弟の彼女に欲情してドライブデートに連れ出した【エッチな体験談】

今年に入って弟の彼女が家に入り浸っていた。

俺がいいともを観ながら朝メシを食ってた休みの日。

遠くで

「おじゃましまーす」

という声が聞こえた。

また新しい彼女か、まあいつものことだと意に介せずにいた。

結局その日は出掛けて顔を合わせなかった。

会ったのは次の休みの日っだたか。

食べ物を取りに2人でリビングにやってきた。

「こんにちはー」

せ、制服だ…。

もう誰もがSEXしか連想できない、ほぼ金髪のJK。

俺は寝転がってたからパンツが余裕で見えたんだけど。

何年か前にこんなJKを見たけどまだいるんだね。

弟は浪人して入った大学でとうとうJKと付き合い出したか。

それから休みの度によくSと顔を合わせるようになる。

そして母が帰宅する19時前には帰って行った。

きっとやりまくってんだろなー。

実は閉ざされたドアの向こうが気になって仕方なかったんだよな。

そして先週。

夕方家に戻るとSが1人でリビングにいた。

「あ、おじゃましてまーす」

「おう、Yは?」

「部屋で寝てますよ」

もしかして一戦交えたあとか。

Sと2人きりになるのはこの時が初めてだった。

ソファーに座るSはスカートの布で股間を覆い端へ移動する。

「いいよそのままで」

俺は飲み物を持って、あえて地べたに座った。

顔を上げるとむっちりした太ももが見える。

やがてテレビの話で盛り上がると、Sは両足をソファーに上げ、手を叩いて笑っていた。

すると、足がM字になり真ん中の大事な部分が丸見えに!!

たまに膝をくっつけて隠してるつもりなんだろうが、こちらかは丸見えだ。

すげー…JKって家でこんなことになるのかよ。

何十分もそんな夢のような状態が続いた。

俺は明らかにテレビよりSに集中していたな。

ずっとこのまま駅弁で犯してやりたいと妄想してた。

我慢の限界だったのがSが立ち上がった時。

パンツ>スカート、つまりパンツよりスカートの方が短い。

くしゃくしゃになったスカートからダボっとだらしなくショッキングピンクのパンツが出ていた。

おいおいおい!髪を気にする前にケツ押さえろよ。

もうガン見。

ずっと勃起していた俺はついにムラムラの限界、Sを誘った。

ちなみに皆さんなら誘わないレベルの女です。

体験談に出てくるようないい女ではありません。

「このあと遊びに行こうよ」

「え?…3人で?」

「違うよ、2人でだよ」

「え?何で?え?」

少し戸惑っていた。

「ドライブ行こうよ」

俺は、Yにはない切り札を出した。

Sの表情が明らかに変わり、

「Y大丈夫かな…でも行きたいですね」

「天気いいし行こうよ。じゃあ角のロー○ンで待ってるから」

「マジで絶対ナイショですよ」

「うん、大丈夫」

そうして数分後、Sとロー◯ンで落ち合った。

そのままホテルに直行してやろうかと思ったけど、お腹が空いたと言うのでマッ○に寄った。

階段でもパンツが丸見えだ。

「お前ケツ丸見えだよ」

「え?見ないで」

今頃押さえても無駄だ。

「Yといつも何やってるの?」

「ゲームかな。あと漫画読んだり」

「他は?」

「うーん、寝たり?」

「やったり?」

「え?」

「結構やってるの?」

「えー…たまに」

「うそだ、毎日やってんでしょ」

「毎日はしてないよ…」

「今日もやった?」

「…うん」

「まだできる?」

「え?何が?え?」

「やろうよ、俺さっきから勃ちっぱなしなんだよ」

「むりむりむり、だめだって!」

「絶対Yにはわかんないから」

「だーめ」

「俺もう何年も彼女いないし、1回だけでいいから」

「うそ、ほんとに?」

「うん、3年はしてない」

本当は2月以来。

「えーどうしよ」

どうしよって、ほんとこいつバカだ。

最終的に「もう任せる」と言った。

安い、軽い。

500円のセットをペロリと平らげたSはもう車の中で濡れてた。

部屋に着くなりパンパンに張ったケツを揉みながらディープキス。

生意気にもチンポをまさぐってきやがる。

ベッドに押し倒し、シャツを脱がせると理解不可能な黒のブラジャー。

しかし、若いと胸の弾力が違ったね。

少し舌先で転がすだけですぐに乳首もコリコリ。

甘い良い匂いがした。顔を埋め、チンポを挟んでもらった。

スカートは脱がせる必要もなくデカパンの中心をこねまくる。

布の上からでもわかるぐらい湿ってた。

脱がせるともうべっとべと。

パンツには粘ついた液が大きなシミになり糸を引いてた。

指をグリグリ入れてクリを舐める、久しぶりの女の匂いだ。

両手で胸を揉みながらのクンニにSの声はどんどん大きくなり、69ではギンギンのチ○ポをたっぷり舐めさせた。

「Yとどっちがでかい?」

「Yよりでかいよ」

「ほんとかよ?」

「兄弟って形似てるのかな」

「知らねーよ」

弟がさっき抱いたことを忘れ、Sのマ○コをしゃぶり倒しケツの穴まで舐めてやった。

ムチムチしたケツに興奮してそのままバックで生挿れした。

Sは若いくせに「いいっ」とか「すごい」とか言ってSEX慣れしてやがった。

さっきしたかった駅弁もたっぷり楽しんだ。

ぽちゃぽちゃしてるから抱き心地最高だったな。

でも正常位で足を抱えて突くのが一番気持ちよかった。

ガンガンにはめてやり「大きい?」「どこが気持ちいい?」とかやらしい事も言わせ、

最後、

「Sのオ○ンコの中に出していい?」

と聞くと、

「それは無理!」

「じゃあ、中に出しちゃだめ?」

「中はだめ~」

「あ、中に出そう」

「中はだめだよぉ」

そこが一番かわいかった。

そして「ザーメンお口にいっぱいください」と言わせた。

Sは体を起こして必死にチ○ポに口を持ってきた。

大きく開けた口にピューっとひと出しして、Sの頭を持ちチンポを口に突っ込んだ。

おうおうっと声にならない声を出しながらチンポを吸ってくれた。

俺は遠慮なしに溜まった精子をSの口の中に注ぎ込んだ。

ひゃーさいこー。

快感が背筋から頭に通った。

Sは経験がないのか必死すぎてすごい吸引力だった。

「痛い痛い!もう出ねーよ」

痛いのと小便がでそうな気持ちよさとでちょっとよかったけど。

「ごめん…えへ」

とカワイコぶって笑う。

「飲んだ?」

「うん、全部飲んだ」

「うまかった?」

「うん、かなり出てたよ」

「3年分?」

「ほんとだ、でも一人でやってるでしょ」

「まあな、でもこれからSがいるから大丈夫やな」

「え?マジ?わたし?」

「またしたい?」

「うん」

「Yとどっちがいい?」

「それは無理!」

「でもMさんエロいもん、やばいわ」

「まだまだやで」

「ほんとやばい、何人やったん?3年てうそ違うん?」

「ほんと」

「うそ、絶対はまるわ」

「Yと付き合っててもいいの?」

「いいよ」

当たり前だ。こんな女と付き合えねーよ。


PAGE TOP