人妻の私が妹の彼氏にハメられ知らない少年に犯されたエロ体験【エッチな体験談】

「少し、やつれたかしら……」

優良は、鏡に映る自分の顔をのぞきこんだ。

夏の昼下がり、寝室の鏡台には、浴衣姿の優良が映っている。

紺の浴衣をぱりっと着込み、

長い髪はうしろにまとめあげられている。

おろしたての浴衣の襟元からは、

成熟した女の色気が立ち上ってくるようだ。

今晩は、近所で花火大会があり、

夫婦おそろいで浴衣を着て、

見物にでかけようということになったのだ。

すでに、遠くのほうから、

心が浮き立つような祭りの太鼓の音が風にのって聞こえてくる。

だが、一週間前の出来事を思い出すと、

優良の表情に、暗いかげがよぎる。

一週間前、優良は、真もいる自宅で、

妹の恋人に無理矢理犯されてしまったのだ。

さいわい、数日後には生理があり、優良は、少しほっとした。
(わたし、あのとき、どうしちゃったんだろう……)

優良は、額に手を当てて、考え込んだ。

山田に犯されて、優良は、不快感と嫌悪を感じた一方で、

それまで経験したことのない、激しい快感を味わったのだ。

もしかして、あれが、「イク」ということなのだろうか。

(真さんとは、全然ちがう……)

はっとして、優良は、あらぬ方向にそれてしまった考えをふりはらった。

(わたし、このごろ、こんなことばかり考えてる……)

「優良さーん、はいっていいー?」

廊下から、真が声をかける。

優良は、あわてて、声をとりつくろう。

「は、はーい。どうぞ」

真は、あの事件にも全く気づかなかった様子で、

ここのところの優良の暗い様子も、

女の「月のモノ」ということで、片付けてしまっていた。

優良の浴衣姿を見て、真は、さっそくでれでれしはじめる。

「優良さん!いい、ぐっどだよ!」

真にほめられて、優良の表情は、ぱっとあかるくなった。

「もう、真さんたら!」

くすくす笑いながら、優良は、真のうでに自分のうでをからめた。

「さ、いきましょう、はやくしないとおくれちゃうわ」

(わたしには、真さんしかいないんだから……)

「うわー、さすがに、ものすごい人出だなあ」

花火大会会場の最寄駅に降り立つと、

ふたりは、いきなり人の波に巻き込まれた。

しばらく立ち往生していた真たちに、手をふって合図を送る者がいる。

「おねえちゃーん、おにいさーん!こっち、こっち!」

「梨香!」

人ごみをかきわけて、梨香が、こちらに向かってくる。

そして、その少し後ろからついてくる山田の姿を見て、

優良は、立ちすくんでしまった。

梨香に手を振り返す真の袖を引っ張って、優良は、その耳元にささやく。

「ま、真さん!どうして、梨香たちが来てるの?!」

「あれ?おれ、言ってなかったっけ?」

優良のあまりに真剣な表情に、真は少したじろぐ。

「なに、こそこそ話してんのよ。

相変わらずアツアツなんだから!」

タンクトップに、短パンすがたの梨香が、ふたりに寄ってくる。

山田は、その後ろで、さすがにばつが悪そうに、

優良のほうをちらちらと眺めている。

優良は、その視線を避けるように、真のかげに隠れた。

「あ、おにいさんたち、ふたりとも浴衣なんだ、似合ってるじゃん」

山田が、優良の浴衣姿を、じろじろと眺めるので、

優良は、消え入りたいような気持ちだった。

「おねえさんの浴衣、色っぽいなあ、へへへ」

「こら、山田!欲情してんじゃねえよ!」

梨香が、山田の腕をつねる。

「いてて。

お前も、浴衣着てくりゃ良かったじゃないか!」

「あはは。

ふたりとも、相変わらずだなあ」

山田に、浴衣のことを言われて、

優良は、真っ赤になってうつむいてしまった。

(やだ、わたし、どうして赤くなってるんだろう……)

四人は、人の流れに押されるように、歩き出した。

優良は、山田からできるだけ距離をとるように歩き、

助けを求めるように、真の腕にすがりついて、体をきつく押し付ける。

(今日の優良さん、なんだか大胆だなー)

優良の心中も知らず、真が、にやける。

「ほんと、ものすごいひとだなー」

山田が、うんざりしたようにつぶやく。

「痴漢すんじゃねーぞ、山田」

「す、するかよ、ばか」

口げんかを続けながらも、

山田と梨香は、仲良く腕を組んで歩いている。

その様子を見て、なぜか優良は、胸に痛みをおぼえた。

進むに連れて、人の数は増すばかりで、会場に着くと、

身動きがとれないほどになった。

「やまだー、お前はうしろな」

「へいへい」

四人並んで見ることはとてもできず、梨香が命令する。

山田は、うわべは不満そうによそおいながらも、

まんまと優良のまうしろに回り込んだ。

優良が、何か言いたそうに、

真のほうを見上げていたが、結局なにもいわずにうつむいてしまった。

目の前にさらけだされた優良のうなじを、山田はくいいるように見つめる。

そのつきささるような視線に、優良は、気が気でないようだ。

美しい耳が、付け根まで真っ赤に染まっている。

「そろそろはじまるみたいだよ」

真が、言い終わらないうちに、この日、初めての打ち上げ音がひびく。

山田は、いきなり手を伸ばして、優良のおしりをひとなでした。

「きゃ!」

優良が、小さな悲鳴を上げたが、

花火の音と周囲の歓声ににかき消されてしまった。

山田は、伸ばした手を、

そのまま腰の上において、次の反応を待ち受ける。

優良も、まさか夫のいるそばで手をだしてはこないと思っていたのだろう、

山田の大胆さにショックを受けて、言葉がでないようだ。

山田は、それをいいことに、優良のしりをなでまわしはじめた。

優良は、体を硬くして、だまっているだけだ。

山田は、うしろから押されているふりをして、さらに体を密着させる。

出掛けにシャワーを浴びた若妻の体から立ち上る石鹸と

汗のまじりあった匂いを、

鼻腔いっぱいにすいこむ。

(おねえさんの匂い、たまんねー)

「きれいだねー、優良さん」

真が、笑顔で優良に話しかけた。

「う、うん……」

優良は、なんとか返事をしたが、もはや花火どころではなかった。

声を上げれば、今までのことが全てばれてしまうかもしれない。

優良のためらう横顔を、山田はにやにやしながら眺める。

「たーまやー!かーぎやー!」

横に立っている梨香が叫ぶ。

缶ビールを飲みながら、花火を見ることに夢中だ。

花火が、次々と打ち上げられ、爆音が、間断なくとどろく。

優良の細くくびれた腰、豊かなおしり、引き締まったふとももを、

山田の手が、我が物顔にはい回る。

つい先日、力づくで屈服させた人妻の体を、

人ごみの中、それも夫のいる横でもてあそんでいることが、

山田を激しく興奮させた。

「どうしたの、優良さん?気分でも悪いの?」

先ほどから、ずっとうつむいている優良を見て、

真が心配して声をかける。

山田は、手をぴたりと止めた。

言うべきか否か、優良の心が引き裂かれる。

「う、ううん。なんでもないの」

「そう?それならいいけど」

優良は、顔を真っ赤に紅潮させているのだが、

花火の光を浴びて七色に変化し、真はその顔色に気づかない。

そのとき、ひときわ大きい花火が打ち上げられ、歓声が一気に高まる。

「うわー、すげー!」

真の注意は、ふたたび花火に引き戻されてしまった。

優良は、もはやされるがままだった。

真が声をかけたときは、さすがに、ひやりとしたが、

優良の返事を聞いて、山田は、あつかましくもOKのサインと受け取り、

片手をそろそろと優良の体の前にまわしはじめた。

「!!!」

優良の肩が、小さく震えた。

今、山田の手が、優良の恥丘の上におかれ、

身をひそめるようにじっとしている。

優良は、狭い場所で、なんとか体をずらそうとするが、

山田のもう片方の手が、所有権を主張するように、優良の腰をがっしりつかむ。

優良はうしろを振り向いて何か言おうとするが、

興奮でぎらぎらした目にぶつかるばかりだ。

山田の手の甲は、浴衣の袖や、うちわで、かろうじて隠されている。

さすがにあからさまな動きはできず、

目に付かないほどに、少しずつ動くだけなのだが、

それだけに微妙な刺激が、優良の下半身に伝わってくる。

優良は、おしっこを我慢しているように、もじもじと体を動かす。

(へへ。おねえさん、感じちゃってるよ)

山田が、暗闇の中でほくそえむ。

山田は、さらに調子にのって、

先ほどからパンツの中で痛いほどこわばっている下半身を、

身動きのとれない優良の腰に、ぐいとおしつけた。

むちむちしたおしりの感触が、パンツの布を通して伝わってくる。

優良は、もはや蛇にいすくめられた蛙のように、おとなしくなってしまった。

花火の打ち上げは、40分ほどで終わった。

今度は駅をめざす人の波が、押し寄せてくる。

「いやー、すごくきれいだったね、優良さん。あれ、優良さん?」

気が付くと、となりには、ビールを何本も開けて赤い顔をした梨香しかいない。

「優良さん、どこ行っちゃったんだろ?山田くんもいないし…」

真は、あたりを見回し、優良の名をさけんでみたが、

ごったがえす人の中では見つかりそうもない。

突っ立っている真の肩に、

家に帰ろうと急ぐ人々が何度もぶつかり、真をののしる。

「大丈夫だって、おねえちゃんも山田もこどもじゃないんだから……」

梨香は、真のうでに抱きついてくる。

「わわ、梨香ちゃん、酔ってるね?」

「酔ってなんかいないって!ほら、お兄さん、飲みにいこう!」

梨香があらぬ方向へ行こうとするのを、真があわてて制止する。

(ここじゃ見つかりそうもないし、駅へ行って待つほうがいいか……)

酔っ払った梨香を連れて、このひとごみの中、

優良たちを探し回ることはできないだろう。

携帯を持ってこなかったのが悔やまれる。

仕方なく、真は、梨香を引きずるようにして、駅のほうへ向かって歩き始めた。

梨香のゆたかな胸が、うでにぐいぐいと押し付けられ、真は、鼻の下をのばす。

(このまま、ホテルで休憩しようってことになったりして……。

ハハハ)

(2)

真が、いつもの妄想をはじめたころ、優良と山田は、

人気のない神社の裏に入り込んでいた。

花火の終了直後の混乱に乗じて、

山田は、優良のうでをとると人ごみをかきわけて、強引に引っ張ってきたのだ。

半時間以上も、立ったままで体を好き勝手にいじりまわされ、

優良は、ぼうっとなってしまったのか、ほとんど抵抗もせず、

ここまでついてきてしまった。

(わたし、どうしてこんなところに……)

真っ暗な境内の様子に恐ろしくなり、優良は、山田のうでをふりほどいた。

「山田くん!どういうつもり……、キャ!」

山田が、いきなり優良の腰を抱き寄せ、

抗議しようとした優良のくちを、自分のくちでふさいだ。

「ムグ!ムグ!」

必死で首をねじってよけようとする優良の小さなあごを、

山田の手が、乱暴にわしづかみする。

山田の舌が、優良の唇の間に割って入り、

あふれてくる優良の唾液を、ちゅうちゅう音を立てて吸いあげる。

舌先が、上あごや、ほおの柔らかいうちがわをくまなく愛撫する。

夫のおとなしいキスとは全くちがう、荒々しいくちづけに、

優良は、気が遠くなりそうだった。

しばらく、ほしいままにくちづけをしたあと、

ようやく山田が手の力をすこしゆるめ、優良は、

山田の胸を思い切り突き飛ばした。

ふたりのくちびるの間で、だえきが糸を引く。

やっと一呼吸ついた優良は、山田をきっとにらみつけ、

奪われたばかりの唇を、浴衣の袖に口紅がつくのもかまわず、

ごしごしとこすった。

その様子を、にたにた笑いながら見る山田のくちは、

ふたりの唾液で、てらてらと光っている。

「いい加減にして!これ以上やると……」

「し!声がおおきいですよ、おねえさん」

「え……」

山田が、口に人差し指を当てて、優良に合図をする。

暗さになれた目で境内を見回すと、藪の中や、木のかげに、

何組もの人影がひそんでいる。

「このひとたち……」

「花火を見て、Hな気分になっちゃったヒトたちですよ、おれたちみたいにね」

「そ、そんな気分になってなんかいません!」

「だめですよ、大きい声だしちゃ」

優良は、気勢をそがれて、だまってしまった。

その肩に、山田は、うしろから手を回して、耳元に小声でささやく。

熱い吐息が首筋にかかり、優良はぞっとするのだが、

弱弱しく押しかえすのがせいいっぱいだった。

「ほら、あそこを見てください」

「キャ……」

優良は、思わず悲鳴を上げようとして、あわてて自分の口をふさいだ。

それまで気づかなかったのだが、優良たちの足元の茂みの中で、

一組の男女がからみあっていたのだ。

「うはは、コイツら、すげー」

「や、山田くん」

遠慮なく山田がのぞきこむのを、たしなめようとした優良の目も、

茂みの男女に釘付けになってしまった。

浴衣が乱れるのもかまわず、女は、男の首にしがみつき、

あらわになった白いふとももを、男の日焼けした手がなでまわす。

「あ……」

優良が、あっけにとられているのをいいことに、

山田は、浴衣の襟元に、片手をぐいと差し入れた。

優良は、魅せられたように、見ず知らずの男女の青姦を見下ろし、

山田の手が胸元で暴れるのも、するがままにさせている。

「それにしても、最近のガキどもは、本当に進んでますね」

山田が、優良の乳房を片手でもてあそびながら、あきれたようにつぶやく。

「え……?」

優良の驚いたことに、よく見ると、下に組み敷かれているのは、

まだ幼さを顔に残した少女だった。

そして、その上にのしかかっているのも、

少女とほぼ同じ年頃の、あどけない横顔の少年だったのだ。

(このコたち、高校生?もしかしたら、○学生かも……!)

まだ年端もいかない子ども同士が、優良たちの目もはばからず、

けもののような声を上げて絡み合っている。

優良たちが見ているのを、向こうも気づいたようだが、

はずかしがるかと思いきや、少年は、かえって見せ付けるように、

腰を激しく動かし、少女は、あられもない声をあげる。

山田のつばをのみこむ音が聞こえる。

「やべ、見てたらたまんなくなってきた」

山田が、優良の浴衣のすそに、いきなり手をつっこんでくる。

「いや……!」

優良が、とっさに腰を引いたが、

かたわらにあった木の幹に体ごと押し付けられ、逃げ場所を失ってしまう。

「やめて、山田くん……」

山田の指が、優良の割れ目を、パンティの上からまさぐる。

花火のあいだ中、責め立てられたあと、

今は目の前で、異様な光景を見せ付けられ、優良の秘所は、

意志と関係なしに、しとどに濡れてしまっていた。

それが、下着の上からも分かるほどで、

優良は、はずかしさで消え入りたい気持ちだった。

「うはは、おねえさんの、ぐしょぐしょ」

「バ、バカ……!」

山田の手が、パンティのゴムをずり下げ、

初めてではない優良の秘所に侵入する。

「おねえさんも、あいつらの見て、たまんなくなったんでしょ」

「なってなんかいません!」

優良は、弱弱しく首をふるのだが、ふともものの付け根の湿り気が、

山田とぐるになって、優良の否定をあざける。

「だめだ、おれ、もうがまんできねえや」

山田が、ふるえる指で、パンツのボタンを外しはじめる。

優良は、足元の少年たちから、目を離すことができない。

「キャ!」

山田が、優良の浴衣のすそをまくりあげた。

「や、山田くん……」

「おねえさん、おれたちもしましょうよ……」

山田が、そのまま地面に倒れこもうとするのを、優良は、なんとか押しとどめた。

「……。

浴衣が……、汚れちゃう……」

優良が言外に意味することを、山田は、すぐに理解し、歯を見せて笑った。

「じゃ、ここに手をついてください」

優良は、もはや何も言わず、うしろを振り向いて、

木の幹に両手をつき、腰をうしろにつきだす格好になった。

山田が、優良の浴衣のすそを、帯までまくりあげ、

夜目にも白いおしりがむき出しになる。

山田が、あざけるように、平手で優良のしりをたたいた。

屈辱的な行為にも、優良は、何もいわずに甘んじ、

首を横にねじ曲げて、子どもたちの痴態を、むさぼるように見つめている。

「ガハハ!おれたちも、負けずにいきますよ!」

「あ、あああん!」

山田は、ちゅうちょせず、根元までつきいれた。

すでに待ち受けんばかりだった優良の体が、大きくふるえる。

「ああ、やっぱり、おねえさんの最高!」

「いやあん……!」

山田は、以前にもまして、乱暴に腰をたたきつけてくる。

さんざん自分をなぶりものにした男の剛直を、

もはや優良は、拒もうとせず、木の幹にしがみつきながら、押し寄せてくる快楽に身をゆだねた。

「おねえさんて、立ったままやるのが好きだったりして、あはは」

「変なこと言わないで!」

はずかしさにふるえながらも、前回の快楽を再現しようするかのように、

優良の腰がひとりでに動き出し、甘いため息が、もれてしまう。

「おねえさんのはずかしい声、あいつらにも聞こえてますよ。あはは」

優良が、いやいやと首をふったが、自分のあえぎ声を、

見知らぬ子どもたちに、聞かれているのだという意識が、

優良をさらにたかぶらせる。

「ああん!ああん!」

優良は、もはや声を抑えることをあきらめた。

神社の暗闇と、周りから聞こえてくる男女の秘め事の声が、

優良の羞恥心を、最後の一枚まで剥ぎ取ってしまったかのようだ。

少年と少女の声と、学生と人妻の声が、一体となって高まってゆく。

「うう、い、いっちゃう!」

最初に、声をあげたのは、少女だった。

続いて少年が、猿のようなさけび声をあげて達した。

優良は、子どもたちの声を聞いて、腰がかっと熱くなったかと思うと、

あられもない声を発して、イッてしまった。

続いて、山田も、声をあげながら優良の膣の中で果てる。

(わたし、また、いっちゃった……)

異常な状況の中で、またしても絶頂に達したことを、

優良はもはや否定できなかった。

しばらくのあいだ、優良は、快楽の余韻にふるえる体を木の根元に横たえていた。

ほんの数分の間でしかなかったが、ふと横を見ると、山田の姿がない。

向こうをほうを見て、少年たちと話している山田を発見し、

優良は、あぜんとしてしまった。

(やだ、信じられない!)

山田が、へらへらしながら、戻ってくる。

「おねえさん、話がついたんで、あいつの相手してやってください」

「??な、なにを言ってるの?」

「じゃ、そういうことで」

山田は、優良の混乱にもおかまいなしに、

パンツもはかないまま向こうに戻り、入れ違いに少年がやってくる。

上から見下ろす少年の顔の幼さに、優良は、あらためて驚いた。

股間のものも、まだピンク色で、半分皮をかぶっている。

毛も生えそろっていないようだが、

その勃起の様子だけはすでに一人前で、

先ほどの奮闘にもかかわらず猛々しく天をむいていて、

優良が、直視できないほどだった。

「話ってなんのこと?!」

全く事情がのみこめず、おろおろする優良に、

少年が、いきなりのしかかってきた。

「ちょ、ちょっと……!」

驚いたことに、少年は、

優良の口に少女の脱いだパンティをすばやい手つきでつめこみ、

両腕を地面に押さえつけてしまった。

あまりの手際のよさに、優良はきつねにつままれたようになっているうちに、

少年は、浴衣をへその上までまくりあげ、

優良の裸の下半身が、少年の目にさらけだされた。

「ムゴ!ムゴ!」

助けを求めようと向こうを見ると、あきれたことに山田は、

少女の小柄な体にのしかかっている。

やっと危険を察して、あとずさりして逃げようとする優良の腰を、

少年は押さえつけると、両足をかかえこむようにして、

一気におさないペニスをつきいれた。

少年は、とてもこどもとは思えない腰つきで、優良を犯す。

優良の膣の中を、まだ成長前の小さな陰茎が暴れまわる。

「ムム、ムゴ!」

布でふさがれ、よだれのたれる口から、くぐもった声がもれる。

声には、おさえようのない甘さがときおり混じる。

男の手によってすでに花開いた優良の体は、

名前も知らない少年に犯されても、いつのまにか腰を動かしてしまう。

(ああ、わたし、こんなオトコのコに犯されてるのに……、感じてるの?!)

「うへへ。

こんなところで、○学生とHできるなんて、きょうはホントについてるよ」

となりを見ると、山田は、よこざまに寝かせた少女の片足をかかえこみ、

うしろから乱暴な腰つきで犯してながら、優良たちを眺めている。

優良の視線に気づくと、少女の足をさらに高く上げさせ、

結合部を見せびらかすように開かせた。

「ああん、ああん、いいよう!」

少女の眉間にしわを寄せた表情からは、苦しんでいるようにも見えるのだが、

ときおりもらすあえぎ声で、少女が、しっかり感じていることが分かる。

少年が、鼻にかかったような、甘えた声を上げる。

「おねえちゃんの、せまくて、きつくて、いいよう」

「ムグ!ムゴ!」

少年の、まだ声変わりもしていないような声に、

犯されている優良のほうが、かえって罪悪感を感じてしまう。

「おねえさん、あんなガキにやられて感じてるよ……」

自分が言い出したにもかかわらず、山田の言葉には、

少なからぬ嫉妬が混じっていた。

自分よりも小さなこどもに、上からのしかかられ、

犯されている優良の姿は、山田をさらにたかぶらせたようだ。

少女を犯す腰のうごきが、さらに早まる。

山田の視線が、優良の快感を高める。

二組の男女のあえぎ声が、今度は組み合わせを変えて、あたりにひびく。

「やべ、出ちゃいそう……」

最初に情けない声をあげたのは、山田だった。

とっさに、体を入れ替えて、少女に上からのしかかり、猛然と腰を動かす。

「ああ、すげえ!」

「んん、いい、いっちゃう!」

とっさに少女が、山田の首にしがみつき、口をふさぐように、くちづけをする。

「んんん!」

山田と少女は、くちづけをしたまま、同時に絶頂に達し、

そのまま抱き合って動かなくなった。

少年も、さらに腰の動きを早め、切ない声をあげる。

「いっちゃう、ぼ、ぼくも、いっちゃうよ!」

優良は、くぐもった声をあげて、首をふるよりほかなかった。

少年は、いきそうになる直前、あわてて、優良の膣から、陰茎を引き抜いた。

「あああん!ああん!」

少年が、悲鳴に近い叫びを上げて、優良の下半身にむかって白濁液をぶちまける。

少年の熱い精液を肌で感じて、優良もまた、絶頂を迎えた。

優良は、下半身を隠そうともせず、ぐったりと横たわる。

快感にふるえる優良の上で、

少年は、最後の一滴までしぼりだそうとするかのように、

小さなペニスの根元を握ってしごきたてる。

大人顔負けの、おびただしい量のスペルマが一面に降り注がれ、

優良のはだかの腹や、ふとももを汚していった。





PAGE TOP