会社の新人の同僚のエロすぎる巨乳に誘惑され不倫【エロ体験まとめ】

先日、私の職場に新しい事務員が配属されたのですが

丁度初日の日に私は出張で出社しておらず

その新人事務員と顔を合わせたのが2日後でした。

私が出社すると見たことのない女性が机を掃除しており『誰かな?』と見ていると

彼女が気づき『おはようございます』と挨拶して来ました。

私も挨拶しましたが事務員が新しく来たことは知らされておらず

ついつい彼女をジロジロと舐めまわすように見てしまいました。

すると彼女は

『2日前からこちらでお世話になっている○○です、よろしくお願いします。』

と挨拶してくれました。

私も自己紹介をして挨拶しましたが

彼女の胸の辺りが隠しようがないくらい盛り上がっていることに

目を奪われ挨拶するときも彼女の胸に向かって挨拶をしてしまいました。

すると彼女は『Gカップです!!』

と突然自分のバストのサイズを教えてくれたのです。

私があっけにとられていると

『ぴえろさんは、彼女いますか?』

とまたも初対面とは思えないような質問をしてきましたが、

そのときはすかさず『結婚していて子供が一人います』と答えました。

すると彼女は『そうなんですか、じゃあ今はすごく幸せなんですね。』

とニコニコ満足そうに笑みを浮かべていました。

少し変わった感じの子だなあと思いましたが

その後特に親しくなることもなく数週間が過ぎたのですが

ある日彼女から携帯に連絡があり会社に自宅の鍵と財布などを忘れたので

家に入れず困っているとの事でした。

会社のセキュリティを解除できるのが私だと聞いて連絡をして来たらしく

気の毒に思いすぐに会社に駆けつけると

会社の前で彼女が悲壮な感じで待っていました。

私は『大丈夫?すぐにセキュリティを解除するから待っててね。』

とやさしく声を掛けると彼女は『すみません、ご迷惑をお掛けして・・・。』

と申し訳なさそうにペコリと頭を下げました。

そして二人で会社の中に入り彼女のロッカーを探すと鍵と財布が見つかりました。

二人でほっとしてよかったと喜んでいたのですが

私は彼女の格好を見てびっくりしました。

会社の前で見たときは暗くて気が付かなかったのですが

彼女はノースリーブのシャツにガーディガンを羽織り

黒のパンツという姿で下半身は全く問題がなかったのですが

シャツが透けてブラジャーの形や色が一目瞭然で

何よりその胸のふくらみが今まで見たことがないくらい前に前に突き出ていたのです。

私は思わず彼女の胸を後から抱きしめるように鷲掴みにしてしまいました。

胸を鷲掴みにされた彼女は驚いて『キャッ!!』と声をあげ

一瞬抵抗したしましたがその後は抵抗する様子もなく私に胸を揉まれていました。

私は『好きだよ!好きだよ!』と耳元で囁きながら

一心不乱に彼女の薄いシャツとブラジャー越しの二つの大きな

本当に大きな膨らみを両手一杯に堪能していました。

どれくらい時間がたったかわかりませんでしたが

彼女は少しずつ感じて来ているようで

『あっあっ』と吐息を漏らし右手は私の股間へ伸びて来ました。

私の股間はすでにギンギンになっており彼女の右手でその肉棒を握られた瞬間、

今まで感じたことがないくらいの快感が全身に走りました。

私は彼女を自分のほうに向け彼女の唇が唾液まみれになるほどのキスをし

カーディガンを脱がせてもう一度彼女の大きな胸を鷲掴みにしました。

彼女も私の股間を握りながら舌を絡ませるように

キスをし徐々に私の股間を上下にしごき出しました。

私はもう我慢できなくなり彼女のシャツを脱がせて

その場で最後までイってしまおうとしましたが

彼女が『ちょっと待って、続きは場所を変えてやりたいわ…』と耳元で囁きました。

その言葉で私は少し冷静になり

『そうだね、場所を変えようか。』と言い身支度を整えて

会社の外に出ることにしました。

私の車に彼女を乗せこれからどこに行くか話をしながら

彼女の身の上話や胸の話をし車を走らせていると家内から電話が入りました。

あまり遅くなるとごまかしようがなくなると思い仕方なく

彼女を自宅まで送りその日はそのまま別れました。

彼女を自宅まで送る間に彼女の事を色々教えてもらい

その中で最初から私のことが気になっていたことや

私が彼女の胸をすれ違い様に覗いたり

遠くからでも注視していることに気づいていたことなどを聞き

今度彼女と二人きりで会えるのが本当に楽しみで興奮してしまいました。

ちなみに彼女のバストは『93センチ Gカップ』で

高校の頃から大きくなり始め学校でも男子生徒から注目されており

たくさんの胸目当ての男子生徒から付き合ってほしいと告白されたそうです。

結局、高校時代に付き合ったのは二人だけだったそうで

(本当かどうかはわかりませんが)

付き合った二人とも胸目立てのオッパイ星人だったそうです。

彼女と別れて自宅に戻ってからもほんの1時間ほど前にあった出来事を思い出し

興奮が冷めずその夜の家内とのセックスは今までで一番激しいものになりました。

家内はよほど気持ちがよかったらしくすごく満足してスヤスヤと眠りにつきましたが

私はそれでも満足できず眠っている家内の胸でパイズリをして

フェラチオしてやっと満足して落ち着き眠りにつきました。

後日、彼女から誘いの電話がありあらためて二人きりで会うことになり

仕事場ではばれないように気をつけ知り合いに会わないような

地下の喫茶店で待ち合わせました。

待ち合わせ時間の15分前に喫茶店に着き彼女を待っていると

始めて彼女を体を堪能した時と同じ服装で彼女がやってきました。

Gカップの事務員さんと待ち合わせをし始めて

彼女の豊満な胸を揉んだ夜と同じ服装で彼女が現れ

これから起こるであろう出来事を想像しながら

私の股間は今にもはちきれそうでした。

私が興奮している事に彼女はすぐに気付き

『ぴえろさん、目がすごくエロいですよ。そんなに私と早くしたいんですか?』

とうれしそうに話しかけてきました。

私は我に返り少し恥ずかしくなってしまいましたが、

目の前にある彼女の魅力的なふくらみを見ながら

『当たり前だよ、君もわかってるだろ、この前あんなお預けをくらってるんだから。』

と素直に自分の気持ちを打ち明けました。

すると彼女は

『それじゃあ、早速行きましょうか。この前みたいに奥さんから連絡が入って邪魔されないように。』

と言いながら店を出ようとしました。

私は急に彼女が立ち上がった為、慌てて後を追う様に店を出ました。

彼女は店を出るとすぐに腕を組んできて

まるで恋人と一緒に歩いているようにうれしそうな顔をしていました。

その間当然ながら私の腕には彼女のエロいふくらみが

まとわりつくように密着していました。

私は股間がギンギンに膨らんでいるのが感じながら

足早に車の所に向かい彼女を車に乗せて

リザーブしておいたホテルへ向かいました。

ホテルへつくと彼女はソファに腰掛け靴とパンストを脱ぎ

くつろいぐような格好で私に

『ぴえろさんは、巨乳好きなんでしょ?この前私の胸を揉んだとき揉み方が慣れた感じだったから、奥さんも巨乳なんですか?』

と質問してきました。

私は『妻は君のような素敵な胸をしていないよ。』と答えると

『奥さんのバストのサイズはいくつですか?』と妻の胸を事を質問して来ました。

私が『85のCくらいかな。』と答えると

すごくうれしそうな顔をして

『それじゃぴえろさんはいつも満足するエッチができてないですね。今日は私がたくさん満足させてあげますネ。』

と本当にエロい目つきで私を見つめてきました。

私は彼女との会話の間、

ずっと股間は膨張し先からは大量のがまん汁が出ているのを感じながら

早く彼女とやりたいと考えていました。

彼女はその後も私の妻の事を根掘り葉掘り聞き

妻とのセックスのことまで質問して来ました。

その間、彼女はどんどん顔がエッチになり

痴女のような顔つきで私を見つめていました。

30分ほど彼女の質問に答えていましたが彼女は突然

『それじゃ、シャワーを浴びてきますね。ぴえろさんは後で入って来てください。』

とバスルームに消えていきました。

彼女がシャワーを浴びるために服を脱ぐと

黒のブラジャーに包まれた二つの大きなふくらみが目に飛び込んできました。

私はその場で彼女を抱きしめそのGカップの巨乳を鷲掴みにしようとしましたが

彼女に

『ぴえろさん、お願いシャワーを浴びさせてすぐに済みますから。』

と制止されしかたなく彼女をバスルームに行かせました。

私は我慢ができなかったので彼女を追いかけるように

バスルームに入っていったのですが

彼女は今まさにブラジャーをはずそうとしている時でその瞬間、

彼女の胸は今まで押さえつけられていたものから

すべて開放されたようにプルンとはじけるように

私の前にそのすばらしい大きさと形を現しました。

彼女の乳首はピンク色に近いうすい茶色をしており

大きさの割にはツンと上を向きうすく所々に血管が浮き出ていました。

しかし、何より私を興奮させたのは

二つのふくらみの間にできた深くきれいな谷間でした。

私は興奮が絶頂に達しているのを感じながら彼女に近づきました。

すると彼女はすごく卑猥な表情で私の胸に

自分のその豊満でいやらしいGカップのふくらみを押し付け

手は私のビンビンになったものを握ってきました。

ホテルに入り一緒にシャワーを浴びながらお互いの体をむさぼりあっていたのですが、

私のビンビンにいきり立った肉棒を彼女が上下にしごき、

そのあまりの快感に私はイキそうになってしまいました。

 「ハァハァ・・・、そんなに激しいとイッてしまうよ。口でヤッてくれる。」

と言うと、

 「ぴえろさんの○ンチンすごくおっきくなってる、もうイッちゃうのじゃあお口とオッパイでヤッてあげる。」

と言い、

私のものを口に含みジュボジュボといやらしい音をたてながら咥え始めました。

彼女のフェラチオは私が今まで経験したことがない程のテクニックで

私は全身がとろけそうになりました。

尚も彼女は私のものを咥え続け私のイチモツは今までにない程の大きさになりました。

彼女は、

 「ぴえろさんの○ンチン、もうビンビンですよ。すっごく硬くなってる私のオッパイでイカせてあげますね。」

と言ってそのいやらしい谷間に私のビンビンになった肉棒をあてがい

両方の乳房で挟みました。

彼女の胸はハリがありパイズリには向いていませんでしたが、

夢にまで見た彼女のオッパイに自分のものが挟まっているのを見て

私はこれまで経験したことがない興奮を覚えました。

 「ウッ、クッ、ハァ、もうイッてもいい?イクよ。ねえイクよ。」

私はもう我慢ができなくなり、いつでもイケる状態でした。

すると彼女は自分のオッパイに挟んでいた私のものを再び咥え、

今まで以上に激しく動かして来ました。

 「ヌプッヌプッ、ジュボッジュボッ、ジュルジュルジュル~!!」

激しい舌使い、ディープスロート、バキューム、

彼女のフェラチオはプロ以上のテクニックと激しさでした。

私はとうとう我慢できず彼女の口の中に大量の液体をぶちまけました。

大量に出た液体は口の中では収まらず

彼女の唇の端から溢れ出てしまいグチョグチョといやらしい音をたてていましたが

彼女は私のものを口から離そうとせず尚も吸い上げ一滴残らず搾り出しました。

 「ンフッ、ネチャッ、コホッコホッ、すごくいっぱい出ましたね。こんなの初めてスゴイ!」

彼女はいやらしい目つきで私を見ながら口の周りを液体まみれにしてそう言いました。

私はあまりの気持ちよさに放心状態でうなずくだけでした。すると彼女は、

 「気持ちよかったですか?今度は私もイカせて下さいね。」

と言って、私のものを握って来ました。

イッてすぐの私は腰が抜けそうになりながら彼女の頭を撫でて、

 「いいよ。今度は私が気持ちよくしてあげるよ。すごく上手だね、こんなに気持ちいいフェラは初めてだよ。」

と言うと、彼女はうれしそうに笑いました。

 「奥さんのフェラとどっちが気持ちいいですか?」

 「う~ん、奥さんは私が一から教えたから上手だと思ってたけど、キミのフェラはそれ以上に上手!!」

 「え~、ぴえろさんの奥さんてぴえろさんにフェラ教えてもらったんですか?」

 「そう、最初から私が教えた。」

 「私は前の彼氏が風俗好きで色んなビデオを見せられて覚えました。それまではフェラってあまりしなかったんですけど・・・。」

彼女はそう言いながら私のものをずっといじっていました。

私は彼女をベッドに連れて行き、

そこで彼女の豊満でいやらしい乳房を十分に堪能しました。

そうしているうちに私のイチモツは元気を取り戻しそれを見た彼女は、

 「アッ、ぴえろさんの元気になりましたね。またビンビンになってる♪ねぇ、ちょうだい・・・。」

と言って仰向けになって足を広げて来ました。

私はイキリ立ったものを彼女の中にゆっくりと沈めていきました。彼女は、

 「んんんっ、ああぁぁ・・・」

と吐息のような声を出して気持ちよさそうにしていました。

私が腰を振り始めると彼女は、

 「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、」

と短い喘ぎ声を上げGカップの胸は激しく上下に揺れまくっていました。

私はそれを見ながら益々興奮しより激しく腰を振りました。

すると彼女は腰をどんどん激しく振りだし私のものをより一層深く咥え込むよう

彼女のアソコは吸い付いて来ました。

そして、彼女は、

 「いくぅ、いくぅ、いくぅ、いくぅ、ああイイッ、イイッ、イイッ、ねぇ、イッていい、イッていい」

とより感じだし、

 「ああああぁぁぁぁ、イク、イク、イク、イック~~!!」

とイッてしまいました。

私は、彼女のイク姿を見てより興奮してしまい、

それから女性上位や後背位など色んな体位で彼女を胸を堪能しました。

彼女とは実はそれ一回きりで終わりました。

家内に彼女と会っていたのがなぜかバレてしまったからです。

長々と見苦しい文章で失礼致しました。



PAGE TOP