私の隣で痴漢に合い絶頂を味わった妻【エロ体験談】

妻は35歳で和装が似合う、どちらかと言うとおしとやかな女。

実際、茶道を趣味としていて週末には足しげくお師匠の所に通っている。

夫婦生活は円満だが、夜の方は私がED気味な事もあって年に数回ある程度だ。

妻はその事に不満を漏らしたりはしないが、女盛りの肉体はいざ事に及ぶと乱れっぷりは相当なものだった。

ある日妻と休日に城址で開かれるお茶会に同伴した日の事。

行きはそうでもなかったのに、丁度沿線にある競馬場でレースが開催される日だったのか帰りの電車はその客で超満員だった。

しかも客層が相当悪い、酒が入っているのは当たり前で浮浪者の様な輩もいる。

妻は顔をしかめながら私と離れないようにしていたが、電車の横揺れで少し間が空いてしまった。

しばらくすると妻の様子がどうもおかしい。満員電車で着物を着ている事もあってか顔が苦しそうにしている。

私が目で「大丈夫か?」と問いかけても小さく首を振るばかり。

間を詰めようにも身動きが出来なかった。十分程したら次の駅に到着するのでそのタイミングで一度妻と降りようと考えていた。

妻は段々顔が上気し始め、酸欠状態のように見えた。

妻の背後を見ると明らかに酔っ払った小汚い男が張り付いている。

しかも満員電車とはいえ明らかに距離が近い。

痴漢されている!と気付くと、妻の苦悶の表情が苦しさからくるものでは無く、SEXの時に見せる顔だという事に気付いた。

妻に必死に近づこうと少し位置を変えると、丁度妻の尻が汚い男の手で撫で回されているのが見えた。

苦悶の表情の妻、ニヤニヤと笑う汚い男、撫で回される尻を交互に見ていながら怒りと共にしばらく忘れていた性的な興奮がムクムクと立ち上がってきた。

私は血走った眼をしながら男に対する怒りと共に、ある種の期待を込めた眼差しを送ってしまっていた。

あまり抵抗のしない妻に対し図に乗った男は段々とエスカレートしていき、着物のおくみの部分から手を突っ込み真っ白な太腿を摩り始めた。

私は真っ白な太腿とこの満員電車の不快な光景のギャップに頭がクラクラとした。

妻は着物を着るときは肌襦袢のみで下着は身に付けない。つまり男の手が陰部に到達すると直接触れられてしまう事になる。

妻はそれだけは避けようと身体をよじり小さな抵抗をしていた。

ふと、一瞬妻の動きが止まる。

それからしばらくはうつむいたまま何の動きもみせなくなった。

男の手が陰部に到達してしまったのが明らかだった。

それからの妻は身体を微妙に揺らしながら、時折私に訴える様な視線を送りすぐにまた逸らす。

上気した表情は完全にSEXの時のもので小刻みに肩が震え始めた。

もう限界だと我に返った私は満員電車の中ではあったが妻に次の駅で降りようと大きな声を掛けた。

妻は安堵の表情を浮かべたが、次の瞬間両目をギュッと閉じて身体がガクッと、膝が笑ったかの様な状態になった。

しばらく惚けた表情をしていた妻が眼に涙を浮かべ、こちらを見ている。背後の男は勝ち誇った様な薄ら笑いを妻に向けている。

おそらく絶頂したのだろうと解り私は絶望感で一杯になった。

次の駅で妻の手を強引に掴みこの忌々しい電車を降りた。

妻は静かに泣いていた。

私は妻の肩を軽く抱き、助けられずすまなかったと詫びた。


PAGE TOP