彼女がアイドルになる為に金持ち親父とSEX【エロ体験談】

大学生の時、居酒屋でバイトをしていました。

時間もあったし時給も良いからいつも深夜働いていました。

俺みたいな暇な学生が数人いたので、いつも深夜組は同じメンバーでした。

当然のように学校は卒業するもんで、俺が3年になる頃に一気に辞めて行ったんです。

残った深夜組は合計で4人しかいませんでした。

それでバイトを募集して、やってきたのが久美でした。

久美は俺の1つ下の二十歳。

初めてバイトに来た日は、男のテンションがモリモリになるぐらい可愛い子でした。

短大を卒業してフリーターになったんだって言ってました。

だから深夜は時給が良いから助かるって。

久美が働き出してから、気が付いたらお客の数が増えていってたんです。

クチコミで広まったのか、終電間際まで時には満席になるぐらい混んでいました。

それぐらい可愛かったんです。

いっしょに働くようになり、自然に仲良くなりますよね。

俺は運良く久美に教える係をやっていたので、いつもいっしょでした。

バイト日も同じだし休みも同じだから、ほどなくして遊びに行くようにもなりました。

夏休みに千葉の花火大会を車で行って、その帰り道で告りました。

オッケーしてくれてその日初めてのキスをしました。

舌なんて入れれなかったですよ。

ホント幼稚なキスでしたが、そりゃーもう最高に嬉しかったです。

しばらくしてバイト先でも公認になってました。

2人とも1人暮らしだったから、初エッチまで時間は掛かりませんでした。

久美の裸はグラビアアイドル並で、初体験以降は会えば何回もエッチしてました。

初めのうちは照れがお互いにあったけど、慣れてきてからの久美は貪欲でした。

貪欲というか淫乱なんでしょうか。

途中からは毎回久美からエッチを誘うようになっていました。

誘う時の顔がまさに淫乱!ってやらしい顔になるんです。

普通キスから始まってオッパイ揉んだり男から前戯するじゃないですか。

久美は違うんです。

まずキスも久美から舌を入れてきますし、たっぷり口を舐め回してくるんです。

毎回の事でしたがキスだけで10分以上。

その時俺はオッパイを触ったりもしますが、久美の手は俺の体を弄っているんです。

キスが終わると耳とか首を舐め始めて、いつもTシャツを脱がされるんです。

脱がされている途中から乳首をペロペロチュパチュパ舐められて、その時はチンコをサワサワ。

初めの頃は我慢してたんでしょうね。

チンコの触り方が二十歳か?って思うぐらい、超慣れているんです。

そのままパンツにさせられ、悪戯っ子のような目をしながら攻めてくるんです。

もう勃起してましたし我慢汁も出てますから、それをパンツの上から攻めてくるんです。

舌先でチロチロ舐めてきたり、指でグリグリしてきたりを、俺を見ながらやるんです。

久美の焦らしはプロ並でした。

「舐めてもらいたい?」

なんて普通に聞いてくるもんだから、最後はお願いしちゃってました。

フェラもこれまた凄くて、二十歳の女の子じゃありませんでした。

カリを舌先や裏を使って丁寧に舐め回して、同時に根元をシコシコしたり玉袋をモミモミするんです。

咥えたかと思うと口の中でも舌が器用に動いているんです。

舌が長いからできるのか、チンコに舌が巻き付いてるような。

舌が巻き付いた状態でバキュームされたら、いくらなんでもイキそうになっちゃいます。

人生で初めて口でイカされたのも久美でした。

だいたいフェラで俺の性欲を抑え込んで、前儀をたっぷりします。

フェラだけでもグチョグチョになるし、指を入れてGや奥を刺激すると狂いそうになるんです。

自分がどうやったらイクのかを知っているようでした。

だから前戯で1回イッて、またフェラが始まります。

結局ゴムを着けてたのは初めの数回だけで、その後はいつも生で入れてました。

会えば何回もヤってたので仕方ないですよね。

俺はそのまま子供ができても、結婚しても良いって思っていましたし。

正常位でもバックでも騎乗位でも座位でも、久美の動きは卑猥でした。

「勝手に腰振るなよ!やらしいな!」

「そんなに気持ちイイのか?」

俺にそう言われると興奮するので、入れると俺がSになってエッチしてましたね。

正常位でも腰って動かす子いるんですね。

そこまで女経験は多い方じゃなかったけど、そんな子はAVとか風俗ぐらいだと思ってました。

下から抱き付いてきて、舌をベロンベロン絡めながら腰をグラインドさせるんです。

そのままにしておくと勝手にイッちゃうほど動かすんです。

バックの時はクネクネですが、勝手にクリをいじるんです。

騎乗位や座位の時は、もうひたすら我を忘れて腰を振りまくりです。

下から見るFカップの美乳に見とれていると、俺までイッちゃうのでいつも我慢してました。

フェラでイカされる時はもちろん口内射精。

口に出されるのが好きみたいで、途中からは毎回飲むようにもなってました。

「今日は何だか苦いよ・・・」

とか味の感想も言ってきてましたし。

エッチした時も最後は口です。

イキそうになってくると、いつも言うんです。

「お口に出して!たくさん飲ませて!」

「イイの!久美のお口にちょうだい!」

「お願い!飲ませて!」

イキそうになってアソコから抜くと、久美は勢い良く起き上がってチンコにしゃぶりつきます。

頭をねじる様な動きとチンコに舌を巻き付けたフェラで、一気に俺をイカせるんです。

久美に出会って俺のエッチに対しての感覚も変わりました。

車で遊びに行った時は、絶対車の中でフェラしてましたし、しかもそれは久美が仕掛けてくるんです。

高速とか乗る時は、助手席でノーパンノーブラになって、軽くオナったり。

オモチャを買ってからは、助手席で頻繁にオナっていました。

夜になると街中を走っていてもオナるんです。

運転してる俺の方がヒヤヒヤしてました。

バイトがラストまでなので、時々誰もいない店内でもエッチをしてました。

厨房内でのフェラやバック、座敷に座布団敷いて正常位など。

最後は久美が精子を飲むので、お絞りで最後にキレイに拭いて終わりみたいな。

店長がレジの確認をしてる時も、二人の時は厨房でフェラとかしてました。

ガチャガチャとレジの音が鳴る中、店長が俺に話し掛けてくるんです。

それに答えながら、下では久美がしゃがみ込んでフェラしてる状況。

しかもパンツに手を突っ込んで、アソコをイジりながらのフェラですよ。

久美は汗臭いちょっと臭うチンコが好きだったみたいです。

バイトした後だから絶対臭ってるのに、お絞りで拭きもしないで舐め始めるし。

「汚いからこれで拭いて」

って言っても

「汚くないよ・・・この方が美味しいよ・・・」

って。

俺はこのまま付き合って結婚だなぐらいに思っていました。

でもいきなり別れを告げられました。

付き合いだして1年ちょっとした頃から、久美がバイトに入れない日が多くなってきたんです。

俺には

「ヤリたい仕事ができそうだから、そっちを今頑張ってる」

って言ってました。

「何の仕事なの?」

って聞いても、

「いつか教える」

としか言ってくれませんでした。

「別に風俗とかキャバクラじゃないから安心して」

っていつも言ってました。

初めの頃はちゃんと夜も帰ってきてたし、そのまま俺の部屋に泊まる事もありました。

それが段々地方に出張とかもするようになったんです。

夜になるとお酒を飲んで酔っ払った状態でも電話をくれました。

だからそこまでは怪しんでいませんでした。

ある日、仕事が終わってから俺の家に来ました。

「今日は家でずっといたい」

というから、出前を取って過ごしました。

夜から早朝までエッチしまくり、起きてからまたして、ご飯食べてまたして。

いつも以上に久美が誘ってきて、さすがに夕方のエッチで俺はダウンしました。

「アタシね、バイト辞めるんだもう店長に昨日電話した」

「マジで?じゃ新しい仕事がうまくいきそうなのか?」

「うんでね・・・・・・別れて下さい・・・・・・」

「えっ??何が????」

「ゴメン、あたしグラビアアイドルとして来週雑誌に載るの」

「はぁ?何言ってんだよ」

「今まで隠してたけど、バイトする前から事務所には入ってたんだ」

「・・・・・・」

「全然テレビとか雑誌とかの仕事もなくて、もう辞めようかなって思ってたの」

「それが最近変わってきたの?」

「うん、前にさぁ、店でアタシに声掛けてきた人いたじゃん?」

「あぁ~あの怪しいオヤジでしょ」

「そうそうあの人ってホントは○○商事の息子なの」

「マジで?じゃ次期社長とかそんなの?」

「そうみたいそれでスポンサーになるって事務所と話がまとまって・・・・・」

「お前もしかしてあのオヤジと寝たのか?」

「・・・・・うん・・・・・」

「なんだよ!それ」

「だって仕方無いじゃん…エッチしたら即雑誌のグラビアだよ?写真集だよ?テレビにも・・・」

「それにしても・・・・・・・・・・・・」

「アタシね・・・・またそんな事しなきゃいけないかもしれないから・・・・だから別れて・・・・」

久美がいうには、このスポンサーが付いてくれたら、かなり有利になるらしい。

初めはバラエティーとかに出て、名前が売れたらドラマにも出れるって。

詳しい事は俺にも分からないが、スポンサーあっての仕事みたい。

力のあるスポンサーがゴリ押しすれば、アイドルの1人や2人なんて容易いのかなぁ。

久美自身も事務所から大まかにしか説明されてないらしい。

途中から久美は泣きながら言ってた。

「でもアタシはほとんどマグロなんだよそれだけは信じて・・・・」

どうして良いのか分からなかったけど、泣いてる久美を抱き締めながら俺も泣いてた。

夜帰ろうとする久美に

「最後にもう一回だけ会おう」

って言った。

お互いの都合を決めて、泊まりで温泉に行こうって。

でもその予定は組めなくて、最後の日もまた俺の部屋に泊まりにきた。

次の日の昼には仕事に行かなきゃっていうから、ずっとエッチして過ごしてた。

お互いにほとんど全裸で過ごしてて、久美は気が付くとフェラしてくれてた。

いつものようにまず洗ってもいないチンコを舐めて口内射精で精子を飲む。

その後前戯でいつも以上にたっぷり攻めて、何度か久美をイカせる。

「ねぇ・・・・アタシの初めてを奪って欲しい・・・・」

「初めてって何?」

「・・・おし・・り・・・」

久美はアナルを奪ってもらいたかったらしく、前日から浣腸で腸内を洗浄してたらしい。

持ってたローションで指から入れ始めて、肛門付近の筋肉をほぐした。

驚いた事にアナルに指を入れると、久美はアソコと同じように喘いでいた。

「お尻気持ちイイの・・・あぁぁぁ・・・・・凄い・・・・」

ローションを使ってもなかなか入らなかった。

1時間の奮闘でようやく亀頭が入り、その後はゆっくりと奥まで入れれた。

「アナルに入ってるよ、アソコにも指入れてみな」

「凄いっ・・・・指で分かる・・・・・イヤァッ!凄いよ・・・・・」

さすがにアナルで激しく動かす事もてきなくて、なんどか出し入れをして終了した。

2人でシャワーを浴びてた時、久美はまた泣いてた。

「ありがとう・・・・これで何されても大丈夫・・・・」

これから先、またお偉いさんと関係を持たなきゃいけない時の為でした。

久美は俺のションベンしてるとこも見てくるし、自分がしてるとこも見せてきてたし。

風呂場では俺のションベンを身体にかけさせたり、少し口にも入れたりもしてた。

大量には飲んでないけど、少し俺のションベンも飲んでたし。

縛ったり目隠しとかもしたし、大概の事は経験済みだった。

ただやってないのはスカトロ系ぐらい。

さすがにアレだけは無理だったから。

久美が帰るまで何度もエッチをした。

それが最後の日。

その後、久美の言うとおり、雑誌に出たりTVにまで出るようになってた。

バイト先でもみんなビックリしてたし、俺も驚いてるフリをしてた。

別れてから半年ぐらいして、俺はもう就職先も決まってたある日、突然久美から電話があった。

俺の就職話やら昔話をしてたけど、何となく察していた。

「何かあったのか?」

「うん・・・・・・」

「また寝なきゃいけなかったのか?」

「うん・・・・・・・・・・」

「そっかぁ。大変だったな。」

「うん・・・・・・・・・」

久美は泣いてた。

本当は、そこまでしてそんな仕事する意味なんかあるのかって言いたかった。

だけどそんな事言ったら久美が辛いの分かってたし。

俺は関係の無いバイト先の話をして、久美を笑わせようと必死になった。

「ありがと・・・・ホントありがと・・・・」

俺が無理してるのが分かってて、泣きながらお礼を言ってた。

「また辛い時は電話してこいよ」

それっきり久美からは連絡もない。

俺はテレビで久美を応援するだけの生活に戻った。

もう今では良い思い出になってる。

誰かに話を聞いて欲しかったけど人に言えるような話じゃないし。

だからこうして匿名で投稿させてもらいました。


PAGE TOP