちいいって言えよっ、

寛人気持ちいいよぉって言ってみろ」

「あんっセックス気持ちいいのぉ、寛人私気持ちいいよぉ」

有希は別人のような表情でした。

快楽に溺れ、オーナーの高速ピストンに狂って喘いでいました。

そして最後はオーナーのだらしない声とともに中出しされていました。

自分は喉がカラカラでした。

怖さとあまりにも非現実的なシチュエーションに動揺しまくっていました。

オーナーはビデオ止め、

自分の向かいに威圧的な態度で座って話し始めました。

「いっとくけど、ビデオはこれで終わりじゃないからね。

今日有希ちゃんから昼頃メール来たろ?

あの時まだ俺と一緒だから」

「あのいつから何ですか?」

「あ?最初にやったのがいつかってこと?

有希ちゃん紹介してもらってから1週間後だな。

おれは連絡先渡しただけだからね。

待ってるしかなかったけど有希ちゃんから連絡あったよ、ご馳走様ってね」

「そ、それで・・・?」

「またご馳走するよって何回か誘ったら会ってくれたよ。

外で飯食ったあと家に誘ったら断ってたけど、

お茶だけって事で連れ込んだんだよ、んなわけねーべってな」

「はぁ・・・」

「あとは言い寄ったらやらせてくれたよ。

有希ちゃん案外期待してたんじゃねえの?

ドラッグ使ってること教えたら最初ホントに怖がってたな。

まーでも1分後には喘ぎまくったけど、あははは」

心底怖くて、そして怒りで震えていました。

ここで殴り掛かっても負けるのが目に見えていたので、

どう仕返ししてやろうかと考えていました。

しかしオーナーは更に威圧的な態度で私に言いました。

「あー寛人君、ちなみに言っておくけど、

何か面倒な事したらビデオばら撒くからね。

くれぐれも気をつけろよ。

ドラッグも今は有希ちゃん分かってやられに来てるんだからね、

それを忘れないように」

オーナーがビデオを巻き戻して再生するとまた有希が映りました。

URとかいうブランドのお気に入りの黒のワンピースを着ていました。

有希はどういうつもりでオーナーと会ったんでしょうか

「これが最初にやった時だな。

有希ちゃん寛人君に悪いとか言ってちゃんと抵抗してたなー。

うるせーよって感じだったけどな。

ドラッグ塗ってやったらありえないくらいイキまくったよ」

段々力が抜けていきました。

あまりの出来事に考えるのが面倒臭くなっていたのかもしれません。

「この日は3~4回はやったな。

1回終わって有希ちゃん帰ろうしたんだぜ。

まーでもこっちはドラッグでまんこグッチョリになってること知ってたからな。

ちょっと刺激したらすぐ言いなりになったよ。

こんなのすごいよぉって泣きそうな声で喘いでたな、あははは」

有希は自分とは一度もしたことない立ちバックや

背面騎乗位などでやられていました。

快楽でどうしようもないといった声で

喘ぐ有希の姿が映っていました。

「2度目の時の見る?ショックで立ち直れなくなると思うけどな。

有希ちゃん最近大学休んだろ?

その日は公衆便所にされてたから行きたくても行けなかったんだよ」

「公衆便所ってどういうこと・・・ですか?」

オーナーは早送りしてその日の様子を自分に見せました。

「おれの知り合いが有希ちゃんのビデオ見せたらえらく気に入ったんだよ。

どうしてもやりたいってしつこいからさ、

金取ってやらせてやったんだよ。

まー公衆便所っていってもおれの他に

2人だからそんなに落ち込むなよ、あはは」

オーナーとセックスしているところに男達が乱入してきて、

有希はあっという間にやられていました。

「有希ちゃん驚いてたなー。

乱交や複数でしたことないらしいじゃん。経験ないなんて可哀想だろ?

3人でみっちり使い込んでやったからな、

途中から有希ちゃんもチンポ咥えて離さなかったよ」

有希は3人の男達に次から次と犯されていました。

結局朝になり、それでも帰さずやりまくって

有希はほとんど失神状態だったと言われました。

「それでも、さっきも見たとおり俺のとこ来るんだからな。

完全にキメセクにはまってるよ。

寛人君の大事な有希ちゃんは、

これからも有希ちゃんのマンコはガバガバになるまで使ってやるよ。

向こうから来たらな、あははは」

自分はビルを出て、すぐに有希に電話を掛けました。

見た事を話し、怒鳴り散らして一方的に別れを告げました。

何度も何度も有希から電話やメールがありましたが、

しばらく話す気にもなれませんでした。

1週間後、ようやく直接会って話しましたが

顔を見てまた怒りが込み上げて、キレるだけキレてしっかり別れました。

自分は大学を卒業し、神戸で就職をしたのですが、

東京を離れる前夜にオーナーのジャガーとベンツをボコボコにして飛び立ちました。

気は治まりませんが、

少しだけスッとして東京を離れました。

今思い出しても胸糞悪い思い出です。



PAGE TOP