叔母が痴女で叔父とのセックスを見せつけながら3Pに誘われた【エッチな体験】

中学3年の春、土曜日だった。

叔父(母の弟)のうちに遊びにいった。

遠方であり、叔父の家にはめったに行けない。

叔父は、おれを幼い頃からかわいがってくれた。

それに、美人と評判の、まだ20代の叔母にも会いたかった。

その日は叔父と、昔みたいにキャッチボールやサッカーで遊んだ。

[adrotate group=”1″]

叔父もスポーツが好きだ。

汗を流し、風呂にはいり、ご馳走を食べて、テレビをみて、寝た。

おれの右に叔父が寝て、その右に叔母が寝て、川の字に寝た。

同じ部屋だ。

叔母も同じ部屋で寝るときいたとき、びっくりした。

若い叔母は、隣の部屋で薄いオレンジのネグリジェに着替えて、はいってきた。

叔母のネグリジェにドキドキしたが、おれは疲れててすぐに寝た。

夜中に目が覚めた。右横を見たら叔父がいない。

薄明かりのなか、むこうの叔母の布団に二人いるのが、やっとわかった。

だんだん目が馴れてきた。まさかと思ったが、おれは用心して薄目で見た。
叔母は四つん這いで、顔を枕にうずめていた。

その後ろから、叔父が腹部を叔母の尻におしつけていた。

どっちも全裸だった。

毛布など、なにもかぶってない。

おれがいるのに夫婦エッチか、とびっくりした。

おれは薄目で、若い叔母の裸体や腰のくびれを見た。

叔父がそっと体を離した。

すぐに叔母が仰向けになった。

叔父は、こんどは正面から挿入した。

そのとき、叔父の股間の、大きな男性部分が見えた。

太く固く上を向いて、女の秘所から出た液体で濡れて光ってて、

びくともしないものだった。

叔父は両手をついて上体をささえて、

叔母と顔を見合わせながら、腰をふりつづけた。

叔母の体は、腰から胸のほうにむかって波打っていた。

かすかな声で「う、う」と言っていた。

叔母はまだ20代だった。

体はほっそりして、引き締まっていた。

おれは、自分の下着のなかに手をいれて、勃起したものを握った。

叔父がちらっとこっちを見た。

叔母もいっしょにこっちを見た。

二人は顔を見合わせた。

叔父は、「大丈夫‥」とか小声でいったようだ。

おれは薄目をさらに細くした。

おれの心臓は、どくどくいっていた。

叔母が体を反らせたとき、その体は汗で光ってて、筋肉がもりあがっていた。

叔母の声が「う、う」から「はっ、はっ」に変わった。

必死に声を抑えてるようだった。

こんどは叔母は、両足をまっすぐ伸ばした。

そのつま先に力がはいって、震えていた。

叔父は少し体を離して、避妊具を素早くつけた。

二人は、また股間を密着させた。叔父の腰の振り方が早くなった。

叔母の表情が見えた。

女の悦びであふれて、切なそうな表情だった。

おれの目は、自然に見開いていたらしい。

叔母がまたこっちを見た。

おれと目があった。

おれはあわてた。叔母が顔をそむけた。

叔母が「はぅ‥」といって、叔父の動きも止まった。終わったのだった。

叔父はまだ2、3回腰を振った。それで出し切ったみたいだ。

しばらくじっとしていた。やがて、叔父が叔母から体を離した。

叔母も起き上がり、ティッシュペーパーで男の股間の後始末をしていた。

叔母は叔父に近づいて、小声で何か言った。

叔父は笑ってこっちを見た。

叔父が小声で何か言った。

二人はなにか相談してた。

叔母はびっくりした顔で、目を丸めてこっちをみた。

次に、笑いながらこっちをみた。

叔母はそのまま、裸で仰向けに寝た。

そして、おれに笑顔をむけていた。

叔父がおれを手招きした。そしてびっくりすることを言った。

「服を脱いで、こっちにこい」と。

おれは覚悟をきめ、布団から出て素っ裸になった。

勃起も隠さなかった。

その間も、叔母の目線はじっとおれに向いてた。

おれは叔母の横で、正座した。

まだ20代の叔母の裸体と、淡く黒いしげみが間近にあった。

おれは、叔母に向けて股をひろげた。

叔母は、左手をのばしておれの膝をさすった。

「もっと近くに」といったので、おれはすり寄った。

若い叔母のすべすべした手が、おれの勃起したものを握った。

それは、あふれるような気持ちよさだった。

勃起したものは、女に握ってもらうべきもの、だったのだ。

叔父がおれの左手を引いた。

おれは叔母の足もとにまわりこんだ。

若い叔母の、足のあいだの奥の、ピンクのビラビラが見えた。

叔父は「上にかさなれ。

そしてゆっくり、まっすぐいれろ」と言って、

おれの背中を押した。

おれは叔母の足のあいだの奥に顔を近づけて、においを嗅いだ。

女の股間の汗のにおいだった。おれの勃起が強くなった。

そして上からゆっくり、叔母に重なった。

叔母の澄んだ目は、まっすぐおれの目にむかっていた。

その目は、女が男に体をゆるす瞬間の目、というものだったと思う。

おれは興奮で、肩でいきをしていた。叔母も肩で息をしてた。

おれと叔母は、全身の肌をあわせた。肌は柔らくて、汗で冷やっとしていた。

叔母の全身の筋肉の動きが、密着したおれの体に伝わった。

若い女の頭髪が、俺の顔のすぐ左にあった。シャンプーの香りがした。

おれは、その耳を噛んだ。

叔母は「あ、だめ」と言って、体を動かした。

(ゆっくり、ゆっくり)

おれは自分に言い聞かせた。

そのまま腰を前に進めて挿入しようしたが、うまくいかなかった。

叔母が、左手でみちびいてくれた。

おれの男性は、やっと女の秘所に入った。

そこは、ぬるっとして、あたたかかった。

おれは両手をついて、上体をささえた。

叔父は、離れたおれの布団に寝そべって、

こっちをみながら「もっと奥に入るだろう」と言った。

おれは、腰ごと若い叔母に押付けた。

そのまましばらく、腰を振り続けた。

叔母は腰を浮かせて、おれにあわせて腰をふってくれた。

おれの汗が叔母の胸にしたたった。

叔母は「いいわよぉー、うれしい」と言ってくれた。

叔母はせつなそうな、女の悦びの表情にかわっていた。

いまここで、おれに体を開いてくれているこの女性、

今、おれに対して女になってくれているこの女性を、

男として悦ばせなければならない、

それがこの場の作法だろうと思い、おれは必死だった。

その女は、おれの首に両腕をまわした。

その腕に力をいれてきた。

おれは、ゆっくり胸をあわせた。

おれは頭を真っ白にして、腰をふりつづけた。

おれの下半身に、だんだん、男性の自然がみなぎるのを感じた。

慎重に体を離し、よこの避妊具を手にとった。

叔母が「袋の表に、<男性側>と印刷してある」とおしえてくれた。

おれは<男性側>を勃起にかぶせて、また挿入した。

腰を振った。叔母が目を見開いたその時、

おれの精液が出た。

2波、3波と出た。

おれは惜しむように、何回か腰を振り続けて終えた。

若い叔母が、おれの口を求めてきた。おれは口を重ねた。

そして自分の体を離し、自分でティッシュでふいて、寝た。

翌日、3人で普通に朝食をとり、おれは家に帰った。

あとで、叔父からきいた。

同じ部屋に3人で寝たのも、

寝てる俺のそばで夫婦エッチをはじめたのも、

どっちも叔母が言い出したのだったと。



PAGE TOP