突然のメールで始まった不倫【エッチな体験】

もう昔のことなのでカキコします。

当時 N美26歳(×1 娘1)入社半年 俺35歳(既婚・子蟻)入社8年目

日帰りの出張を社員4人で出かけ(♀はN美だけ)夜21時頃解散にした直後、突然N美からメールが・・。
(今まで彼女とは仕事の連絡で数回しかメールした事がなかった)
『私、○○さんの事が好きです(^-^)』
ん??ドキッとして返信に戸惑ってたら 
『やっぱり迷惑ですよね(__)』とメールがきた。

俺は『凄く嬉しいよ、よかったら今から戻るから会う?』と返信。
何回かメールのやりとりしたあと互いの車でスーパーの駐車場で待ち合わせの約束。

N美はおとなしい感じで仕事は黙々ときっちりこなすタイプ。
後ろから見ると制服のスカートから伸びる足がスラリとしていてなかなかスタイルはいい。
何度かひとりHでオカズにしたことはあった。この歳で・・・

俺の車に彼女が乗り込んできて、出張お疲れなどととりとめの無い会話をしながらドライブ。
俺と彼女の家は50Km位離れていて、会社はその真ん中位の位置。
ドライブは彼女の家の地域だったので、夜で地理不案内な俺はちょっとだけ下心を燃やしながら国道から適当に脇道へ。
旧国道の峠道であろう道を走る。
周りは真っ暗で明かりは車のヘッドライトだけ。
少し広くなった所に車を止めて事前に買ってた缶コーヒーを彼女に渡した。
また取り留めのない会話の続き。
仕事は慣れたかとか何故離婚したのかなど。

やがて沈黙が訪れ俺は左手を彼女の首筋辺りに持って行き彼女を軽く引き寄せてみた。
半分拒否れれるかと思ったけど、彼女は急に積極的に両腕を俺の首に巻きつけてきて激しいキスを求めたきた。
互いの舌を絡ませチューチュー舌を吸い合い歯茎を舐めまわす。初めてなのに・・・
俺は彼女が座る助手席シートをゆっくり倒した。
抱き合いながら彼女の着ていたブラウスを巻くりあげて、手探りでブラをずらしてゆっくり胸を揉み乳首を吸う。

「ンンッ クーッ アーン」
彼女の息がだんだん荒くなってきた。
俺はチュパチュパと少し汗ばんだ左右の乳首を交互に吸いながらスカートを捲くり、パンティの横から指を入れ陰毛を掻き分けクリを見つけ、湿った彼女のアソコを軽く刺激した。

そして彼女の手を俺のチンコへ誘導した。
すると片手で器用にベルトを外し(さすが元人妻?!)チャックを下ろして勃起したチンコを上手にに取り出して緩急をつけながら扱いてくれた。

今度は彼女を起こし運転席に座っている俺の方へ抱き寄せ彼女の頭を無言でチンコの方へ誘導しフェラをお願いした。
始めは舌先でチロチロと亀頭の先端部分を確かめるように舐めやがてジュルジュルとチンコをほお張って頭を上下させる。
そして、裏筋。
なんとズボンをもっとずり下げて玉袋までジュルジュルと丁寧に舐め上げてくれた。
暗くて動きがよく見えないけど、その分N美の舌先のチンコへの律動の感覚とハァハァという息がチンコに触れ、何も見えない中で官能の世界へと導かれた。
彼女結構エロイなあ、フェラ好きなんかなあ、と思いながら俺は堪らなくなり
「イッテいい?」と尋ねると
「自分だけ気持ちが良くなるのはズルイよ」と言われた。
このまま車の中でとも思ったけど、彼女の裸を明るい所で見たくなり
「近くにホテルあるの?」と聞く。

カウパーとN美の唾液で湿ったズボンを元に戻し彼女の誘導でラブホへ向かった約15分位。
「この辺り私の家近いんですよね・・・」の発言に(彼女は親と同居)、一瞬入るの止めようかと思ったけどもう収まりがつかない。適当に部屋を選んで手をつなぎ中へ。

ドアを閉めると会話もなくたちまちさっきの抱擁の続き・・・
立ったまま耳たぶ・首筋に舌を這わしながら彼女の衣服を脱がしていった。

パンティの横から手を入れるとアソコはもう大洪水。
そのままベットへ押し倒してパンティを脱がすとアソコから愛液の糸がひいている。
そして両足を大きく開かせてヌラヌラしたN美のアソコを眺め舌でクリを刺激したり俺の指2本をアソコ穴の中に入れて振動させた。
「アンアンアン・・・」
口を大きく開き息がだんだん荒くなってきた。
手はシーツをギュっと握り締め懸命にこらえてる様子。
普段見慣れている制服ではない全裸でベットに横たわるN美。
職場ではおとなしそうに見えるのになんて姿・・・俺はそのギャップに興奮した。

彼女の手が俺の手を掴み
「お願い、入れて」と懇願する。
俺は無視してアソコとオッパイを手と舌で愛撫を続ける・・・ 
それでも彼女は
「お願い、早く」
お願いと何度も声を荒げる。 

俺は「何のお願い?どうしてほしいの?」とお約束の言葉を。

彼女:「入れて」
俺 :「何を?」
彼女:「これ」と俺のチンコを握る。
俺 :「言葉で言わないと判らないよ」
彼女:「・・・・」
俺 :「何をどこにどうしてほしいの?」
彼女:「○○さんの太くて硬いオチンチンをN美のオマンコに入れてください!!!」
ヤタ!この一言は結構好きだったりして。

俺はゴムをチンコに被せて足を持ち上げ正常位で彼女の中に入っていった。
彼女は足を俺の腰に絡ませ腰を大きくグラインドさせる。
推定Cカップ(出産してるからか若干たれ気味)を揺らしてアソコはチンコに突かれクチュクチュいっている。
「イーッ イーッ イクー!」
動きが激しすぎてチンコが抜けると
「アン♪・・・抜けちゃったぁ まだ抜いちゃダメ~早く入れて♪」
なんて素敵なんだ、その言葉。

俺はそっとN美の肩抱える様持ち上げそのまま対面座位に持っていく。
激しくキスしながらN美は激しく腰をふる。
彼女は余程久しぶりだったのか、元来のHなのか・・・(1年位彼氏はいないと聞いていた)
彼女は腰を俺の腰にパンパンと打ち付ける。
アソコから愛液がトロトロ溢れるのがチンコに伝わってきた。
二人の身体の間に独特の女の匂いが心地よく立ちこめてくる。

そそそろ限界が近づいてきてそのままN美を寝かせて正常位に戻り、最後は深い律動を繰り返して彼女の中で果てた・・・
互いにハーハー肩でで息をしながら見詰め合ってまたキスをした。

落ち着いてきてチンコが萎えてきたので
俺 :「これ(ゴム)はずしてくれる?」
彼女:「やったこと無いよ・・・でもしてみようか?」
俺 :「じゃあ自分ではずすよ。その後綺麗にしてくれる?」
彼女:「いいよ とキス・・・」
そして丁寧なお掃除フェラをしてくれた。嬉しかった。

そして二人お風呂に入りあと1回 正常位→女性上位→バック(発射)

もう少し一緒に居たい気分だったけど彼女は同居なので1時間程で退出。

彼女を送ったあと、会社でこんな関係やばいかな・・・と複雑な心境に。
それを察したかのように彼女からのメール。

『私は家に着きました。まだ帰宅中ですよね?
 今日はこんな事になってごめんなさい。
 でも嬉しかったです。私は○○さんの事が益々好きになりました。
 でも、同じ会社だしもう無理ですよね。
 今日の事、後悔してますか?』
みたいな内容。
俺は
『前から二人でゆっくり話したいと思っていたよ。
 でも、最初から刺激的な事になってしまったよね。
 後悔はしていないよ。明日会社で会うの少し照れるかな?』
と打ち返した。 
これからどうなるのかなあと思いながら。

日々は過ぎて、彼女からのメールも○○さん(苗字)から○○ちゃん(下の名前)とか貴方に変化していった。

N美とは月2~3回位会社帰りに待ち合わせてホテルへ行くか人気の少ない展望台の駐車場で逢って話をしたり。
彼女には娘がいるので逢ってもあまり長居もできず。いつも1時間足らず。
でも2~3ヵ月に1度は互いの時間を調整して1日ゆっくり食事をしてデートもした。
でも地方だからあまりお互いの地元ではウロウロ出来ないから苦労する。

N美は「私、○○ちゃんのおもちゃでいいから大切にしてね」と言った事がある。
それからは俺は調子にのって

社内で二人だけの時にフェラ(口内発射) 
ローターやバイブでのプレイや羽目鳥 
百貨店のトイレでノーパンにさせてそのまま買い物
初めてアナルSEXをした(彼女は以前に何回かされた事があると)
etc…..
鬼畜みたいな事もしました。

身体の相性もよく話もよく合った。
浮気やセフレでなく割り切れなくなってしまう自分がいた。
自分の家でもN美だったら子供とどう会話するのかなあ?と考えたり。
リビングにN美が立ったらどんな感じなんだろう。

そして社内で不倫がばれたらどうしようと後ろめたさ。
クビにはならないだろうけど、やりにくくなるだろうな・・・。
上手く隠したつもりでも会話の端々や視線で気付かれるかも。
ひょっとしたら気付かれてたかも知れない。

周りに誰もいなくて彼女がコピーを何枚もしている時
彼女:「まだ時間かかりますよ」
俺 :「そう、終わったらこれFAXしといて番号これ」
彼女:「はーい」
俺 :「昨日は凄かったね。思い出して今も濡れてるんじゃない?」と耳元で囁く。
彼女:「・・・」

付き合いだして10ヶ月位。
彼女の誕生日にリクエストの指輪を送り、その頃から彼女の態度がおかしくなり始めた。

思い当たる節はあった。
その1ヶ月程前、取引先(A社)へ他愛も無い事で呼ばれて(何かの資料を届ける様A社から連絡があり)、そこである男性に口説かれキスされたと言う話は聞いていた。
でもN美は彼はタイプじゃないしキスされたことは油断した私が悪かった、ゴメンなさいと言っていたのでそれっきりだと思っていた。

彼女:「もう○○さんとは二人では会えない。彼が嫉妬するから・・・。誰かは聞かないで。」
俺 :「この前キスされた人?その人とと付き合うの?」
彼女:「言いたくない。言えない。ごめんなさい。」
俺 :「でも相手が独身で将来を語れる人なら応援しなきゃね。」
彼女:「・・・」
俺 :「やっぱりあいつなんだ!」
彼女:「ごめんなさい・・・優しくしてくれるから」
俺 :「へー、そんな理由でね~」
彼女:「・・・」
俺 :「もう彼にN美の身体許したの?」
彼女:「ごめんなさい。許して・・・。」

俺もそいつの事は知っているし仕事で打合せもした事がある。
うちがA社へ注文する立場。ましてやそいつも妻子もち。
あ~あいつと穴兄弟なんか~なんか複雑。
でもばれたら取引停止とまではいかなくても多少影響するかもなあ・・・かなり奴はチャレンジャーやな~。
噂にしてやろうかな~ 彼女取られたのは腹立つし!
そうなったらN美はどうするかな。会社辞めちゃうかな。
でも俺の立場で人のことは言えないしな。

結局社内では普段どおりN美と接して黙っていた。
ただ俺のあげた指輪でなく違う指輪をしているのを見た時は悲しくなった。

結果的には奴とは4ヶ月程で終わり、俺の所に戻ってきた。
結局彼女が遊ばれたか取引関係でまずいと思ったのか。
真相は不明。

彼女曰く「やっぱり○○さんが一番だと気づいた」との事。
勝手なもんだよ、女って・・・。
俺も戻っておいでと何度も口説きのメールや今日も素敵だね久々に逢わない?とか社内で耳元で囁いたり・・・。
冷静に考えると俺も妻子がおるのに何やってるやろ・・・ アホやなあと思う。

しかし不倫だけど学生(独身)時代に戻った気分でN美との恋愛を純粋に楽しんでたのかも知れない。

N美とはその後2年位付き合いました。
今思えば公私共にいい時間を過ごせたと思ってます。
時間をやりくりして1度だけ泊まりで某有名テーマパークへ遊びに行きました。
彼女は現在家庭の事情で退職して殆ど音信不通。
噂では新しい彼ができたみたいです。


PAGE TOP