犬として扱われる事に興奮する俺【エロ体験】

俺は極度のMだった。

AVで見たプレイをどうしてもしたかった。

簡単に言うと、犬として扱われる事。

正直俺はセクロス自体あまり好きじゃない。

で、彼女が出来て普通のエッチをしてたんだけど、俺の中で欲望が抑えきれなくなった。

彼女の前で四つん這いでお尻をフリフリして笑われるのを想像してシコってた。

そしてある日、俺は行動に移した。

彼女と遊ぶ約束した日、会う前にドンキに行って首輪とリードと骨のおもちゃを購入。

彼女とラブホに行くまで隠してた。

で、部屋に入って彼女とテレビ見てる時に俺は切り出した。

下手に説明するより物を見せたほうが早いと思い、

「これ買ってきたww」

と冗談っぽく首輪とリードとおもちゃを見せた。

彼女の反応はもちろん、

「え?なに?」

みたいな感じ。

俺は自分がドMである事を告白し、犬として扱われる事に興奮する事を彼女に伝えた。

そしたら、意外と彼女は興味津々で笑いながら聞いてた。

犬として扱ってとお願いし、俺は裸になって彼女に首輪を渡した。

俺は彼女の前でM字開脚でお座りポーズを取った。

普段の俺を知ってる彼女は大笑い。

この地点で俺は彼氏としての威厳を失い、この後も永遠犬弄りされる。

AVを見まくってた俺は、首輪をつけてもらった瞬間、俺は経験した事ない興奮を経験し、犬らしくワンワン鳴きながらケツを振った。

それ見た彼女はまた爆笑。

AVとかだと爆笑なくいじめられるけど、マジで爆笑してた。

後で知ったんだけど、彼女は楽しかったみたい。

んで、リードをつけてもらってラブホの部屋を散歩。

グイって引っぱられる事で、俺はもうシコリたくて堪らんかった。

んで、散歩してたら彼女がいきなりお風呂場へ連れていった。

俺は抵抗せずについて行ってお座りをさせられ、頭からシャワーを浴びせられたと思ったら彼女が体を洗ってくれた。

多分俺のイチモツを見ての彼女の優しさだろう、洗いながら俺の股間を刺激。

俺は犬のように彼女の手に腰を振った。

その日はそこでイってしまい、俺は賢者モードになった。

彼女も鬼畜じゃないから、俺が普通に喋った瞬間に

「もう満足した?」

って聞いてきたから、

「うん」

って言って、そこからラブホでゲームして寝た。

セクロスはしてないし、彼女の体に一切触れてない。

それがダメだったんだろうと今は思う。

その日から俺は、日中のデートこそ普通の彼氏彼女だが、夜は必ず首輪をつけて犬になるようになった。

普段の中でもちょっとした事で犬弄りをされ、俺の恥ずかしそうな顔を見て笑うようになった。

デートしててもいきなり

「ここでお座りさせてあげようか?」

って弄りがあって、俺は性欲が沸いてない時とかに言われるとちょっとイラっとしたりした。

それでも上手く交際は続いてて、夜のペット関係も激しくなっていった。

俺は骨のおもちゃを見せられると、ケツを振るようにしてた。

彼女に言われてというよりも、自分から犬らしい様を彼女に見せてた。

ケツを振ってると、彼女が部屋の隅の方に骨を投げて俺は拾ってくるっていう事を楽しんでた。

結構最初は面白がって何回もやるもんだから、俺は疲れて本当に犬みたいにハァハァ言ってて、それでも彼女は意地悪に投げて俺も逆らわずに拾ってた。

でもこれって、俺は興奮してるんだけど彼女の方は面白さがドンドン無くなって飽きてくる。

最後の方は彼女がしょーもなく付き合ってくれてたって感じで、テレビ見ながらとかだったけど、俺はその方が嬉しかったりした。

で、また日が経ってからなんだけど、俺はお仕置きを彼女にお願いした。

単に可愛がってくれるのでも嬉しいんだけど、より惨めになりたくなってた。

骨を取ってくるのに時間を設け、時間内に取れなかったら顔をビンタしてくれってお願いした。

でも彼女に暴力は嫌だって言われた。

「じゃお尻を叩いてくれ」

とお願いして、OKをもらった。

それからはケツを叩かれたいがために取って来いをしてた。

もうヤバかった。

叩かれると嬉しくて我慢汁が溢れてた。

でも、簡単にいかせないように彼女には言ってて、シコるのは本当に2時間くらい遊んでもらった後で、もちろん犬だから手は使わず彼女の手とか足に擦りつけてイってた。

晩御飯とか食べてない時はコンビニで紙皿を買い、彼女が弁当から紙皿によそって俺は地べたに這いつくばって彼女の足元で口だけで食べた。

で、飲み物は決まって絶対牛乳で、ラブホの灰皿に牛乳を入れてもらって俺は舌で(^ω^)ペロペロ

本当に惨めさが何とも最高だった。

でも、向こうに好きな人が出来て振られた。

まぁセクロスしてなかったし犬だし、嫌だったんだと思うわw

色々奉仕してやればよかったなぁと思う。

彼女一切脱がしてないもんなぁ。

犬目線から見る彼女のミニスカの太ももが本当に好きだったな。

散歩も、最後の方は前を歩かされて膝つかずに駆け足状態だった。

思い切って告白すると意外と了承してくれるもんだ。


PAGE TOP