自分の彼女を寝取らせ3PさせてるのをTV電話で見て興奮した話【エッチな体験】

自分は浩二27歳で、付き合って1年になる彼女がいます。

名前は直緒、自分と同い年です。

身長は160ちょっとあって胸やお尻が大きくて

良いスタイルをしていました。

自分は自分の彼女が

他の男性に抱かれるのを想像すると興奮してしまう

寝取られ好きの性癖を持っています。

[adrotate group=”1″]

付き合って少し経って彼女にそのことを伝えると、

不思議がっていましたが嫌悪感は持っている感じではありませんでした。

ある日、直緒の友達のるり子というコと街で偶然会いました。

自分に話したいことがあるから今晩電話してと言われ

訳も分からずその夜に電話を掛けました。

「もしもし」

「あ、浩二、こんばんは」

一体何の話だろうと思っていると

るり子ちゃんは早速本題の話をしてきました。
「直緒から聞いたんだけど、浩二は直緒が他の男とエッチすると興奮するんでしょ?」

いきなり言われて驚きました。

直緒はるり子ちゃんにそのことを話したらしく、

それを聞いてるり子ちゃんは自分に話そうと思っていたことがあったとの事でした。

「私で良ければ協力してあげよっか?」

「え?どういうこと?」

「直緒のこと狙ってる男私1人知ってるから浩二の願望叶えてあげられると思うよ」

るり子ちゃんは、

その男が直緒とヤリたがってるからヤレるかもしれない事を言って

誘えばお金取っても誘いにのって来ると言いました。

自分はお金はどうでも良かったのですが、

るり子ちゃんはそれを目的に協力を持ちかけてきたようでした。

「その人ね、直緒とも何度か飲んでるから面識あるのね」

「そうなんだ?」

「飲み会しようって言えば直緒も何も警戒しないでOKすると思う。3人で飲むのは不自然だから男もう1人呼んで4人で飲むことになると思うけど」

話を聞きながら滅多にないチャンスかと思い、

既に乗り気で話を聞いていました。

「もしかしたら直緒の3P見れちゃうかも」

「マジ・・・?」

妄想で興奮してしまっていました。

直緒とるり子ちゃんは中学時代からの仲の良い友達です。

その友達を利用してお金を取ろうと考えてる時点で良い友達とは言えませんが、

友達をいろんな意味で危険な男とそういう事をさせる訳はないと思って

計画を進めることを決断しました。

「呼ぼうと思ってる人2人とも29歳だよ。私達より2コ上で結構お金持ってる。変な人とかじゃないから安心して」

名前は大輝と祐二と言うとの事でした。

日時や場所どうやって自分がその場面を見るかなどは

後日連絡を取り合って決めることにしました。

何日か後るり子ちゃんから連絡があって、

相手の男と直緒から飲み会OKの返事が来たこと、

場所は直緒の部屋で鍋パーティーをすることになったと連絡がありました。

直緒にはもちろん、相手の男達にも自分達の計画は伏せて、

自分はテレビ電話で様子を見せてもらうことにしました。

計画実行日の2日くらい前に直緒から鍋パーティーの話を聞きました。

「土曜日ね、るり子とるり子の友達と鍋することになったの」

「そうなんだ、何処でするの?」

「私の部屋でするー」

「そっかそっか、楽しんでね」

「うん、ありがと~」直緒は楽しそうな声で話していました。

直緒はお酒は好きですが、決して強くはありませんでした。

酔わせてしまえばもしかすると間違いが起きてくれると思って期待していました。

そしていよいよ計画当日、

20時を過ぎた頃から鍋パーティーが始まりました。

自分はもしかすると直接見れるかもしれない可能性を考えて、

直緒の部屋の近くに車を止めて待機していました。

大事なところで携帯のバッテリーが切れると最悪なので、

テレビ電話は後々することにしていました。

言い過ぎかもしれませんが、

夢にまで見た光景を見れるかもしれないという期待と興奮で

ありえないくらい心臓がバクバクいっていました・・・

21時くらいに直緒からメールがありました。

「浩二仕事終わった?今日もお疲れ様、今度は2人で鍋しようね」

優しい言葉に少し罪悪感を持ちました。

終わったよと返信するとすぐに気をつけて帰ってねと返信が来ました。

22時くらいにるり子ちゃんからメールが来ました。

「直緒いい感じに酔ってきたよ。今ね、大輝と仲良さそうに話してるよー」

「どうなの?いけそう?」

「多分大丈夫じゃない?男はもうヤル気満々だし、直緒くっつかれても拒否してないし。それに私もちゃんと協力するから」

るり子ちゃんは祐二という男と直緒の前で絡んで、

お酒とその場の雰囲気で直緒のことをその気にさせると言っていました。

それから約1時間、真っ暗な車内で今か今かと電話を待っていると、

23時を過ぎた頃遂にテレビ電話の着信が来ました。

自分は食い入るように画面を見ていました。

電話はテーブルの上に置かれて、

直緒と大輝という男の姿がはっきり映っていました。

部屋の中は蛍光灯ではなく、

直緒のお気に入りのオレンジのライトがついていていいムードの明るさ加減でした。

画面もちゃんと見えていて一気にボルテージが上がりました。

まだ何かが始まってる様子ではありませんでしたが、

かなり酔っている感じは伝わってきました。

「直緒ちゃん、チューしよ~」

「だめ~」

「だってもうあの2人してるよ?俺らもしないと」

「しないとって何~」

直緒の顔がチラチラと見えて、

少し赤らんだ顔で楽しそうにしている様子が分かりました。

男は直緒の横にくっついて今にもキスしようとしていました。

「だめだってば、お酒もういいの?」

「お酒はもういいよ、それよりしようよ~」

「ん~、るり子助けてよ~」

映ってはいませんが、

るり子ちゃん達はキスやそれ以上のことを始めていたと思います。

直後にるり子ちゃんと思われる喘ぎ声が聞こえてきて、

画面の2人の視線がそっちにいって直緒は固まって見ていました。

直緒はきっと興奮していたんだと思います・・・

数秒後、男が直緒の顔を自分の方に向けてキスをしようとすると、

直緒は抵抗することはせず男のキスを受け入れました。

ゆっくり軽いキスを繰り返した後男がいやらしい動きで舌を絡めると

直緒も舌を出して答えました。

酔っ払って、その場の雰囲気に流されて直緒は浮気を始めました・・・

でも自分はそんなだらしない彼女の姿に本当に興奮していました。

大輝は直緒の大きめな胸を揉みながら、

どんどん服を脱がせていきました。

ブラジャーを外し、胸が露わになると男は乳首に吸い付きました。

「あ、んん」直緒の控えめな喘ぎ声が漏れました。

自分の大事な彼女のおっぱいが、

酔っ払いのエロ男にいいように吸われて何とも言えない興奮をしていました。

2人が座っていた場所のすぐ奥にあるベットマット(高さ20cm程)に

直緒は押し倒されました。

男はすばやく全裸になって、直緒の胸に再びしゃぶりつきました。

その後すぐ、画面の端に祐二のモノをフェラチオ中のるり子ちゃんが映りました。

るり子ちゃんはまだ下着はついていて、

祐二は全裸でした。

大輝は乳首を吸いながら直緒のショーツの中に手を入れました。

「やっ、ダメ」

すると大輝が嬉しそうに直緒に言いました。

「直緒ちゃん何これ?もうグチョグチョになってんじゃん」

「恥ずかしいよ」

「もう脱ぎたいでしょ?脱がしてあげるからケツ上げてよ」

「ホント恥ずかしいよ、、」

直緒はそんなことを言いながらもゆっくり腰を浮かせました・・・

もっと深い快楽を与えてもらう為、

自分のモノではない肉棒を味わう為、

エロ男に下着を脱がせてもらっていました・・・

画面からるり子ちゃんと祐二が見えなくなりました。

するとその直後に直緒が喘ぎ声混じりに言いました。

「るり子~?ちょっと、何処行くの~?」

「るり子ちゃん、ちょっと電話だってさ、すぐ戻るって」

祐二はそういうと直緒と大輝のいるベットに上がり参加し始めました。

夢にまで見た直緒の3Pが現実になる瞬間でした。

後から聞いた話ですが、

るり子ちゃんは最初から男達に途中で居なくなることを伝え

2人で直緒を犯ってもいいと伝えていたとの事でした。

祐二が直緒の後ろに回り、

脚を抱えて大股開きの状態にすると大輝が露になったマンコに吸い付きました。

「ああっ、、」

「直緒ちゃん興奮するだろ?こんなことしたことあんの?」

「ないよ、、」

大輝の舌が上下に動く度にピクッピクッと身体が反応して、

直緒は羞恥より快楽に満ちた表情に変わっているようでした。

祐二がそれを見ながら言いました。

「お~いい顔になってきたよ、それにしても直緒ちゃんすっげぇいい身体してんな~」

大輝はグチョグチョになったであろう直緒のマンコを指で掻き回し始めました。

直緒は赤らんだ顔を天井に向けて喘ぎ出しました。

「ああんっ、、ああっ、、」

大輝が指を動かすと直緒のマンコはグチャグチャ音を立てました。

大輝と祐二があ~あ~と言いながら喜んでいました。

大輝は自分はしたことないくらい指を激しく動かすと

直緒は身体を仰け反らせました。

「ああっ、、いっちゃうよっ、、」

直緒の高めの声が響きました。

大輝は更に指を激しく動かし直緒を責め立てました。

「だめ~、いっちゃう!」

「いいよ、ほら!我慢すんなっ」

「ああっ、ダメ!イク!イク!」

直緒は身体をビクンビクンさせてイッてしまいました・・・

「すごいね直緒ちゃん、こんな風にイクんだ?」

「もう恥ずかしいよ、、」

いつもの直緒の部屋でまるで別世界のようなことが起きている感じでした。

祐二がそのままの体勢で直緒にキスをしました。

まるでどっかのヤリマン女を扱うかのように

いやらしい舌使いで直緒の舌を吸っていました。

直緒と祐二がキスを続けていると、

大輝がガチガチに勃起させたチンポを直緒のマンコに宛がいました。

「ほら、直緒ちゃん大輝入れようとしてるよ」

「ああ、、ダメだよ、、」

直緒は少し動いて祐二を振りほどこうとしましたが、

祐二は直緒を抱えなおして言いました。

「いいから大輝早くやっちゃえよ」

「ダメ、、着けてからしよ、、」

「直緒ちゃんこの格好でそんなこと言われたって言う事聞ける訳ないでしょー」

大輝はそう言うとためらいなくギンギンのチンポを差込みました・・・

自分の大好きな彼女の・・・

一番大事な所にチンポを挿入しました・・・

「あぁはぁ~、、あぁ~、、」

どれだけ気持ちいいんだよ?と言いたくなるような直緒の声と顔でした。

大輝はゆっくりとストロークを始め、

祐二は両手で胸を揉み乳首を摘んだりしていました。

「直緒ちゃんたまんないんだろ?すんげーいい声」

祐二がいやらしい口調で言いました。

大輝が少しずつピストンを早めると、

それに合わせるように直緒の喘ぎ声が大きくなっていきいました。

「あんっ、、あんっ、、ああんっ、、」

「あ~直緒ちゃん気持ちいいわ~」

「ああっ、、気持ちいいっ、、気持ちいいのっ、、」

直緒の真っ白なおっぱいが大きく揺れて凄くいやらしい光景でした。

祐二が後ろから抱え、前からは大輝が突いて、

直緒は完全に2人のおもちゃでした。

祐二が直緒の顔の横に回り、

口元に勃起したチンポを近づけると直緒は何も言わずパクっと咥えました。

本当に優しくて思いやりのある直緒が、

夢中で2本のチンポを咥えていました。

3Pなんて初めてのはずなのに躊躇いもなく夢中でチンポに溺れていました。

「ジュル、、ああっ、、何これ、やだよ、、すごいのっ、、」

大輝は自分の欲望に任せるように直緒のマンコを突きまくっていました。

「あ~すっげぇ気持ちいい、あ~もうイク!出るぞ!」

「ああん!、、ああん!、、あはぁぁん!」

大輝はマンコからチンポを抜き取り、

直緒の胸や腹に大量の精子をぶちまけました。

その後すぐ当然祐二も直緒を堪能しました。

立て続けに2人の男に犯される直緒の姿に本当に興奮しました。

2人とも射精して、男達はまた酒を飲んでいました。

直緒はベットの上で布団を被って動いていませんでした。

その間るり子ちゃんは自分の車でテレビを見ていたそうです。

終わったら大輝が呼びに来ることになっていたと後から聞きました。

るり子ちゃんが部屋に戻り、

テレビ電話の通話も終了になりました。

自分は興奮冷めやらずという感じで放心状態でした。

1時を過ぎた頃、直緒からメールがありました。

「浩二はもう寝たよね?おやすみなさい、明日も仕事頑張ってね」

「起きてたよ?直緒は何してたのー?」

「もう鍋終わって寝るところだよー」

頭がおかしくなっていたのか直緒の嘘メールも興奮材料になっていました。

「そっか、じゃあおやすみなさい」

「うん、おやすみ、大好き」

いつもと何も変わらない直緒の優しいメールでした。

自分はようやく車を走らせ自宅に向かいました。

しばらく寝付けないでいると、

3時前くらいにるり子ちゃんからメールがありました。

「多分想像出来てると思うけど、直緒は今私の横でやられてるよ。四つん這いでやられて凄く気持ちいいんだって」

「マジ!?テレビ電話つないでよ!」

「もう部屋真っ暗だから見えないよー、直緒ね彼氏と全然違うんだって、いつもより全然気持ちいいんだって」

「じゃあ電話だけでも繋いでよ!」

「近すぎて無理ー、直緒の真っ白なお尻プルプル揺れて凄く気持ち良さそう、今夜はたくさん妄想して楽しんでね、じゃあね、おやすみ」

こんな出来事を経験しました。

その後、るり子ちゃんからはその時の話を聞いて、

直緒にはもちろん何も聞きませんでした。

これからも直緒のこういう姿をたくさん見たいと改めて思ってしまいました。

いつか直接見れる日が凄く待ち遠しいです・・・



PAGE TOP